スナップショットについて

仮想マシンのスナップショットとは、実行中の仮想マシンのある時点での状態を記録したものです。仮想マシンのスナップショットを作成すると、そのストレージ情報(ハードドライブ上のデータ)やメタデータ(設定情報)も保存されます。スナップショットを作成するときは、自己矛盾のないディスクイメージが保存されるように、必要に応じて一時的にデータ入出力が停止します。

仮想マシンのエクスポートとは異なり、スナップショット作成時に仮想マシンをシャットダウンさせておく必要はありません。スナップショットは通常の仮想マシンテンプレートに類似していますが、仮想マシンのネットワーク情報を含め、すべてのストレージおよび設定情報が含まれる点が異なります。スナップショット機能を利用して、バックアップとしてエクスポート可能なテンプレートを簡単に作成して元の状態を復元したり、新しい仮想マシンを高速に作成したりできます。

スナップショットはすべての種類のストレージでサポートされています。

スナップショットの種類

XenCenterでは、ディスクのみのスナップショット、休止スナップショット、およびディスクとメモリを含んだスナップショットがサポートされています。詳しくは、「仮想マシンのスナップショットの作成」を参照してください。

ディスクのみのスナップショット

仮想マシンの設定情報(メタデータ)とディスク(ストレージ)が保存されます。仮想マシンをバックアップする目的でエクスポートしたり復元したりできます。この種類のスナップショットはクラッシュ整合状態であり、Linuxを含むすべての種類の仮想マシンで作成できます。

休止スナップショット

休止スナップショットでは、Windows Volume Shadow Copy Service(VSS)の機能を使用して、特定時点のアプリケーション整合スナップショットを作成できます。VSSフレームワークにより、VSS対応のアプリケーション(Microsoft ExchangeやMicrosoft SQL Serverなど)では、スナップショット作成に備えてメモリ内のデータをディスク上に保存できます。このため、休止スナップショットはより安全に復元できますが、スナップショット作成時のシステムパフォーマンスが影響を受ける場合があります。また、負荷状態によってはスナップショット作成に失敗するため、複数回の試行が必要になる場合があります。

休止スナップショットのシステム要件、およびXenServerでの実装について詳しくは、『 XenServer管理者ガイド 』を参照してください。

重要: XenServer Toolsには、スナップショット作成時にゲストファイルシステムを停止するXenServer VSSプロバイダが含まれています。このプロバイダはデフォルトで無効になっています。VSSプロバイダを有効にする方法については、『XenServer仮想マシンユーザーガイド』を参照してください。

ディスクおよびメモリのスナップショット

仮想マシンのメタデータおよびディスク(ストレージ)に加えて、仮想マシンのメモリ(RAM)の状態が保存されます。この種類のスナップショットへの復元時に仮想マシンを再起動する必要はありません。また、このスナップショットは、実行中または一時停止中の仮想マシンで作成できます。ディスクおよびメモリのスナップショットは、ソフトウェアのアップグレードやパッチの適用時、または新しいアプリケーションをテストするときに、現在の仮想マシンの状態に戻れるようにしたい場合に便利です。

孤立したスナップショットへのアクセス

仮想マシンのスナップショットを作成し、その後で元の仮想マシンを削除しても、スナップショットが使用不能になることはありません。このようなスナップショットを使用するには、ナビゲーションペインの [オブジェクト] をクリックして、リソースペインで [スナップショット] ノードを開きます。

スナップショットについて