パフォーマンスアラートの設定

サーバー、仮想マシン、またはストレージリポジトリで、CPU、メモリ使用、ネットワーク使用、ストレージスループット、または仮想マシンのディスク使用が特定のしきい値を超過した場合に、アラートが生成されるように設定できます。アラートのデフォルトの生成間隔は60分ですが、この間隔は必要に応じて変更できます。

パフォーマンスアラートは、 [通知] ビューの [アラート] ページに表示されます。また、パフォーマンスアラートを、ほかのアラートと一緒にメールで受信することもできます。詳しくは、「XenCenterのアラート」を参照してください。

パフォーマンスアラートを設定するには、以下の手順に従います。

  1. リソース ペインでサーバー、仮想マシン、またはストレージリポジトリを選択して、 [全般] タブの [プロパティ] をクリックします。
  2. [アラート] をクリックします。
    • サーバーまたは仮想マシンのCPU使用率パフォーマンスアラートが生成されるようにするには、 [CPU使用率アラートを有効にする] チェックボックスをオンにして、アラートを起動するCPUの使用率と許容時間のしきい値を設定します。
    • サーバーまたは仮想マシンのネットワーク使用量パフォーマンスアラートが生成されるようにするには、 [ネットワーク使用量アラートを有効にする] チェックボックスをオンにして、アラートを起動するネットワークの使用量と許容時間のしきい値を設定します。
    • サーバーのメモリ使用量パフォーマンスアラートが生成されるようにするには、 [メモリ使用量アラートを有効にする] チェックボックスをオンにして、アラートを起動するメモリの使用量と許容時間のしきい値を設定します。
    • 仮想マシンのディスク使用量パフォーマンスアラートが生成されるようにするには、 [ディスク使用量アラートを有効にする] チェックボックスをオンにして、アラートを起動するディスクの使用量と許容時間のしきい値を設定します。
    • ストレージリポジトリのスループットパフォーマンスアラートが生成されるようにするには、 [ストレージスループットアラートを有効にする] チェックボックスをオンにして、アラートを起動するストレージスループットと許容時間のしきい値を設定します。

      注: ストレージスループットアラートは、PBD(Physical Block Device:物理ブロックデバイス)上の読み取りおよび書き込み時の総スループット量が指定のしきい値を超えると生成されます。PBDは、XenServerホストとそのストレージリポジトリ間のインターフェイスです。PBD上の読み取りおよび書き込み時の総スループット量が指定のしきい値を超えると、そのPBDが接続されているホスト上でアラートが生成されます。ほかのホストアラートとは異なり、このアラートはストレージリポジトリに対して設定します。

    • アラートの送信間隔を変更するには、 [アラートの送信間隔] ボックスに分単位で値を入力します。しきい値に達してアラートが生成されると、送信間隔が経過するまでそのアラートは生成されません。
  3. [OK] をクリックして変更を保存します。

パフォーマンスアラートの設定

In this article