vAppの起動とシャットダウン

vAppを起動したりシャットダウンしたりするには、[プール] メニューから開く [vAppの管理] ダイアログボックスを使用します。

vAppを起動すると、そのvAppに含まれているすべての仮想マシンが特定の順番で起動します。このとき、各仮想マシンに設定されている起動順序および起動間隔が適用されます。これらの値は、vAppを作成するときに設定できます。また、vAppの[プロパティ]ダイアログボックスや、個々の 仮想マシンの[プロパティ]ダイアログボックスで設定できます。

仮想マシンのシャットダウン順序は、起動順序とは逆になります。

vAppを起動するには

  1. [vAppの管理] ダイアログボックスを開きます。これを行うには、リソースペインでプールを選択して、[プール] メニューの [vAppの管理] を選択します。

    また、リソースペインで右クリックして、[vAppの管理] を選択することもできます。

  2. vAppを選択し、電源投入アイコン。 緑の円の上に白い電源アイコンが重ねて表示されます。 [起動] をクリックします。これにより、そのvAppに含まれているすべての仮想マシンが起動します。

vAppをシャットダウンするには

  1. [vAppの管理] ダイアログボックスを開きます。これを行うには、リソースペインでプールを選択して、[プール] メニューの [vAppの管理] を選択します。

    また、リソースペインで右クリックして、[vAppの管理] を選択することもできます。

  2. 一覧でvAppを選択し、シャットダウンアイコン。 赤い円の上に白い電源アイコンが重ねて表示されます。 [シャットダウン] をクリックします。これにより、そのvAppに含まれているすべての仮想マシンがシャットダウンします。この場合、まずソフトシャットダウンが試行され、これが不可能な場合は強制シャットダウンが実行されます。仮想マシンのソフトシャットダウンおよび強制シャットダウンについては、「仮想マシンのシャットダウン」を参照してください。

vAppの起動とシャットダウン

In this article