XenCenter

Open Virtualization Format(OVFとOVA)

OVFは、Distributed Management Task Force(DMTF)により策定された、いくつかの仮想マシンで構成される仮想アプライアンスをパッケージ化および配布するためのオープンスタンダードです。

OVFパッケージには、仮想マシンを定義するファイルエレメントとメタデータ、およびそのパッケージ内のアプリケーションの配備および動作に必要な追加情報が含まれています。ファイル拡張子は.ovfです。

OVA(Open Virtual Appliance) は単一のファイルアーカイブにまとめられたOVFパッケージで、拡張子は.ovaです。

役割ベースのアクセス制御(RBAC)が実装されたCitrix Hypervisor環境では、プール管理者の役割を持つユーザーだけがOVFおよびOVAパッケージをインポートできます。RBACの役割について詳しくは、「RBACの概要」を参照してください。

OVFパッケージとは

OVFパッケージには、常に記述子ファイル(*.ovf)が含まれます。そのほかにも、以下のファイルが含まれる場合があります。

ファイルタイプ 説明
記述子 記述子は、サービスの仮想ハードウェア要件を指定します。この記述子には、仮想ディスクの説明、サービス自体、ゲストOS、EULA、アプライアンスVMの起動と停止の指示、サービスのインストールの指示などの情報も含めることができます。記述子ファイルの拡張子は、.ovfです。
マニフェスト パッケージに含まれる各ファイルのSHA-1ダイジェスト値で、パッケージの破損を検出します。マニフェストファイルの拡張子は、.mfです。
署名 署名は、パッケージに含まれるX.509証明書からの公開鍵で署名されたマニフェストのダイジェストです。パッケージの作成者を確認できます。署名ファイルの拡張子は、.certです。
仮想ディスク OVFは、ディスクイメージの形式についての仕様ではありません。AOVFパッケージには仮想ディスクを構成するファイルが含まれますが、その形式は仮想ディスクをエクスポートした仮想化製品により異なります。Citrix Hypervisorで作成するOVFパッケージでは、Dynamic VHD形式のディスクイメージが使用されます。VMware製品やVirtual BoxのOVFパッケージでは、ストリーム最適化のVMDK形式が使用されます。

OVAパッケージは、OVFパッケージを構成するファイルを含んだ単一のTAR(Tape Archive)形式のアーカイブファイルです。

どの形式を使用しますか?

OVFパッケージに含まれる一連のファイルは圧縮されていないため、ファイル内の個々のディスクイメージにアクセスするユーザーにとっては便利な形式です。OVAパッケージは1つの大きなファイルです。このファイルを圧縮することもできますが、OVFパッケージのように柔軟に個々のファイルにアクセスすることはできません。

Webサイトからのダウンロードで配布する場合など、単一ファイルのパッケージを作成するにはOVA形式を使用します。OVAパッケージのインポートおよびエクスポートには、OVFパッケージよりも時間がかかります。

オペレーティングシステムの修復機能の使用

OVF形式のパッケージでは、異なるハイパーバイザー間での仮想マシンの互換性が保証されません。異なるハイパーバイザー上で作成されたOVFパッケージをインポートしても、そのままでは正しく動作しない場合があります。インポートした仮想マシンが正しく動作しない原因として、OVF仕様の解釈、ゲストオペレーティングシステムデバイス、ハイパーバイザー固有のドライバーなど、さまざまな理由が考えられます。

XenCenterのオペレーティングシステムの修復機能では、Citrix HypervisorサーバーにインポートしたOVFパッケージの基本レベルの相互運用性を確保できます。Citrix Hypervisorサーバー以外のハイパーバイザー上で作成された仮想マシンをインポートする場合は、正しく起動するように、オペレーティングシステムの修復機能を使用します。

オペレーティングシステムの修復機能について詳しくは、「仮想マシンのインポートとエクスポートについて」を参照してください。

OVFに関するそのほかの情報

OVFについて詳しくは、DMTFのWebサイトで以下のドキュメントを参照してください:

OVFの仕様

Open Virtualization Format(OVFとOVA)