XenCenter

サーバーのシャットダウン

XenCenterでサーバーをシャットダウンすると、そのサーバー上で実行中のすべての仮想マシンがシャットダウンし、サーバーが切断された後でシャットダウンします。サーバーがリソースプールのメンバーである場合、シャットダウン時に接続が失われますが、サーバーが再起動すると、プールにより接続が復元されます。プールメンバー(プールマスターでないサーバー)をシャットダウンした場合、ほかのメンバーとマスターは機能し続けます。マスターをシャットダウンした場合は、マスターが再起動してオンライン状態に戻るまでプールは機能しません。その時点で、ほかのメンバーはマスターと再接続され、同期されます。また、ほかのメンバーのいずれかをxe CLIを使ってマスターに設定することもできます。

Citrix VM Toolsがインストールされた仮想マシンは正常にシャットダウンされます。ただし、Citrix VM Toolsが未インストールの仮想マシンは、強制シャットダウンでのみシャットダウンできます。強制シャットダウンを回避するには、すべての仮想マシンにCitrix VM Toolsをインストールします。詳しくは、「Citrix VM Toolsのインストール」を参照してください。

サーバーを再度起動したら、再接続する必要があります。詳しくは、「サーバーの再接続」を参照してください。

サーバーをシャットダウンするには

[リソース] ペインでサーバーを選択して、ツールバーの [シャットダウン] を選択します。

サーバーをシャットダウンすると、[リソース] ペインでそのサーバーの状態インジケータが [切断] に変わります。

切断済みサーバーアイコン - サーバーアイコンの上に赤い点が表示されます。

サーバーのシャットダウン