新規仮想マシンの作成

[新規VM] ウィザードでは、仮想マシン(VM)の作成手順が順に示されます。[新規VM] ウィザードを開始するには、ツールバーで [新規VM] をクリックします。

または、次のいずれかを行います。

  • Ctrl+N キーを押します。
  • [VM] メニューの [新規VM] を選択します。
  • リソース ペインでサーバーを右クリックし、[新規VM] を選択します。

このウィザードでは、CPU、ストレージ、ネットワークなどの設定パラメーターを選択しながら、目的に応じた仮想マシンを作成できます。ウィザードの最初のページで選択する仮想マシンテンプレートに応じて、異なる設定オプションが以降のページで表示されます。これは、インストールオプションが各ゲストオペレーティングシステム用に最適化されているためです。操作方法について詳しくは、ウィザードの各ページで [ヘルプ] をクリックするか、F1 キーを押します。

役割ベースのアクセス制御(RBAC)が実装されたXenServer環境では、新規VMウィザードを開始したときに、仮想マシンを作成するための権限があるかどうかがチェックされます。VMオペレータや読み取り専用の役割が付与された管理者など、必要な権限がない場合、このウィザードで仮想マシンを作成することはできません。詳しくは、「役割ベースのアクセス制御(RBAC)の概要」を参照してください。

仮想マシンの作成手順の概要

[新規VM]ウィザードでは、以下の手順が表示されます。

  1. テンプレートを選択する。

    まず、仮想マシンテンプレートを選択します。各テンプレートには、特定のゲストオペレーティングシステムで新しい仮想マシンを作成するために必要な情報と、最適なストレージ、CPU、メモリ、および仮想ネットワークの設定が含まれています。XenServerには多くのテンプレートが付属しており、必要に応じて独自のカスタムテンプレートを追加できます。この手順について詳しくは、「テンプレートとBIOSオプション」を参照してください。

  2. 新しい仮想マシンの名前を入力する。

    次に、新しい仮想マシンの名前と、必要に応じて説明を入力します。XenCenterでは、仮想マシン名が重複しているかどうかがチェックされません。このため、仮想マシンの内容を表すわかりやすい名前を使用してください。この手順について詳しくは、「仮想マシンの名前と説明」を参照してください。

  3. オペレーティングシステムのインストールメディアを指定する。

    次に、オペレーティングシステムのインストールメディアの種類および場所を指定します。Windowsオペレーティングシステムの場合、ISOライブラリ、物理DVD/CDドライブ内のインストールメディア(CDまたはDVD-ROM)、またはネットワーク上のブートサーバーからインストールできます。Linuxオペレーティングシステムは、ネットワーク上のインストールリポジトリからインストールできます。この手順について詳しくは、「オペレーティングシステムのインストールメディア」を参照してください。

  4. ホームサーバーを選択する。

    必要に応じて、新しい仮想マシンのホームサーバーを指定できます。ホームサーバーとは、XenServerにおける仮想マシンのデフォルトの起動サーバーを指します。この手順について詳しくは、「ホームサーバー」を参照してください。

  5. CPUとメモリを構成する。

    Windows仮想マシンの場合 :新しい仮想マシンへの仮想CPU(vCPU)の割り当て、トポロジ(仮想CPUのソケットごとのコア数)の指定、およびメモリ量の指定を行うことができます。これらの値は、仮想マシンの作成後に変更することもできます。この手順について詳しくは、「仮想マシンのCPUとメモリの構成」を参照してください。Linux仮想マシンの場合 :新しい仮想マシンへの仮想CPU(vCPU)の最大数の割り当て、トポロジ(仮想CPUのソケットごとのコア数)の指定、仮想CPUの初期数の設定、およびメモリ量の割り当てを行うことができます。これらの値は、仮想マシンの作成後に変更することもできます。この手順について詳しくは、「仮想マシンのCPUとメモリの構成」を参照してください。

  6. グラフィック処理装置(GPU)を割り当てる。

    新しい仮想マシンウィザードにより、専用GPUまたは仮想GPUを仮想マシンに割り当てます。これにより、GPUの処理能力を仮想マシンで利用できるため、CAD/CAM、GIS、および医療用画像処理アプリケーションなどの高度な3Dグラフィックアプリケーションのサポートが向上します。この手順について詳しくは、「GPU」を参照してください。

    注: GPU仮想化は、XenServer Enterprise Editionユーザー、またはCitrix Virtual AppsおよびDesktops権限によりXenServerにアクセスするユーザーが使用できます。詳しくは、「XenServerのライセンスについて」を参照してください。

  7. ストレージを構成する。

    次に、新しい仮想マシンの仮想ディスクを構成します。ウィザードにより、自動的に1つの仮想ディスクが構成されます。選択したテンプレートによっては、複数の仮想ディスクが構成される場合もあります。この手順について詳しくは、「仮想ディスクの構成」を参照してください。

  8. クラウド構成パラメーターを構成する。(CoreOS仮想マシンのみ)

    CoreOS仮想マシンを作成している場合は、仮想マシンのクラウド構成パラメーターを指定するよう求められます。この手順について詳しくは、「クラウド構成パラメーター」を参照してください。

  9. ネットワークを構成する。

    新しい仮想マシンをプロビジョニングする最後の手順では、ネットワークを構成します。各仮想マシンには、最大で4つの仮想ネットワークインターフェイスを構成できます。この手順について詳しくは、「仮想ネットワークの構成」を参照してください。

  10. 仮想マシン作成を完了する。

    ウィザードの最後のページでは、選択したすべての構成オプションを確認できます。新しい仮想マシンを直ちに起動するには、[VMを自動的に起動する]チェックボックスをオンにします。

新規仮想マシンの作成