プールプロパティの変更

リソース ペインで任意のリソースプールを選択して [全般] タブをクリックすると、そのプロパティと現在の状態が表示されます。プールのプロパティを変更するには、[全般] タブの [プロパティ] をクリックします。

プロパティの編集アイコン。 中に線がある灰色の四角形。 全般プロパティ - 名前、説明、フォルダー、タグ

[プロパティ]ダイアログボックスの [全般] ページでは、プールの名前、説明、フォルダー、およびタグを表示したり変更したりできます。

  • プール名を変更するには [名前] ボックスに新しい名前を入力します。
  • 説明を変更するには、[説明] ボックスにテキストを入力します。
  • プールのフォルダーを変更するには、[フォルダー]ボックスの[変更]をクリックして、移動先を指定します。フォルダーの使用について詳しくは、「フォルダーの使用」を参照してください。
  • プールのタグ付けについて詳しくは、「タグの使用」を参照してください。

フィールドアイコン カスタムフィールド

カスタムフィールドを使用すると、管理対象のリソースに情報を追加して、リソースを簡単に検索したり分類したりできます。カスタムフィールドの使用について詳しくは、「カスタムフィールドの使用」を参照してください。

メールアイコン メールオプション

プール内のいずれかのサーバーおよび仮想マシンに対するシステムアラートが生成されたときに、通知メールが送信されるように設定できます。メールによる通知の設定について詳しくは、「XenCenterアラート」を参照してください。パフォーマンスアラートメールを受信する場合、ドロップダウンリストから表示言語を選択できます。選択可能な言語は、日本語、英語、中国語です。

XenCenter のパフォーマンスアラートメールを構成するためのデフォルトの言語は英語です。

電源投入アイコン。 緑の円の上に白い電源アイコンが重ねて表示されます。 電源投入

XenServerの電源投入機能では、サーバーがリモートからの電源管理をサポートする場合に、リソースプールの全体的なワークロードに応じて物理サーバーの電源を投入したり切断したりするための電源投入モードを設定できます(ワークロードバランス機能の1つ)。

  • ページ上部の一覧から、電源投入を設定するサーバーを選択します。
  • [電源投入モード] で、電源投入モード(無効、Wake-on-LAN、HP iLO、DRAC、またはカスタムスクリプト)を選択します。
  • [設定オプション] では、[電源投入モード] で選択したオプションに応じて、IPアドレスと資格情報、または電源投入スクリプトのキーおよび値を指定します。

ホスト電源投入機能の要件および設定オプションについて詳しくは、「ホスト電源投入の設定」を参照してください。

GPUアイコン GPU

このタブによりプール全体のポリシーを設定して仮想マシンを使用できるGPUに割り当て、密度の最大化またはパフォーマンスの最大化を設定できます。環境に適したオプションを選択してください。

GPUグループごとに異なる設定が指定されている場合、[GPU]タブには [混在] 設定が表示されます。つまり、プール内のあるGPUグループには密度の最大化が構成されている場合、残りのGPUグループにはパフォーマンスの最大化が構成されていることになります。XenCenterを使って混在設定の設定または編集は実行できません。GPUグループごとに異なる設定を使用するには、xeコマンドラインインターフェイスを使う必要があります。

注: GPU仮想化は、XenServer Enterprise Editionユーザー、またはCitrix Virtual AppsおよびDesktops権限によりXenServerにアクセスするユーザーが使用できます。プールがライセンス要件を満たし、さまざまな仮想GPUの種類をサポートするGPUがある場合は [GPU] タブが表示されます。詳しくは、「XenServerのライセンスについて」を参照してください。

セキュリティアイコン。 南京錠。 セキュリティ

[セキュリティ] タブを使って、プールとの通信に使用されるセキュリティプロトコルを指定できます。

TLS 1.2のみ:このオプションは、TLS 1.2プロトコルを使用してXenServerプールと通信可能な管理APIクライアントとアプライアンス(サードパーティのアプライアンスを含む)からの通信を受け付けます。TLS 1.2のみのオプションでは暗号の組み合わせ TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256 が使用されます。

重要: XenServerプールと通信するすべての管理APIクライアントがTLS 1.2と後方互換性を有していることを確認するまでは、TLS 1.2のみのオプションを選択しないでください。

後方互換性モード(TLS 1.2以前の製品):後方互換性などの理由から、プール全体の通信でTLSプロトコルとSSLプロトコルの両方を許可する必要がある場合に、このオプションを選択します。このオプションでは、stunnelに指定されているとおり、以下の暗号の組み合わせが使用されます。

  • TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256
  • TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA
  • TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
  • TLS_RSA_WITH_RC4_128_SHA
  • TLS_RSA_WITH_RC4_128_MD5
  • TLS_RSA_WITH_3DES_EDE_CBC_SHA

ライブパッチアイコン ライブパッチ

このタブを使用して、ライブパッチを有効または無効に設定できます。ライブパッチを使用して、ユーザーはホストを再起動することなく、いくつかのLinuxカーネルおよびXenハイパーバイザーのアップデートをインストールできます。このオプションは、デフォルトで有効になっています。

:XenServerライブパッチは、 XenServer Enterprise Editionユーザー、またはCitrix Virtual AppsおよびDesktops権限によりXenServerにアクセスするユーザーが使用できます。 ライセンスについて詳しくは、「XenServerのライセンスについて」を参照してください。

ネットワークオプションアイコン ネットワークオプション

このタブでは、IGMPスヌーピングを有効または無効にできます。XenServerがマルチキャストトラフィックをすべてのゲスト仮想マシンに送信すると、ホストデバイスは想定外のパケットを処理する必要があるため、不必要な負荷が発生することになります。IGMPスヌーピングが有効な場合、ローカルネットワーク上のホストは明示的に参加していないマルチキャストグループのトラフィックを受信しなくなるため、マルチキャストのパフォーマンスが向上します。これは、IPTVのように帯域幅を大幅に消費するIPマルチキャストアプリケーションの場合、特に有効です。デフォルトでは、このオプションは無効になっています。

  • IGMPスヌーピングは、ネットワークのバックエンドがOpen vSwitchを使用している場合のみ使用できます。
  • この機能をプールで有効にする場合、物理スイッチの1つでIGMPクエリアを有効にすることが必要なこともあります。これを有効にしないと、サブネットワークのマルチキャストがブロードキャストにフォールバックし、XenServerのパフォーマンスが低下する可能性があります。
  • IGMP v3を実行しているプールでこの機能を有効にすると、仮想マシンの移行またはネットワークボンディングのフェイルオーバーによってIGMPのバージョンがv2に切り替わることがあります。
  • XenServerIGMPスヌーピングは、XenServer Enterprise Editionユーザー、またはCitrix Virtual AppsおよびDesktops権限によりXenServerにアクセスするユーザーが使用できます。 ライセンスについて詳しくは、「XenServerのライセンスについて」を参照してください。

クラスタリングアイコン クラスタリング

このタブを使用して、クラスタリングを有効または無効に設定できます。GFS2でシンプロビジョニングされたストレージリポジトリを使用するには、プールでクラスタリングを有効にします。

注: シトリックスでは、3つ以上のサーバーを含むプールでのみクラスタリングを適用することをお勧めします。

プールでこの機能を有効にする場合は、ネットワークを指定します。クラスタリングメカニズムでは、このネットワークを使用してプール内のすべてのサーバーと通信します。サーバーがクラスタリングされたプール内の他のサーバーの大部分と通信できない場合、タイムアウトの後そのサーバーは自動で隔離されます。ホストの不要な自動隔離の可能性を減らすため、クラスタリングに使用するネットワークが信頼できるものであることを確認してください。シトリックスでは、物理的に別のボンディングされたネットワークを使用することをお勧めします。詳しくは、「新しいネットワークの追加」を参照してください。