XenCenter

GPU

XenCenterでは、仮想マシンを作成する間に専用グラフィック処理装置(GPU)または仮想GPUを新しい仮想マシンに割り当てることができます。この機能により、GPUの処理能力を仮想マシンで利用できるため、高度な3Dグラフィックアプリケーションのサポートが向上します。これには、CAD/CAM、GIS、および医療用イメージングアプリケーションなどが含まれます。

詳しくは、「グラフィックの構成」を参照してください。

Citrix Hypervisorでは、Intelの仮想GPU:追加のハードウェアを必要としないグラフィックアクセラレーションソリューションがサポートされ、一部のプロセッサに埋め込まれたIntel Iris Pro機能、および仮想マシン内にインストールされている標準のIntel GPUドライバーが使用されます。GPU機能を使用できるチップセットがマザーボードに備わっている必要があります(Xeon E3 v4 CPUの場合はC226、Xeon v5 CPUの場合はC236など)。サポートされるプロセッサについて詳しくは、Citrix Hypervisorハードウェア互換性リストを参照してください。

次の表は、ゲスト用にサポートされているGPU、共有GPU、複数vGPUの一覧です:

注:

Citrix Hypervisor 8.0以前のリリースでは、仮想マシンに追加できるvGPUは1つのみです。Citrix Hypervisor 8.1以降は、NVIDIA GPUがこの機能をサポートし、vGPUが同じタイプである場合、複数のvGPUを仮想マシンに追加できます。

  Windows仮想マシンのGPU HVM Linux仮想マシンのGPU Windows仮想マシンの共有GPU Linux仮想マシンの仮想GPU Windows仮想マシンの複数vGPU Linux仮想マシンの複数vGPU
AMD はい   はい      
Intel はい   はい      
NVIDIA はい はい はい はい はい はい

使用するグラフィックカードによっては、ベンダーのサブスクリプションまたはライセンスが必要な場合があります。

[追加] をクリックすると、[GPUの種類]の一覧には、使用可能なGPU、サポートされる仮想GPUの種類、解像度、および各仮想GPUで許可される最大ディスプレイ数が表示されます。一覧からGPUまたは仮想GPUの種類を選択して、仮想マシンにGPUまたは仮想GPUを追加します。

また、仮想GPU機能を使用している場合は、[GPU全体のパススルー] を選択して仮想マシンでGPUのすべての処理能力を使用できるようにします。GPUや仮想GPUの選択は、後で必要に応じて変更できます。詳しくは、「仮想マシンプロパティの変更」を参照してください。

注:

  • GPUパススルーおよびグラフィック仮想化機能は、Citrix Hypervisor Premium Editionユーザー、またはCitrix Virtual Apps and Desktops権限によりCitrix Hypervisorにアクセスするユーザーが使用できます。詳しくは、「Citrix Hypervisorのライセンスについて」を参照してください。
  • HVM Linux仮想マシンに対してNVIDIA GPUパススルーを使用するためのライセンス制限はありません。
  • GPUをHVM Linux仮想マシンに割り当てる場合、[GPUの種類] の一覧にホストまたはプール上の使用可能なすべてのGPUの種類が表示されます。ただし、HVM Linux仮想マシンでサポートされるのはNVIDIA GPUパススルーだけです。

Intel GPUパススルーの有効化

Citrix Hypervisorでは、Intel統合GPUデバイスを使ったWindows 8(32ビットおよび64ビット)の仮想マシンに対するGPUパススルー機能をサポートします。これはHaswell(Xeon E3-12xx v3)またはIntel統合GPUデバイスを含みグラフィック可能なチップセットがある新しいCPUでサポートされます。サポートされるハードウェアについて詳しくは、Citrix Hypervisorハードウェア互換性リストを参照してください。

Intelサーバー上のIntel GPUを使用する場合、Citrix Hypervisorサーバーのコントロールドメイン(dom0)が、統合されたGPUデバイスにアクセスします。このような場合、GPUではパススルーが無効になります。IntelサーバーでIntel GPUパススルー機能を使用するには、GPUを仮想マシンにパススルーする前にdom0およびGPU間の接続を無効にする必要があります。

接続を無効にするには:

  1. リソースペインでCitrix Hypervisorホストを選択します。
  2. [全般] タブで [プロパティ] をクリックして、左ペインで [GPU] タブをクリックします。
  3. [統合されたGPUパススルー] で、[このサーバーは統合されたGPUを使用しません] をクリックします。

    この設定により、dom0とIntel統合GPUデバイスとの間の接続を無効にします。

  4. [OK] をクリックします。
  5. Citrix Hypervisorサーバーを再起動して、変更を適用します。

    新しい仮想マシンを作成する間、GPUの種類の一覧にIntel GPUが表示されるようになりました。また、仮想マシンの [プロパティ] タブにも表示されます。

注:

dom0とGPU間の接続を無効にした後はCitrix Hypervisorホストの外部コンソール出力(たとえば、VGA、HDMI、DP)は利用できません。

GPU