コンテナの管理

XenServerには、XenServerでのDockerコンテナの展開を拡張する2つの新機能があります。

  • CoreOS Linux仮想マシンのサポートとクラウド構成ドライブの構成
  • CoreOS、Debian 8、Ubuntu 14.04、およびRHEL/CentOS/Oracle Linux 7のコンテナ管理
  • Windows Server 2016上のWindows Serverコンテナのコンテナ管理

CoreOSはミニマリズムLinuxディストリビューションで、Dockerアプリケーションをホストするため人気となりました。CoreOSのクラウド構成ドライブにより、さまざまなオペレーティングシステム構成オプションのカスタマイズが可能となります。仮想マシンでコンテナ管理が有効な場合、XenServerは仮想マシンで実行されている任意のDockerコンテナを認識します。

XenServerダウンロード ページから入手できるContainer Management Supplemental PackをインストールしてXenServerで次のことを実行できるようにします。

  • 仮想マシンをクエリしてクラウド構成ドライブと相互通信
  • 各仮想マシンで実行中のアプリケーションコンテナを検出して、XenCenterのインフラストラクチャビュー内に表示

XenCenterはコンテナとの相互通信を有効にし、コンテナコンソールへのアクセス、ログの表示、その他のパフォーマンス監視および診断機能などのコンテナライフサイクル操作を許可します。ただし、XenCenterを使用してコンテナを管理するには、「ネットワーク要件」セクションの要件を満たす必要があります。

ネットワーク要件

コンテナ管理を機能させるには、XenServerコントロールドメイン(dom0)から管理されている仮想マシンに到達できる必要があります。ゲストオペレーティングシステムに応じて、ネットワーキングトポロジおよびファイアウォールは、dom0(XenServer管理インターフェイス)からコンテナ管理仮想マシン(仮想マシンネットワーク)へのアウトバウンドSSH(TCPポート22)接続またはDocker TLS(TCPポート2376)接続を許可する必要があります。

重要: コンテナ管理ネットワーク要件およびセキュリティについて詳しくは、「コンテナ管理」を参照してください。

XenCenterを使ってDockerコンテナを管理するには(CoreOS仮想マシンのみ)

  1. XenServer 7.0以降をホストにインストールまたはアップグレードします。
  2. XenServer 7.0以降と共に出荷されたXenCenterのビルドをインストールします。
  3. Container Management Supplemental Packをインストールします。
  4. CoreOS仮想マシンを作成し、仮想マシンの構成ドライブを含めます。構成ドライブについて詳しくは、「クラウド構成パラメーター」を参照してください。
  5. 仮想マシンに対するコンテナ管理を有効にします。この設定は仮想マシンの [プロパティ] タブで更新できます。詳しくは、「仮想マシンプロパティの変更」を参照してください。

Ubuntu 14.04、Debian 8、RHEL/CentOS/Oracle Linux 7、Windows Server 2016仮想マシンを使ってDockerコンテナを管理する場合は、最初にCLIを使ってコンテナ管理を有効にする必要があります。仮想マシンでコンテナ管理が有効になったら、XenCenterを使ってコンテナの開始、停止、一時停止、および再開などのライフサイクル操作を実行します。

コンテナ管理のためのUbuntu 14.04、Debian 8、RHEL/CentOS/Oracle Linux 7、Windows Server 2016仮想マシンの構成について詳しくは、「コンテナ管理」を参照してください。

Dockerコンテナコンソールとログにアクセスするには

Linux仮想マシンの場合、XenCenterではユーザーがDockerコンテナで実行されているアプリケーションを管理し、監視するためにコンテナコンソールにアクセスし、ログを表示することができます。コンテナコンソールとログにアクセスするには、以下の手順に従います。

  1. リソースペインでコンテナを選択します。
  2. [コンテナの全般プロパティ][コンソールの表示] をクリックし、コンテナコンソールを開きます。コンソールログを表示するには、[ログの表示] をクリックします。

    これにより、XenCenterを実行しているマシンでSSHクライアントが開きます。

  3. 確認メッセージが表示されたら、仮想マシンのユーザー名とパスワードを使用してSSHクライアントにログインします。

    注: 公開/秘密SSHキーを構成することで、認証プロセスを自動化できます。詳しくは、「認証プロセスの自動化」セクションを参照してください。

認証プロセスの自動化(オプション)

コンテナコンソールとログにアクセスする場合、仮想マシンのログイン資格情報を入力してSSH接続を認証する必要があります。ただし、この認証プロセスを自動化して、手動による資格情報の入力を省略できます。自動認証プロセスを構成するには、以下の手順に従います。

  1. 公開/秘密キーのペアを生成します。
  2. コンテナを実行している仮想マシンのユーザーディレクトリに公開SSHキーを追加します。

    たとえば、CoreOS仮想マシンで実行されているコンテナの場合、XenCenterの仮想マシンの [全般] タブの [クラウド構成パラメーター] に公開キーを追加する必要があります。詳しくは、「クラウド構成パラメーター」を参照してください。Ubuntu 14.04、RHEL/CentOS/Oracle Linux 7、およびDebian 8の場合、~/.ssh/authorized_keys に公開キーを手動で追加する必要があります。

  3. XenCenterを実行しているマシンの %userprofile% ディレクトリに秘密SSHキーを追加し、キーの名前を ContainerManagement.ppk に変更します。

コンテナの管理

In this article