XenCenter

サーバーの追加

XenCenterでサーバー上のアクティビティを監視して管理するには、XenCenterでの管理対象リソースとしてそのサーバーを追加する必要があります。XenCenterでサーバーに初めて接続するときに、XenCenter左側の [リソース] ペインにそのサーバーが表示されます。サーバーのデフォルトのストレージリポジトリ(設定されている場合)および物理CDまたはDVDドライブもここに表示されます。管理対象サーバーは切断、再接続、シャットダウン、保守モードへの切り替えを実行できます。[リソース] ペインには、XenCenterから削除するまで表示されます。

XenCenterを使用した新しいサーバーへの初回接続時に、[接続状態の保存と復元] ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、接続情報を保持してXenCenter起動時にそれらのサーバー接続が復元されるように設定できます。詳しくは、「サーバーの接続状態の保存」を参照してください。

XenCenterにサーバーを追加するには

  1. [サーバーの追加] をクリックします。または、次のいずれかを行います:
    • [サーバー] メニューの [追加] を選択します。
    • リソースペインで最上位レベルのXenCenterを右クリックして、[追加] を選択します。
    • XenCenterの[ホーム]タブで [新規サーバーの追加] ボタンをクリックします:
  2. [サーバー] ボックスに、追加するサーバーのIPアドレスまたはDNS名例:203.0.113.28またはserver.example.com

    ヒント:

    [サーバー]ボックスでは、複数のサーバーの名前やIPアドレスをセミコロンで区切って入力できます。ただし、それらのサーバーには同一の資格情報でログインできなければなりません。

  3. Citrix Hypervisorのインストール時に設定したユーザー名とパスワードを入力します。Active Directory(AD)認証を有効にしたCitrix Hypervisor環境では、ここにActive Directoryの認証情報を入力できます。詳しくは、「RBACの概要」を参照してください。
  4. [追加] をクリックします。接続の進行状況が表示されます。接続をキャンセルするには、[キャンセル] をクリックします。

セキュリティ証明書

XenCenterでサーバーに接続したときに新規または変更されたTLSセキュリティ証明書が見つかった場合に、警告メッセージが表示されるように設定できます。セキュリティ証明書を表示するには [証明書の表示] をクリックします。TLS証明書に関する警告が表示されないようにするには、XenCenterで [オプション] ダイアログボックスの [セキュリティ] ページを使用します。

サーバーの追加