オペレーティングシステムのインストールメディア

[新規VM] ウィザードの [インストールメディア] ページに表示されるオプションは、このウィザードの最初のページで選択したオペレーティングシステムやテンプレートにより異なります。

オペレーティングシステムのインストールメディアオプション

インストール元ISOライブラリまたはDVDドライブ

テンプレート:Windows and Linux PV and HVM guests

[インストール元ISOライブラリまたはDVDドライブ] をクリックして、一覧から使用するISOイメージまたはDVDドライブを選択します。

インストールするISOイメージが一覧に表示されない場合は、[新規ISOライブラリ] をクリックします。[新規ストレージリポジトリ] ウィザードが起動し、ISOストレージリポジトリを作成できます。作成されたISOストレージリポジトリは、ISOライブラリの一覧から選択できるようになります。

一覧にISOイメージが表示されない場合は、サーバーからアクセス可能なNFSまたはSMB/CIFS共有を作成し、そこにISOイメージを配置しておく必要があります。

ネットワークから起動する

テンプレート:Windows and Linux HVM guests

HVMゲストや Other install media テンプレートでネットワークPXEブートを使用する場合は、このオプションを選択します。

このオプションを選択すると、新しい仮想マシンの起動順序の最上位に[ネットワーク]が設定されます。

インストール元URL

テンプレート:Linux PV guests

CentOS、SUSE Linux Enterprise Server、およびRed Hat Linuxオペレーティングシステムは、ネットワークリポジトリからインストールできます。[インストール元URL] をクリックして、URLを入力します。URLには、以下の形式でサーバーのIPアドレスとリポジトリのパスが含まれている必要があります。

nfs://server/path
ftp://server/path
http://server/path

たとえば、「nfs://10.10.32.10/SLES10」のように入力します。ここで、10.10.32.10はNFSサーバーのIPアドレスで、/SLES10 はインストールリポジトリの場所です。

必要な場合は、オペレーティングシステムの起動パラメーターを指定できます。

起動モード

仮想マシンの起動モードを選択します。仮想マシンの作成時に起動モードを指定する必要があります。仮想マシンを初めて起動した後で起動モードを変更することはできません。

従来のBIOSモードで仮想マシンを起動するには、[BIOSブート] を選択します。

Citrix Hypervisorでは、新しく作成されたWindows 10(64ビット)、Windows Server 2016(64ビット)、およびWindows Server 2019(64ビット)の仮想マシンではUEFIブートのみをサポートします。ゲストUEFIブートは試験段階の機能です。UEFI対応の仮想マシンは、実稼働環境のホスト上で作成できます。ただし、UEFI対応の仮想マシンは実稼働環境で使用しないでください。ホストをCitrix Hypervisorの新しいバージョンにアップグレードするときに、仮想マシンの再作成が必要になる場合があります。

ゲストUEFIブートについて詳しくは、「新機能」を参照してください。

UEFIモードで仮想マシンを起動するには、[UEFIブート] を選択します。