XenServerのストレージリポジトリについて

XenServerのストレージリポジトリ(SR)は、仮想ディスクを格納するストレージコンテナです。ストレージリポジトリおよび仮想ディスクは、XenServerに依存せずに存在する永続的なディスク上のオブジェクトです。ストレージリポジトリはリソースプール内のサーバー間で共有でき、ローカルディスクデバイスと共有ネットワークストレージを含む、内蔵および外付けのさまざまな種類の物理ストレージデバイス上に設定できます。新規ストレージリポジトリウィザードでは、さまざまな種類のストレージを使用して新しいストレージリポジトリを作成できます。ストレージの種類により、XenCenterで以下のストレージ機能を設定できます:

  • 動的なマルチパス:ファイバチャネルおよびiSCSIのストレージリポジトリでは、ラウンドロビンモードの負荷分散を使用してストレージをマルチパス化できます。詳しくは、「ストレージのマルチパス」を参照してください。
  • シンプロビジョニング:NetApp、およびDell EqualLogicのストレージリポジトリでは、容量管理の種類を選択できます。デフォルトでは、仮想マシンのディスク領域が不足しないように、そして仮想割り当てがファイラ上で完全に保証されるように、シックプロビジョニングという方法で領域が割り当てられます。ディスク使用効率の高いシンプロビジョニングでは、仮想マシンからの要求に応じて物理領域が割り当てられるため、実際に使用可能なストレージよりも多くの容量をプロビジョニングでき、ストレージ資産を最大限に活用できます。
  • 空き領域の解放:シンプロビジョニングされたブロックベースのストレージリポジトリでは、未使用ブロック(LUN内で削除されたVDIの領域など)を解放できます。解放された領域は、ストレージリポジトリでの再利用が可能になります。詳しくは、「空き領域の解放」を参照してください。
  • LUNのライブ拡張:LUNのライブ拡張機能を使用すると、仮想マシンを停止せずにLUNのサイズを増やすことができます。詳しくは、「LUNのライブ拡張」を参照してください。

サーバーまたはリソースプールを設定するときに、デフォルトのストレージリポジトリを指定します。このリポジトリはクラッシュダンプデータと一時停止状態の仮想マシンのイメージの格納先になり、新しい仮想ディスクのデフォルトのストレージリポジトリになります。プールのデフォルトストレージリポジトリは、共有ストレージリポジトリである必要があります。新しい仮想ディスク、クラッシュダンプファイル、またはリソースプールに作成された一時停止状態の仮想マシンのイメージは、プールのデフォルトストレージリポジトリに格納され、物理サーバーの障害からの復元手段を提供します。スタンドアロンサーバーの場合、デフォルトストレージリポジトリはローカルでも共有でも構いません。スタンドアロンサーバーに共有ストレージを追加すると、その共有ストレージが自動的にそのサーバーのデフォルトのストレージリポジトリになります。

XenServer xe コマンドラインインターフェイス(CLI)では、仮想マシン、クラッシュダンプデータ、および一時停止イメージをほかのストレージリポジトリに格納することができます。詳しくは、「コマンドラインインターフェイス」を参照してください。

XenServerのストレージリポジトリについて

In this article