NFSストレージ

NFS ストレージリポジトリでは、仮想マシンイメージは、共有されたNFSターゲット上の、シンプロビジョニングされたVHD形式のファイルとして格納されます。TCP/IPを利用するNFSv3およびNFSv4をサポートする既存のNFSサーバーは、仮想ディスクのストレージリポジトリとしてすぐに使用できます。

NFSストレージリポジトリを共有すると、NFS VHDストレージリポジトリに仮想ディスクを持つすべての仮想マシンが同一リソースプール内のサーバー間で移行可能になります。

NFSストレージリポジトリ上の仮想ディスクはスパースで作成されるため、このストレージリポジトリ上にすべての仮想ディスクに対して十分なディスク容量があることを確認する必要があります。

NFSストレージリポジトリを設定するには

  1. [新規ストレージリポジトリ] ウィザードを開きます。これを行うには、ツールバーの [新規ストレージ] をクリックします。
  2. 物理ストレージの種類として、[NFS] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [名前] ページでは、作成するストレージリポジトリの名前を入力します。デフォルトでは、選択したオプションに基づいて説明が自動生成されます。独自の説明を作成するには、[SR設定から説明を自動生成する] チェックボックスをオフにして、[説明] ボックスに説明を入力します。 [次へ] をクリックして続行します。
  4. [場所] ページでは、NFSストレージターゲットの詳細を指定します。
    • 共有名:サーバーのIPアドレスまたはDNS名とパスです。server:/path 形式で共有名を入力します。ここで、serverはサーバーのDNS名またはIPアドレスで、pathはストレージリポジトリを含めるためのディレクトリです。指定したパスがプール内のすべてのサーバーにエクスポートされるようにNFSサーバーを設定する必要があります。
    • 高度なオプション:追加の設定オプションをここに入力できます。
    • NFSのバージョン:ストレージリポジトリによって使用されるNFSバージョンを選択します。 注: 基礎となるストレージアレイがNFSv4をサポートしない場合、共有のマウントにはNFSv3が使用されます。
  5. 指定した場所に既存のNFSストレージリポジトリがあるかどうかスキャンするには、[スキャン] をクリックします。
  6. [新規ストレージリポジトリウィザード]ウィザードでは、未接続の既存のストレージリポジトリが一覧表示されます。これを新しいストレージリポジトリとして接続できます。[既存のSRを再接続する] をクリックしてボックスの一覧からストレージリポジトリを選択し、[完了] をクリックします。
  7. 既存のストレージリポジトリが見つからない場合は、[完了] をクリックして新しいストレージリポジトリの設定を完了し、ウィザードを閉じます。

NFSストレージ