vAppの変更

vAppの名前または説明を変更したり、vAppで仮想マシンを追加または削除したり、vAppで仮想マシンの起動シーケンスを変更するには、[vAppsの管理]ダイアログボックスを使用します。

  1. リソースペインでプールを選択して、[プール] メニューの [vAppの管理] を選択します。

    また、リソースペインで右クリックして、[vAppの管理] を選択することもできます。

  2. vAppを選択し、プロパティの編集アイコン。 中に線がある灰色の四角形。 [プロパティ] をクリックして [プロパティ] ダイアログボックスを開きます。
  3. [全般] ページでは、vAppの名前および説明を変更します。
  4. [仮想マシン] ページでは、vAppの仮想マシンを追加したり削除したりします。
  5. [VM起動シーケンス] ページでは、vAppの各仮想マシンに設定されている起動順序および起動間隔を変更します。
    • 起動順序:vAppに追加した仮想マシンの起動順序を指定します。起動順序として0を指定すると、その仮想マシンが最初に起動します。次に1を指定した仮想マシンが起動し、2、3と続きます。
    • 次のVM起動までの間隔:起動順序の値でグループ化される仮想マシンの起動間隔を指定します。たとえば、15秒を設定した場合、起動順序0の仮想マシンが起動した後、15秒後に起動順序1の仮想マシンが起動します。

    仮想マシンのシャットダウン順序は、起動順序とは逆になります。

  6. [OK] をクリックして変更を保存し、[プロパティ] ダイアログボックスを閉じます。

vAppの変更

In this article