パフォーマンスの監視について

XenCenterの [パフォーマンス] タブでは、リソースプールの全体的なパフォーマンス測定値をリアルタイムで監視でき、仮想マシンおよび物理マシンのパフォーマンスの傾向を視覚的に確認することができます。

  • 過去12か月までさかのぼってパフォーマンスデータを表示でき、測定値が急増している部分などをクローズアップして表示することもできます。詳しくは、「パフォーマンスグラフの表示」を参照してください。
  • デフォルトでは、CPU、メモリ、ネットワーク入出力、およびディスク入出力に関するデータが表示されます。さらに、ほかのパフォーマンスデータを追加したり、グラフの形式を変更したりできます。詳しくは、「パフォーマンスグラフの設定」を参照してください。
  • サーバー、仮想マシン、またはストレージリポジトリで、CPU、メモリ使用、ネットワーク使用、ストレージスループット、または仮想マシンのディスク使用が特定のしきい値を超過した場合に、アラートが生成されるように設定できます。詳しくは、「パフォーマンスアラートの設定」を参照してください。

注: XenServer準仮想化ドライバー(XenServer Tools)がインストールされていない仮想マシンでは、一部のパフォーマンスデータが表示されません。

パフォーマンスの監視について

In this article