カスタムフィールドの使用

リソースにカスタムフィールドを定義すると、構造的な情報を追加して、リソースを効率的に検索したり管理したりできます。

たとえば、すべてのサーバーに設置場所の情報を追加することができます。または、コストセンターごとにラベル付けしたり、インストール済みアプリケーションの情報を仮想マシンに追加したりできます。これを行うには、サーバー、仮想マシン、またはリソースプール内のそのほかのリソースにカスタムフィールドを追加して、適切な値を入力します。これらのカスタムフィールドの値を使って、検索クエリを作成することもできます。

カスタムフィールドは、プールレベルで共有されます。プール内の任意のリソースにカスタムフィールドを設定すると、そのプール内のすべてのリソースで使用可能になります。カスタムフィールドは、[全般] タブや、リソースの [プロパティ] ダイアログボックスの [カスタムフィールド] タブから使用できます。

カスタムフィールドの情報に基づいてリソースを表示するには、ナビゲーションペインの [属性ビュー] をクリックして、[オブジェクトのカスタムフィールド] を選択します。

カスタムフィールドを作成するには

  1. リソースペインで、任意のリソースを選択します。
  2. [全般] タブを選択して [プロパティ] をクリックします。
  3. [カスタムフィールド] ページで、[カスタムフィールドの編集] をクリックします。
  4. [追加] をクリックし、作成するカスタムフィールドの名前を入力して種類を選択します。
  5. [OK] をクリックして変更を適用します。

既存のカスタムフィールドに値を入力するには

  1. リソースペインで、リソースを選択します。
  2. [全般] タブを選択して [プロパティ] をクリックします。
  3. [プロパティ] ダイアログボックスの [カスタムフィールド] ページで、必要な値を入力します。
  4. [OK] をクリックします。

リソースに定義されたカスタムフィールドは、そのリソースの [全般] タブに表示されます。

カスタムフィールドを削除するには

  1. リソースペインで、リソースを選択します。
  2. [全般] タブを選択して [プロパティ] をクリックします。
  3. [プロパティ] ダイアログボックスの [カスタムフィールド] ページで、[カスタムフィールドの編集] をクリックします。
  4. 削除するカスタムフィールドを選択して、[削除] をクリックします。
  5. [はい] をクリックして確定します。