フェイルオーバー

フェイルオーバーでは、プライマリサイト(実稼働環境)に障害が発生した場合に、仮想マシンやvAppをセカンダリサイトで再作成します。業務上重要な仮想マシンやvAppをフェイルオーバーするには、障害回復ウィザードを使用します。

重要:

障害回復ウィザードでは、ストレージアレイの機能を制御することはできません。メタデータストレージ、およびフェイルオーバーする仮想マシンで使用されるストレージの複製(ミラーリング)は、セカンダリサイトへのフェイルオーバー前に無効にします。

仮想マシンやvAppをセカンダリサイトにフェイルオーバーするには

  1. XenCenterで、セカンダリサイトのリソースプールを選択し、[プール] メニューで [障害回復] をクリックし、障害回復ウィザードを開きます。

  2. [フェイルオーバー] を選択し、[次へ] をクリックします。

    注:

    ファイバチャネル共有ストレージでLUNミラーリングによるセカンダリサイトへのデータ複製を行っている場合は、回復を実行する前にミラーリングを無効にする必要があります。このアクションにより、セカンダリサイトに読み取り/書き込みアクセス権が与えられます。

  3. 回復対象の仮想マシンやvAppのプールメタデータを格納しているストレージリポジトリを選択します。デフォルトでは、このウィザードの一覧にプール内で接続されているすべてのストレージリポジトリが表示されます。ほかのストレージリポジトリを検出するには、[ストレージリポジトリの検出] をクリックして、目的のストレージの種類を選択します。
    • ハードウェアHBAストレージリポジトリを検出するには、[ハードウェアHBA SRの検出] を選択します。
    • ソフトウェアiSCSIストレージリポジトリを検出するには、[ソフトウェアiSCSI SRの検出] を選択して、ターゲットホスト、IQN、およびLUNの情報を指定します。

    ストレージリポジトリを選択したら、[次へ] をクリックして次のページに進みます。

  4. 回復する仮想マシンとvAppを選択します。[回復後の電源状態] オプションを使用して、回復した仮想マシンとvAppを即時に起動するかどうかを指定します。また、待機し、フェイルオーバーの完了後に仮想マシンとvAppを手動で起動することもできます。

  5. [次へ] を選択して次のページに進み、事前チェックを開始します。

    このウィザードでは、正しくフェイルオーバーされるように、事前にチェックが実行されます。たとえば、選択した仮想マシンやvAppに必要なストレージがすべて使用可能かどうかがチェックされます。この時点でストレージが見つからない場合は、このページの [SRの接続] をクリックして適切なストレージリポジトリを接続できます。

  6. 事前チェックで見つかったすべての問題を解決したら、[フェイルオーバー] をクリックします。フェイルオーバー処理が開始されます。

    進行状況のページに、各仮想マシンやvAppについて回復に成功したかどうかが表示されます。

    選択した仮想マシンやvAppの数によっては、フェイルオーバー処理に時間がかかることがあります。このプロセスでは、以下の処理が行われます:

    • 複製されたストレージから仮想マシンおよびvAppのメタデータがエクスポートされる
    • 仮想マシンやvAppがプライマリサイトのプールで再作成される
    • 仮想ディスクを格納しているストレージリポジトリが再作成された仮想マシンに接続される
    • 指定されている場合、仮想マシンが起動する
  7. フェイルオーバーが完了したら、[次へ] をクリックして結果レポートを表示します。

  8. 結果レポートのページで [完了] をクリックして、ウィザードを終了します。

プライマリサイトが再び利用可能になったら、仮想マシンとvAppをそのサイトに戻すことができます。このプロセスを完了するには、障害回復ウィザードに再び使用しますが、代わりに [フェイルバック] オプションを選択します。詳しくは、「フェイルバック」を参照してください。

フェイルオーバー