OVF/OVAからのインポート

OVF/OVAファイルとして保存されている仮想マシンをXenServer環境にインポートするには、XenCenterの [インポート] ウィザードを使用します。XenCenterで仮想マシンを作成するときに必要な手順の多くが、このウィザードでも表示されます。つまり、ホームサーバーを指定したり、ストレージやネットワークを設定したりするための手順が表示されます。また、インポートに特有なものとして、以下の手順が表示されます。

  • OVFパッケージに証明書やマニフェストが含まれている場合に、セキュリティ設定を指定する。
  • 「仮想マシンのインポートとエクスポートについて 」のネットワークを構成する。
  • XenServer以外のハイパーバイザーで作成された仮想マシンをインポートする場合に、オペレーティングシステムの修復機能 を設定する。

新規仮想マシンを作成するときの手順については、「新規仮想マシンの作成」を参照してください。

XenCenterでインポートしたOVFパッケージは、vAppとして表示されます。インポートが完了すると、XenCenterのリソースペインに新しい仮想マシンが追加され、[vAppの管理] ダイアログボックスにvAppが追加されます。

前提条件

  • OVF/OVAパッケージをインポートするには、プール管理者の役割が必要です。このため、[インポート]ウィザードを開始したときに、インポート先リソースプールに対するプール管理者の役割があるかどうかがチェックされます。RBACの役割について詳しくは、「役割ベースのアクセス制御(RBAC)の概要」を参照してください。
  • 圧縮されたOVFパッケージをインストールする場合、XenServerホスト上に圧縮ファイルを展開するためのディスク領域が必要です。

OVFパッケージをインポートするには

  1. [インポート] ウィザードを開きます。これを行うには、[ファイル] メニューの [インポート] を選択します。
  2. ウィザードの最初のページで、インポートするパッケージ(拡張子 .ovf 、.ova 、または .ova.gz のファイル)を選択し、[次へ] をクリックします。
    • 圧縮されたOVAファイル(拡張子 *.ova.gz )を選択した場合、[次へ] をクリックするとOVAファイルとして展開され、元の *.ova.gz ファイルは削除されます。
    • [ファイル名] ボックスにURL(http、https、file、ftp)を入力した場合は、[次へ] をクリックすると [パッケージのダウンロード] ダイアログボックスが開きます。ここでは、パッケージのダウンロード先となるXenCenterホスト上のフォルダーを指定します。
  3. EULAの内容を確認して、同意します。

    インポートするパッケージにライセンス契約書(EULA)が含まれている場合は、内容を確認して同意し、[次へ] をクリックします。パッケージにEULAが含まれていない場合、この手順は不要です。

  4. 仮想マシンのインポート先を指定して、ホームサーバーを指定します。 [場所]ページの[VMのインポート先]ボックスの一覧で、新しい仮想マシンのインポート先プールまたはスタンドアロンサーバーを選択し、必要に応じてホームサーバーを指定します。
    • ホームサーバーを指定するには、[ホームサーバー] 列でサーバーを選択します。ホームサーバーとは、XenServerにおける仮想マシンのデフォルトの起動サーバーを指します。新規仮想マシンにホームサーバーを指定する方法について詳しくは、「ホームサーバー」を参照してください。
    • ホームサーバーを指定しない場合は、[ホームサーバー] 列で [ホームサーバーを割り当てない] を選択します。

      [次へ] をクリックして続行します。

  5. インポートする仮想マシンのストレージを設定します。 [ストレージ] ページでは、インポートする仮想マシンのディスクイメージの格納先となるストレージリポジトリを選択して [次へ] をクリックします。
    • インポートするすべてのディスクイメージを同じストレージリポジトリ上に配置する場合は、[インポートするすべての仮想ディスクをこのSRに配置する] をクリックして、一覧からストレージリポジトリを選択します。
    • インポートするディスクイメージをいくつかのストレージリポジトリ上に分けて配置する場合は、[インポートする各仮想ディスクを以下のSRに配置する] をクリックして、一覧の [SR] 列で配置するストレージリポジトリを選択します。
  6. インポートする仮想マシンのネットワークを設定します。 [ネットワーク] ページでは、インポートする仮想マシンの仮想ネットワークインターフェイスを、インポート先プールのネットワークに割り当てます。このページの一覧に表示されるネットワークおよびMACアドレスは、エクスポートされた元の仮想マシンのファイル内に定義されています。仮想ネットワークインターフェイスをターゲットネットワークに割り当てるには、[マップするネットワーク] 列のドロップダウンリストでネットワークを選択します。

    [次へ] をクリックして続行します。

  7. セキュリティ設定を指定します。 インポートするOVF/OVAパッケージに証明書やマニフェストなどのセキュリティが設定されている場合は、[セキュリティ]ページで必要な情報を指定して[次へ]をクリックします。このページに表示されるオプションは、インポートするOVFパッケージに設定されているセキュリティ機能によって異なります。

    • 署名されたパッケージでは、[デジタル署名の検証] チェックボックスが表示されます。署名を検証するには、このチェックボックスをオンにします。[証明書の表示] をクリックすると、パッケージの署名に使用された証明書が表示されます。証明書を信頼できない場合、ルート証明書または証明書の発行機関がローカルコンピューターで信頼されていないことを示します。
    • マニフェストを含んでいるパッケージでは、[マニフェストの検証] チェックボックスが表示されます。パッケージに含まれているファイルの一覧を検証するには、このチェックボックスをオンにします。

    デジタル署名が追加されたパッケージで署名を検証すると、マニフェストも自動的に検証されます。このため、[セキュリティ] ページに [マニフェストの検証] チェックボックスは表示されません。

    重要: VMware Workstation 7.1で作成するOVFアプライアンスには、無効なSHA-1ハッシュを含んだマニフェストが追加されます。このため、このようなアプライアンスのインポート時にマニフェストの検証を行うと、インポートに失敗します。

  8. オペレーティングシステムの修復機能を有効にします。 XenServer以外のハイパーバイザーで作成された仮想マシンを含んでいるパッケージをインポートする場合は、[オペレーティングシステムの修復(Fixup)を使用する] チェックボックスをオンにして、XenServerで使用できるよう、Fixup ISOのコピー先となるISOストレージリポジトリを指定します。この機能について詳しくは、「オペレーティングシステムの修復」を参照してください。

    使用するISOライブラリが一覧に表示されない場合は、[新規ISOライブラリ] をクリックして新しいISOストレージリポジトリを作成できます。詳しくは、「ISOストレージ」を参照してください。

    [次へ] をクリックして続行します。

  9. 転送用の仮想マシンのネットワークを構成します。 [Transfer VMの設定] ページでは、Transfer VM(「仮想マシンのインポートとエクスポートについて」参照)のネットワークを設定して [次へ] をクリックします。
    • インポート先のプールまたはスタンドアロンサーバーのネットワークインターフェイスの一覧で、使用するネットワークを選択します。
    • ネットワーク設定(IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイなど)をDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)で自動的に割り当てる場合は、[ネットワーク設定をDHCPで自動取得する] をクリックします。
    • ネットワーク設定を手作業で割り当てる場合は、[以下のネットワーク設定を使用する] をクリックして、IPアドレス、サブネットマスク、およびゲートウェイを指定します。
  10. [完了] ページでは、選択した設定内容を確認し、[完了] をクリックしてインポートを実行し、ウィザードを閉じます。

    インポートの進行状況は、[XenCenter]ウィンドウの下部のステータスバーおよび [通知] ビューの [イベント] ページに表示されます。

    仮想ディスクのサイズ、ネットワーク帯域幅、およびXenCenterホストのディスクインターフェイスの性能によっては、インポートに時間がかかる場合があります。インポートが完了すると、インポートされた仮想マシンが リソース ペインに追加され、[ vAppの管理 ]ダイアログボックスにvAppが追加されます。

    注: XenCenterを使ってWindowsオペレーティングシステムがインストールされたOVFパッケージをインポートした後で、platform パラメータを設定する必要があります。設定する値は、OVFパッケージに含まれるWindowsのバージョンによって異なります。

    • Windows Server 2008以降のバージョンでは、platformパラメーターにdevice_id=0002を設定します。次に例を示します。

       xe vm-param-set uuid= platform:device\_id=0002
      
    • そのほかのバージョンのWindowsでは、platformパラメーターにviridian=trueを設定します。次に例を示します。

       xe vm-param-set uuid= platform:viridian=true
      

インポートした仮想マシンの起動時のエラー

OVFパッケージからインポートした仮想マシンが起動しない場合は、オペレーティングシステムの修復機能を無効にして再インポートしてください。これを行うには、[インポート] ウィザードの [OSの修復設定] ページで、[オペレーティングシステムの修復(Fixup)を使用する] チェックボックスをオフにします(この機能について詳しくは、「仮想マシンのインポートとエクスポートについて」を参照してください。

OVF/OVAからのインポート