サーバーのシャットダウン

XenCenterでサーバーをシャットダウンするコマンドを選択すると、そのサーバー上で実行中のすべての仮想マシンがシャットダウンし、サーバーが切断された後でシャットダウンします。サーバーがリソースプールのメンバーである場合、シャットダウン時に接続が失われますが、サーバーが再起動すると、プールにより接続が復元されます。プールメンバー(プールマスターでないサーバー)をシャットダウンした場合、ほかのメンバーとマスターは機能し続けます。プールマスターをシャットダウンした場合は、そのマスターが再起動されてオンライン状態に戻り、ほかのメンバーがマスターと再接続して同期化するまで、またはほかのメンバーのいずれかを(XenServer xe コマンドラインインターフェイス(CLI)を使って)マスターに設定するまで、リソースプールは機能しません。

XenServer Toolsがインストールされた仮想マシン(準仮想化仮想マシン)は正常にシャットダウンされますが、HVMモードで実行中の仮想マシン(XenServer Toolsがインストールされていない仮想マシン)では強制シャットダウンが実行されます。これを避けるには、すべてのHVM仮想マシンに XenCenter Toolsをインストール する必要があります。

サーバーを再起動したら、XenCenterで再接続する必要があります。詳しくは、「サーバーの再接続」を参照してください。

サーバーをシャットダウンするには

リソースペインでサーバーを選択して、ツールバーの [シャットダウン] をクリックします。

サーバーをシャットダウンすると、 リソースペインでそのサーバーの状態インジケータが [切断] 切断済みサーバーアイコン。サーバーアイコンの上に赤い点が表示されます。 に変わります。

サーバーのシャットダウン