XenCenter

ディスクイメージのインポート

XenCenterの [インポート] ウィザードを使用すると、ディスクイメージをリソースプールや特定のサーバー上に仮想マシンとしてインポートできます。XenCenterで仮想マシンを作成するときに必要な手順の多くが、このウィザードでも表示されます。つまり、ホームサーバーを指定したり、ストレージやネットワークを設定したりするための手順が表示されます。また、インポートに特有なものとして、以下の手順が表示されます:

  • 新規仮想マシンのネットワークを構成する。
  • Citrix Hypervisor以外のハイパーバイザーで作成されたディスクイメージをインポートする場合の設定を行う
  • 新規仮想マシンの起動モードを選択する。

詳しくは、「仮想マシンのインポートとエクスポート」を参照してください。

ディスクイメージをインポートするときの要件

ディスクイメージをインポートするには、プール管理者の役割が必要です。このため、[エクスポート] ウィザードを開始したときに、インポート先リソースプールに対するプール管理者の役割があるかどうかがチェックされます。詳しくは、「RBACの概要」を参照してください。

手順

  1. [インポート] ウィザードを開きます。これを行うには、[ファイル] メニューの [インポート] を選択します。
  2. ウィザードの最初のページで、インポートするディスクイメージファイルを選択して [次へ] をクリックします。

    [ファイル名] ボックスにURL(HTTP、HTTPS、file、FTP)を入力した場合は、[次へ] をクリックすると [パッケージのダウンロード] ダイアログが開きます。このダイアログで、ディスクイメージのダウンロード先となるXenCenterホスト上のフォルダーを指定します。

  3. 仮想マシン名を指定し、CPUリソースとメモリリソースを割り当てます。

    [VM定義] ページでは、インポートするディスクイメージから作成される新しい仮想マシンの名前と、割り当てるCPUの数とメモリの量を指定します。詳しくは、「仮想マシンのCPUとメモリの設定」を参照してください。

    [次へ] をクリックして続行します。

  4. 仮想マシンのインポート先およびホームサーバーを指定します。

    [場所] ページでは、新しい仮想マシンのインポート先および必要に応じてホームサーバーを指定して [次へ] をクリックします。

    • [VMのインポート先]**ボックスの一覧で、プールまたはスタンドアロンサーバーを選択します。
    • ホームサーバーを指定するには、[ホームサーバー] 列でサーバーを選択します。ホームサーバーとは、Citrix Hypervisorにおける仮想マシンのデフォルトの起動サーバーを指します。新規仮想マシンにホームサーバーを指定する方法について詳しくは、「ホームサーバー」を参照してください。
    • ホームサーバーを指定しない場合は、[ホームサーバー] 列で [ホームサーバーを割り当てない] を選択します。
  5. 新しい仮想マシンのストレージを構成します。

    [ストレージ] ページでは、インポートする仮想ディスクの格納先となるストレージリポジトリを選択して [次へ] をクリックします。

  6. 新規仮想マシンのネットワークを設定します。

    [ネットワーク] ページでは、インポート先のプールまたはスタンドアロンサーバーのネットワークを選択して、新規仮想マシンの仮想ネットワークインターフェイスに割り当てます。

    [次へ] をクリックして続行します。

  7. 起動オプションを指定します。

    [起動オプション] ページでは、新規仮想マシンの起動モードを指定します。従来のBIOSモードで仮想マシンを起動するには、[BIOSブート] を選択します。

    Citrix Hypervisorでは、新しく作成されたWindows 10(64ビット)、Windows Server 2016(64ビット)、およびWindows Server 2019(64ビット)の仮想マシンではUEFIブートのみをサポートします。ゲストUEFIブートは試験段階の機能です。UEFI対応の仮想マシンは、実稼働環境のホスト上で作成できます。ただし、UEFI対応の仮想マシンは実稼働環境で使用しないでください。ホストをCitrix Hypervisorの新しいバージョンにアップグレードするときに、仮想マシンの再作成が必要になる場合があります。

    ゲストUEFIブートについて詳しくは、「新機能」を参照してください。

    UEFIモードで仮想マシンを起動するには、[UEFIブート] を選択します。

  8. オペレーティングシステムの修復機能を有効にします。

    Citrix Hypervisor以外のハイパーバイザーで作成されたディスクイメージをインポートする場合は、[オペレーティングシステムの修復(Fixup)を使用する] チェックボックスをオンにします。Citrix Hypervisorで使用できるようにFixup ISOのコピー先となるISOストレージリポジトリを指定します。詳しくは、「仮想マシンのインポートとエクスポートについて」を参照してください。

  9. (XenCenter 8.2.2以前)Transfer VMネットワークを構成します。

    古いバージョンのXenCenterは、一時的なVMを使用してディスクイメージのコンテンツを転送します。XenCenterの最新バージョンでは、一時的なVMは使用されないため、この手順は必要ありません。

    [Transfer VMの設定] ページでは、Transfer VMのネットワークを設定して [次へ] をクリックします。

    • インポート先のプールまたはスタンドアロンサーバーのネットワークインターフェイスの一覧で、使用するネットワークを選択します。
    • ネットワーク設定(IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイなど)をDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)で自動的に割り当てる場合は、[ネットワーク設定をDHCPで自動取得する] をクリックします。
    • ネットワーク設定を手作業で割り当てる場合は、[以下のネットワーク設定を使用する] をクリックして、IPアドレス、サブネットマスク、およびゲートウェイを指定します。
  • [完了] ページで、すべてのインポート設定を確認します。[完了] をクリックしてインポートを実行し、ウィザードを閉じます。

    インポートの進行状況は、[XenCenter]ウィンドウの下部のステータスバーおよび [通知] ビューの [イベント] ページに表示されます。

    このインポートには時間がかかる場合があります。この時間は、インポート済み仮想マシンの仮想ディスクのサイズ、ネットワーク帯域幅、およびXenCenterホストのディスクインターフェイスの性能により異なります。インポートが完了すると、リソースペインに新しい仮想マシンが追加されます。

    注:

    XenCenterを使ってWindowsオペレーティングシステムがインストールされたディスクイメージをインポートした後で、platformパラメータを設定する必要があります。これは、ディスクイメージに含まれるWindowsのバージョンによって異なります:

    • Windows Server 2012以降のバージョンでは、platformパラメーターにdevice_id=0002を設定します。たとえば、次のようになります:

      xe vm-param-set uuid=<VM UUID> platform:device_id=0002
      <!--NeedCopy-->
      
    • そのほかのバージョンのWindowsでは、platformパラメーターにviridian=trueを設定します。たとえば、次のようになります:

      xe vm-param-set uuid=<VM UUID> platform:viridian=true
      <!--NeedCopy-->
      
ディスクイメージのインポート