仮想マシンのリカバリモード

準仮想化したLinux仮想マシンに深刻な問題が発生した場合、リカバリモードでの起動を試行できます。これにより仮想マシンが一時的にHVMモードに切り替わり、CDドライブが最初の起動元に設定されます。これにより、リソースCDまたはレスキューPXEを起動して問題の原因を調査できます。

仮想マシンをリカバリモードで起動するには、以下の手順に従います。

  • リソースペインで仮想マシンを選択します。
  • [VM] メニューで、[起動/シャットダウン]>[リカバリモードで起動] の順にクリックします。

    注: オペレーティングシステムに付属しているレスキューCDから仮想マシンを起動し、レスキューCDを使用して仮想マシンを復元します。

HVMモードと準仮想化モードについて詳しくは、「仮想マシンとテンプレートについて」を参照してください。

仮想マシンのリカバリモード

In this article