XenCenter

高可用性設定の変更

プールの高可用性を有効にしたら、 [高可用性の設定] ダイアログボックスで仮想マシンの起動設定やプールで許可するサーバー障害の制限を変更できます。

高可用性再起動優先度および仮想マシンの起動オプションを変更するには

  1. [リソース] ペインでプールを選択して [高可用性] タブを選択し、[高可用性の設定] を選択します。または、次のいずれかを行います:
    • [プール] メニューの [高可用性] を選択します。
    • [リソース] ペイン内を右クリックし、ショートカットメニューで [高可用性] を選択します。
  2. 一覧から仮想マシンを選択して、仮想マシンの起動オプションを選択します。これらのオプションの詳細については、「仮想マシンの再起動設定」を参照してください。

    次のオプションを設定します。

    • 高可用性再起動優先度:各仮想マシンの再起動優先度を選択します:
      • [再起動] を選択した仮想マシンは、プール内のリソースが不足している場合を除いて再起動が保証されされます。
      • 仮想マシンの自動再起動が不可欠でない場合は、[可能なら再起動] を選択します。
      • 仮想マシンを自動的に再起動しない場合は、[再起動しない] を選択します。
    • 起動順序:回復処理での仮想マシンの起動順序を指定します。起動順序として0を指定すると、その仮想マシンが最初に起動し、次に1を指定した仮想マシンが起動する、というように続きます。
    • 次のVM起動までの間隔:起動シーケンスにおける仮想マシンの次のグループ値が起動するまでの仮想マシンの起動間隔を設定します。VMの次のグループとは、起動順序が後の仮想マシンです。
  3. [OK] をクリックして変更を適用し、ダイアログボックスを閉じます。

プールのサーバー障害の制限値を変更するには

  1. [リソース] ペインでプールを選択して [高可用性] タブを選択し、[高可用性の設定] をクリックします。または、次のいずれかを行います:
    • [プール] メニューの [高可用性] を選択します。
    • [リソース] ペイン内を右クリックし、ショートカットメニューで [高可用性] を選択します。
  2. [サーバー障害の制限] で、そのプールで許可するサーバー障害数を設定します。ここでは、XenServerにより算出される最大許容障害数([最大]で示される)と同じまたはより小さい値を設定します。最大許容障害数が0の場合、プールがオーバーコミット状態であり、変更を保存できません。変更を保存するには、高可用性再起動優先度を変更するか、プールで使用可能なリソースを増やします。詳しくは、後述の「」セクションを参照してください。
  3. [OK] をクリックして変更を適用し、ダイアログボックスを閉じます。

プールの最大許容障害数を増やすには

プールの最大許容障害数を増やすには、以下の作業が必要です:

  • 一部の仮想マシンの再起動優先度を下げる。
  • サーバーのRAMを増設するかプールにサーバーを追加する。
  • 一部の仮想マシンに割り当てられているメモリの量を減らす。
  • 重要でない仮想マシンをシャットダウンする。

高可用性設定の変更