XenCenter

仮想ディスクの接続

仮想マシンに既存の仮想ディスクを接続(アタッチ)して、ストレージを追加できます。

  1. [リソース] ペインで仮想マシンを選択し、[ストレージ]タブで [接続] を選択します。または、[ストレージ] メニューから、[仮想ディスク][仮想ディスクの接続] の順に選択します。
  2. 一覧から仮想ディスクを選択します。
  3. 仮想ディスクへのアクセスを読み取り専用に設定するには、[読み取り専用として接続] チェックボックスをオンにします。この設定は、複数の仮想マシンがディスクにアクセスするときにデータが上書きまたは変更されるのを防ぐのに役立ちます。また、この設定により、仮想ディスクを多くの仮想マシンに接続することもできます。仮想ディスクへの書き込みアクセスを許可するには、チェックボックスをオフにします。
  4. [接続] をクリックします。

    ヒント:

    仮想ディスクを格納するストレージリポジトリの問題により、その仮想ディスクが非アクティブ化(アンプラグ)される場合があります。この場合、仮想ディスクを再接続するには、仮想マシンの [ストレージ] タブでその仮想ディスクを選択し、[アクティブ化] をクリックします。

仮想ディスクの接続