仮想マシンの一時停止と再開

仮想マシンを一時停止すると、その状態がデフォルトのストレージリポジトリ上にファイルとして保存されます。この方法で仮想マシンを一時停止してからそのホストサーバーをシャットダウンし、ホストサーバーを再起動してから仮想マシンを元の実行状態に戻すことができます。

注: 一時停止にした仮想マシンが種類の異なるサーバーで作成されたものである場合、再開できない可能性があります。たとえば、Intel VTが有効なCPUが搭載されたサーバー上で作成された仮想マシンは、AMD-Vが搭載されたサーバーで再開できない可能性があります。

仮想マシンを一時停止するには

  1. デフォルトのストレージリポジトリが接続解除されている場合は、新しいデフォルトストレージリポジトリを選択します。
  2. リソース ペインで仮想マシンを選択して、ツールバーの A [一時停止] をクリックします。 または、次のいずれかを行います。
    • 右クリックして [一時停止] を選択します。
    • [VM] メニューの [一時停止] を選択します。

    仮想マシンが一時停止状態になり、 リソース ペインでその仮想マシンの状態インジケータが A に変わります。

一時停止状態の仮想マシンを再開するには

通常、リソースプールでは、仮想マシンの再開先サーバーを選択できます。仮想マシンのホストサーバーの選択方法は、仮想マシンとリソースプールの設定により異なります。

  • ワークロードバランス機能(WLB)が有効なリソースプールでは、各物理サーバーのワークロードが評価され、仮想マシンの最適なホストサーバーが推奨項目として提示されます。
  • ワークロードバランス機能が無効なリソースプールでは、ホームサーバーやプール内のほかのサーバー上で仮想マシンを再開できます(必要なストレージがサーバーにある場合)。仮想マシンのホームサーバーについて詳しくは、「ホームサーバー」を参照してください。

一時停止状態の仮想マシンが正常に再開すると、 リソース ペインでその仮想マシンの状態インジケータが A に変わります。

特定のサーバーで仮想マシンを再開するには

  1. リソース ペインで仮想マシンを選択します。
  2. 右クリックして [再開サーバー] を選択し、ホストサーバーを選択します。 または、 [VM] メニューの [再開サーバー] を選択し、サブメニューからホストサーバーを選択します。

最適なサーバーまたはホームサーバーで仮想マシンを自動的に再開するには

リソース ペインで仮想マシンを選択して、ツールバーの A [再開] をクリックします。

または、次のいずれかを行います。

  • リソース ペインで仮想マシンを右クリックして、 [再開] を選択します。
  • [VM] メニューの [再開] を選択します。

ワークロードバランスが有効なリソースプールでは、これにより最適なサーバー上で仮想マシンが起動します。

ワークロードバランスが設定されていないリソースプールでは、これによりホームサーバー上で仮想マシンが起動します。ホームサーバーが設定されていない場合、およびホームサーバーが動作していない場合は、使用可能な最初のサーバー上で仮想マシンが起動します。

仮想マシンの一時停止と再開