XenCenter

パフォーマンスグラフの表示

[パフォーマンス] タブには、選択したサーバーまたは仮想マシンのパフォーマンスデータがグラフ形式で表示されます。

サーバーを選択すると、以下のデータが表示されます:

  • CPU、メモリ、およびネットワーク入出力の利用状況データ。
  • 必要に応じて、ほかのリソースの利用状況データを示すグラフを追加できます。たとえば、コントロールドメインロードを含めることができます。このロードは、コントロールドメイン内で直近の5分間にキューに入れられたプロセス数の平均(Linuxのloadavg)です。
  • [VMライフサイクルイベント] ペインには、そのサーバー上でホストされているすべての仮想マシンのライフサイクルイベント(起動、シャットダウン、一時停止など)が表示されます。

仮想マシンについては、CPU、メモリ、ネットワーク入出力、およびディスク使用のデータを示すグラフがデフォルトで表示されます。

タブの下部の概要グラフを使用して、マシンの状況をすばやく確認できます。このグラフでは、ほかのグラフに表示されている期間を調整することもできます。期間を変更して、データを表示する期間の短縮と延長や、以前の期間のデータの表示を実行できます。

[パフォーマンス]タブにほかの種類のパフォーマンスデータを追加したり、グラフの形式を変更したりするには、「パフォーマンスグラフの設定」を参照してください。

データを表示する期間を短縮したり延長したりするには

デフォルトでは、直近の10分間のデータが表示されます。データを表示する期間を短縮または延長するには、次のいずれかを行います:

  • 直近の1時間、24時間、1週間、1か月、または1年間に収集されたパフォーマンスデータを表示するには、[ズーム] をクリックします。[1時間][1日][1週間][1か月]、または [1年] を選択します。
  • 概要グラフ上で、データの収集期間を示す両端の垂直分割バーにポインタを合わせます。ポインタが双方向矢印に変わったら、垂直分割バーを左右にドラッグします。

    カーソルのサイズを変更します。

    例:

    2つの画像。上には、1つの期間の終わりにサイズ変更カーソルを置いて選択した10分間隔が表示されます。2つ目の画像は、サイズ変更カーソルが使用されたことを示します。ウィンドウが40分に拡大されました。

以前の期間のデータを表示するには

グラフに表示されるデータの時間枠を移動するには、任意のグラフをポイントします。ポインタが移動カーソルに変わったら、グラフまたはサマリーグラフのサンプル領域を左または右にドラッグします。

移動カーソルアイコン - 各行の末尾にある、先端が矢印になっている十字マーク

例:

2つの画像。上には、移動カーソルで選択された40分間隔が表示されます。図の矢印は、カーソルを移動させる方向を示しています。2つ目の画像は、移動カーソルが使用されたことを示します。このウィンドウは、40分前に強調表示されるようシフトされています。

サーバー上の仮想マシンのライフサイクルイベントを表示するには

[VMライフサイクルイベント] ペインには、そのサーバー上でホストされているすべての仮想マシンで発生したライフサイクルイベント(起動、シャットダウン、一時停止など)が表示されます。

  • 各イベントにマウスポインタを合わせると、「仮想マシン‘Sierra’が起動しました。」などの説明がツールチップとして表示されます。
  • マウスのほか、方向キーを押してイベント項目間を移動することもできます。
  • マウスのほか、方向キーを押してイベント項目間を移動することもできます。イベント項目上でダブルクリックしたりEnterキーを押したりすると、そのイベントが発生した時点のグラフが表示されます。
  • マウスまたは方向キーでイベント項目を選択すると、グラフ上のイベントのアイコンがハイライト表示されます。

パフォーマンスグラフの表示