ワークロードバランスからの切断

リソースプールのワークロードバランス機能を停止するには、ワークロードバランス仮想アプライアンスから切断してこの機能を無効にします。

リソースプールとワークロードバランス仮想アプライアンスとの接続を切断すると、そのリソースプールの情報がワークロードバランスデータベースから完全に削除されます。また、データコレクタの処理も停止します。このため、同じワークロードバランス仮想アプライアンスに再接続してこの機能を有効にするには、 [WLBサーバーへの接続] ダイアログボックスでアプライアンスの情報を再入力する必要があります。

重要: ワークロードバランス機能を一時的に停止するには、 [WLB] タブの [一時停止] をクリックします。

ワークロードバランスから切断するには

  1. XenCenterの [リソース] ペインで、リソースプールを選択します。
  2. [プール] メニューの [ワークロードバランスサーバーの切断] を選択します。 [ワークロードバランスサーバーの切断] ダイアログボックスが開きます。
  3. [切断] をクリックします。これにより、このプールでのワークロードバランス機能が停止します。

    注: ワークロードバランス仮想アプライアンスから切断した後でこの機能を再度有効にするには、ワークロードバランス仮想アプライアンスに再接続する必要があります。

ワークロードバランスからの切断