保守モードでの実行

仮想化ソフトウェアのアップグレード、新しいネットワークへの接続の追加やテスト、サーバーが動作するハードウェアの問題の診断、または新しいストレージシステムへの接続の追加など、さまざまな理由により管理対象サーバーをオフラインにしなければならなくなることがあります。XenCenterでは、 保守モード にすることでサーバーを一時的にオフラインにすることができます。リソースプールにあるサーバーを保守モードに切り替えると、そのサーバー上のすべての実行中の仮想マシンが自動的に同一プール内の別のサーバーに移行されます。プールマスターとして動作するサーバーを保守モードにする場合は、そのリソースプールの新しいプールマスターが選出されます。

ワークロードバランスが有効なリソースプールでは、保守モードに切り替えたサーバー上でホストされているすべての仮想マシンが(最適化モードとパフォーマンスしきい値の設定、およびパフォーマンス測定値に基づいて決定される)最適なサーバーに移行されます。

保守モードのサーバー上で仮想マシンを作成したり起動したりすることはできません。

サーバーを保守モードに切り替えるには

  1. リソースペインでサーバーを選択して、次のいずれかを行います:
    • 右クリックして [保守モードへの切り替え] を選択します。
    • [サーバー] メニューの [保守モードへの切り替え] を選択します。
  2. [保守モードへの切り替え] をクリックします。

サーバーで実行されていたすべての仮想マシンがほかのサーバー上に正しく移行されると、リソースペインでそのサーバーの状態インジケータが サーバー保守モードアイコン青い四角形が重なったサーバーアイコン。 に変わります。

サーバーの保守モードを終了するには

  1. リソースペインでサーバーを選択して、次のいずれかを行います:
    • 右クリックして [保守モードからの切り替え] を選択します。
    • [サーバー]メニューの [保守モードからの切り替え] を選択します。
  2. [保守モードからの切り替え] をクリックします。

保守モードでの実行