IPアドレスの構成

管理対象サーバーの管理インターフェイスとして使用するNICは、XenServerのインストール時に最初に指定します。別のコンピュータ上で動作するXenCenterやXenServer xe コマンドラインインターフェイス(CLI)などの管理ソフトウェアは、いずれも管理インターフェイスのIPアドレスを介してサーバーに接続します。

サーバーに複数のNICが搭載されている場合は、別のNICまたはNICボンディングを選択して管理インターフェイスとして使用できます。IPアドレスをNICに割り当てて、NICをストレージやそのほかの種類のネットワークトラフィックなどの特定機能専用にすることもできます(「セカンダリインターフェイス」と呼ばれます)。

リソースプールに新しいサーバーを追加すると、ネットワークとボンディングの情報を含むプールマスターのネットワーク設定がそのサーバーに自動的に継承されることにも注意してください。ただし、追加するサーバーの管理インターフェイスがプールマスターと一致するように変更されることはありません。したがって、プールマスターと同じボンディングを使用するには、サーバーを追加した後で再設定する必要があります。また、ボンディング上に管理インターフェイスを持つサーバーはリソースプールに追加できないことにも注意してください。このため、プールに追加するには、サーバーの管理インターフェイスを再設定して物理NIC上に戻す必要があります。

以下のセクションでは、XenCenterの [IPアドレスの設定] ダイアログボックスで単一のNICにIPアドレスを割り当てて、サーバーまたはプールの管理インターフェイスを変更する手順について説明します。

NICにIPアドレスを割り当てるには

ストレージなどの特定機能専用のNICを設定するには、XenCenterを使用してそのNICにIPアドレスを割り当てます。NICにIPアドレスを割り当てるということは、セカンダリインターフェイスを作成することを意味します。

柔軟で安全なネットワークを簡単に保守するために、専用のNICを使用するセカンダリインターフェイスを作成して、ネットワークトラフィックをセグメント化できます。これにより、たとえば、サーバー管理、アプリケーション生成トラフィック、およびストレージトラフィックのそれぞれに別個のネットワークを構築できます。XenServerのデフォルトのネットワーク設定では、IPベースのストレージデバイスへのネットワークトラフィックはすべて、管理インターフェイスのNICから発信されます。セカンダリインターフェイスでは、管理インターフェイスのDNSサーバー設定が継承されることに注意してください。

NICにIPアドレスを割り当てるには、NICが確実にその機能のトラフィックに使用されるようにネットワークを適切に設定する必要があります。たとえば、NICをストレージトラフィック専用にするには、使用するストレージコントローラと同じサブネットに属し、管理インターフェイスやほかのセカンダリインターフェイスとは異なるサブネットに属しているIPアドレスを割り当てる必要があります。また、ストレージターゲットにそのNICからしかアクセスできないように、NIC、ストレージターゲット、スイッチ、およびVLANを設定する必要があります。これにより、管理対象サーバーに搭載されている複数のNIC間でのトラフィックのルーティングを、標準的なIPルーティングを使用して制御できます。

NICにIPアドレスを割り当ててセカンダリインターフェイスを作成するには、以下のタスクを行います:

  1. リソースプールまたはサーバーの [ネットワーク] タブで、[IPアドレス設定][設定] をクリックします。
  2. [IPアドレスの追加] をクリックします。
  3. 作成するセカンダリインターフェイスの名前を入力します。
  4. [ネットワーク] ボックスの一覧からXenServerのネットワークを選択します。
  5. 以下のネットワーク設定を行います。
    • ネットワーク設定(IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイなど)をDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)で自動的に割り当てる場合は、[設定をDHCPで自動取得する] をクリックします。
    • ネットワーク設定を手作業で割り当てる場合は、[以下の設定を使用する] をクリックして、必要な値を入力します。IPアドレスおよびサブネットマスクは必須の指定項目で、ゲートウェイの指定は任意です。
  6. 追加のインターフェイスを作成する場合は、再度 [IPアドレス設定] をクリックして上記の手順を繰り返します。
  7. 完了したら、[OK] をクリックして設定を保存します。

    注: ネットワーク設定を手作業で割り当てる場合、設定内容を確認するメッセージが表示されます。この場合は、内容を確認して [再設定する] をクリックします。

セカンダリインターフェイスを削除するには

  1. リソースプールまたはサーバーの [ネットワーク] タブで、[IPアドレス設定][設定] をクリックします。
  2. 設定済みのインターフェイスの一覧でインターフェイスを選択し、[このインターフェイスを削除] をクリックします。
  3. [OK] をクリックして設定を保存します。

管理インターフェイスを変更するには

  1. リソースプールまたはサーバーの [ネットワーク] タブで、[IPアドレス設定][設定] をクリックします。
  2. [管理] ページの [ネットワーク] ボックスの一覧からXenServerネットワークを選択します。

    注: タグ付きVLANネットワークも、この[ネットワーク]ドロップダウンリストに表示されます。

  3. 以下のネットワーク設定を行います:
    • ネットワーク設定(IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイ、DNSサーバー)をDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)で自動的に割り当てる場合は、[設定をDHCPで自動取得する] をクリックします。
    • ネットワーク設定を手作業で割り当てる場合は、[以下の設定を使用する] をクリックして、必要な値を入力します。IPアドレスおよびサブネットマスクは必須の指定項目で、ゲートウェイおよびDNSの指定は任意です。
  4. 完了したら、[OK] をクリックして設定を保存します。

    注: ネットワーク設定を手作業で割り当てる場合、設定内容を確認するメッセージが表示されます。この場合は、内容を確認して [再設定する] をクリックします。