ワークロードバランスについて

ワークロードバランスは、リソースプール内の最適なサーバーに仮想マシンを移行することでプールのワークロードを分散させるための機能で、ワークロードバランス仮想アプライアンスにより提供されます。ワークロードバランスでは、以下のようにワークロードが最適化されます。

  • 仮想マシンのワークロードをのリソースプール内のホスト間で分散させる。
  • 仮想マシンを起動するときに、最適なサーバーを決定する。
  • シャットダウンした仮想マシンを起動するときに、最適なサーバーを決定する。
  • サーバーを保守モードにしたときに、そのサーバー上の各仮想マシンの移行先として最適なサーバーを決定する。

注: ワークロードバランスは、XenServer Enterprise Editionユーザー、またはXenApp/XenDesktop権限によりXenServerにアクセスするユーザーが使用できます。ライセンスについて詳しくは、「XenServerライセンスについて」を参照してください。

ワークロードバランスによるワークロードの最適化や集約化は、自動的に実行されるようにしたり、管理者が選択的に実行できるようにしたりできます。また、特定のスケジュールに従ってサーバーの電源が自動的に切断されるように設定することもできます(夜間の使用電力を抑える場合など)。

ワークロードバランスは、プール内の仮想マシンの負荷を評価し、いずれかのしきい値に達した場合にそのサーバー上の仮想マシンを同一プール内のほかのサーバーに移行します。

ワークロードバランスでは、最適化の対象としてパフォーマンスまたは密度を選択できます。これらの最適化モードは、特定のスケジュールに従って自動的に切り替えることもできます。また、各リソース負荷の測定基準(CPU、ネットワーク、メモリ、およびディスク)のしきい値および重要度を調節して、環境に適した最適化が行われるように設定できます。

リソースプールの能力を評価するには、ワークロードバランスの履歴レポートを参照して、リソースプールやホストのヘルス状態、最適化や仮想マシンのパフォーマンス、および仮想マシンの移行履歴を確認します。

ワークロードバランスについて

In this article