サーバーのアップグレード

Citrix Hypervisorの [プールのローリングアップグレード] ウィザードを使用すると、スタンドアロンサーバーおよびリソースプール内の各サーバーを新しいバージョンにアップグレードできます。

注:

プールのローリングアップグレードは、Citrix Hypervisor Premium Editionのユーザー、またはCitrix Virtual Apps and Desktops権限によりCitrix Hypervisorにアクセスするユーザーが使用できます。詳しくは、「Citrix Hypervisorのライセンスについて」を参照してください。

[プールのローリングアップグレード]ウィザードでは、アップグレードパスが自動的に構成され、アップグレード手順が順番に表示されます。[プールのローリングアップグレード]ウィザードでは、複数のサーバーとプールを同時にアップグレードできます。リソースプールでは、プールマスターが最初にアップグレードされ、ほかのサーバーが順番にアップグレードされます。アップグレードの前に、ウィザードにより事前チェックが実行されます。これにより、高可用性やワークロードバランスなどのプールレベルの機能が一時的に無効になっています。ウィザードでは、プール内の各ホストでアップグレードの準備ができていることも確認されます。ローリングアップグレードでは、プール内のサーバーが1台ずつオフラインになり、アップグレードがインストールされます。そのサーバー上で実行中の仮想マシンは、自動的にほかのサーバー上に移行されます。

このウィザードでは、アップグレードモードとして手動または自動モードを選択できます。

  • 手動モードでは、各サーバー上でCitrix Hypervisorインストーラーを順次手作業で実行して、サーバーのシリアルコンソールに表示されるメッセージに従ってアップグレードします。アップグレードが開始されると、アップグレード対象の各ホストについて、Citrix Hypervisorインストールメディアの挿入またはPXEブートサーバーの指定を確認するメッセージがXenCenterに表示されます。
  • 自動モードでは、HTTP、NFS、またはFTPサーバー上のインストールファイルにより、プール内のすべてのサーバーが自動的にアップグレードされます。このモードでは、インストールメディアを挿入したり、サーバーを再起動したり、各サーバーのシリアルコンソールに表示されるメッセージに従って操作したりする必要はありません。この方法では、Citrix Hypervisorインストールメディアの内容をHTTP、NFS、またはFTPサーバー上にコピーします。

[プールのローリングアップグレード] ウィザードでは、スタンドアロンサーバー(リソースプールに属していないサーバー)をアップグレードすることもできます。

重要:アップグレードを行う前に

リソースプールのサーバーのアップグレードは、慎重に計画する必要があります。以下の点に注意してください:

  • XenCenterの最新バージョンをダウンロードしてインストールします。たとえば、ホストをCitrix Hypervisor 8.1にアップグレードする場合は、Citrix Hypervisor 8.1と動作するXenCenterを使用する必要があります。以前のバージョンのXenCenterを使用した新しいバージョンのCitrix Hypervisorへのアップグレードはサポートされていません。
  • アップグレード対象のサーバー上で実行されている仮想マシンは、同じまたはより新しいバージョンのCitrix Hypervisorが動作するサーバーにのみ移行可能です。アップグレード済みのホストから、アップグレード前のCitrix Hypervisorを実行しているホストに仮想マシンを移行することはできません。仮想マシンを移行するための容量がサーバーにあることを確認してください。
  • シトリックスでは、混在モード(Citrix Hypervisorの複数のバージョンが共存する状態)のプールを必要以上に継続運用することは極力避けるよう、強くお勧めします。この場合、ローリングアップグレード中のプールは、パフォーマンスが低下します。
  • アップグレードの間、一部の制御機能は使用できなくなります。仮想マシンは通常どおり動作を続けますが、移行を除く主な仮想マシン操作(シャットダウン、コピー、エクスポートなど)を実行することは避けてください。特に、仮想ディスクの追加、削除、またはサイズ変更などのストレージ関連の操作を行うと、予期せぬ問題が発生することがあります。
  • ウィザードでは、プールマスターが最初にアップグレードされます。アップグレード時に、XenCenterでプールマスターを保守モードに切り替えないでください。プールマスターが保守モードになると、新しいプールマスターが選出されてしまいます。
  • xe CLIコマンドpool-dump-databaseを使用して、アップグレード前のプールをバックアップしておくことを強くお勧めします。詳しくは、「コマンドラインインターフェイス」を参照してください。バックアップにより、仮想マシンデータを失うことなく、ローリングアップグレードを中断して元の状態に戻すことも可能になります。アップグレード済みのサーバーからアップグレード前のサーバーに仮想マシンを移行することはできないため、何らかの理由でローリングアップグレードを元に戻す必要が生じた場合、仮想マシンのシャットダウンが必要になることがあります。
  • 各サーバーで、アップグレードに必要なメモリが使用可能であることを確認してください。アップグレードの間、不要な仮想マシンをすべて一時停止状態にしておくことをお勧めします。
  • [プールのローリングアップグレード] ウィザードでは、アップグレード前に以下の項目が完了しているかがチェックされますが、自分で確認することもできます:

[プールのローリングアップグレード] ウィザードでCitrix Hypervisorをアップグレードするには

  1. プールのローリングアップグレードウィザードを開きます。これを行うには、[ツール] メニューの [プールのローリングアップグレード] を選択します。
  2. [はじめに]ページの注意事項を確認して、[次へ] を選択します。
  3. アップグレードするリソースプールまたはスタンドアロンサーバーを選択して、[次へ] を選択します。
  4. [アップグレードモード] を選択します。

    • 既存のHTTP、NFS、またはFTPサーバー上のインストールファイルを使った自動アップグレードを行う場合は、[自動モード] を選択します。手動モードでは、ネットワーク上のインストールファイルの場所、ユーザー名、およびパスワードを指定して次の手順に進みます。
    • CD/DVDドライブのインストールメディアまたはPXEブートサーバーを使った手動アップグレードを行う場合は、[手動モード] を選択します。手動モードでは、各サーバー上でCitrix Hypervisorインストーラーを順次実行して、サーバーのシリアルコンソールに表示されるメッセージに従ってアップグレードします。アップグレードが開始されると、アップグレード対象の各ホストについて、Citrix Hypervisorインストールメディアの挿入またはPXEブートサーバーの指定を確認するメッセージがXenCenterに表示されます。
  5. [アップグレードオプション] ページで、サーバーを新しいバージョンにアップグレードした後に、XenCenterで自動的に最小限のアップデートをダウンロードしてインストールするかを選択します。アップデートを適用するオプションは、デフォルトで選択されています。ただし、アップデートをダウンロードしてインストールするには、インターネット接続が必要です。

    また、XenCenterでダウンロード済みのアップデートまたはサプリメンタルパックをインストールできるようにするには、[ディスクからアップデートまたはサプリメンタルパックをインストール] を選択します。[参照] を選択し、ファイルを選択します。アップグレード後のCitrix Hypervisorのバージョンと互換性のないファイルを選択すると、インストールは失敗します。

  6. アップグレードオプションを選択した後、[事前チェックの実行] を選択します。

  7. アップグレード事前チェックにより問題が見つかった場合は、画面上に表示される解決処置に従ってください。XenCenterによる問題の自動解決を試行するには、[すべて解決] を選択します。事前チェックで見つかった問題が解決したら、[アップグレードの開始] を選択してアップグレードを開始します。

アップグレードを開始すると、各サーバーのアップグレードに必要な手順がウィザードに表示されます。この手順に従って、プールのすべてのサーバーをアップグレードおよびアップデートします。

注:

何らかの理由でアップグレードプロセスが失敗した場合、[プールのローリングアップグレード]ウィザードはプロセスを停止します。この停止によって、[再試行] ボタンをクリックして問題を修正し、アップグレードプロセスを再開できます。

アップグレードが完了すると、[プールのローリングアップグレード]ウィザードにその結果が表示されます。[完了] を選択してウィザードを終了します。