仮想ディスクの移動

ストレージリポジトリ上の仮想ディスクは、同一プール内のほかのストレージリポジトリに移動(移行)できます。以下の変更を実行できます。

  • 仮想マシンに接続されていない仮想ディスク。
  • 停止中の仮想マシンに接続されている仮想ディスク。
  • 実行中の仮想マシンに接続されている仮想ディスク(ストレージXenMotion機能)。

ローカルストレージ上の仮想ディスクをほかのサーバーの共有ストレージに移動することはできますが、ほかのサーバーのローカルストレージに移動することはできません。

ストレージXenMotionについて

ストレージXenMotionを使用すると、仮想マシンをシャットダウンしなくても、その仮想ディスクを移動できます。これにより、以下のタスクが可能になります。

  • 安価なローカルストレージに格納されている仮想マシンを、高速で耐障害性の高いストレージアレイに移動する。
  • 仮想マシンを開発環境から実務環境に移動する。
  • ストレージ容量による制限がある場合に、仮想マシンをストレージ階層間で移動する。
  • ストレージアレイをアップグレードする。

複数のスナップショットを持つ仮想ディスクは移行できません。

仮想ディスクを移動するには

  1. XenCenterのリソースペインで、仮想ディスクが格納されているストレージリポジトリを選択して [ストレージ] タブをクリックします。仮想ディスクの場所を確認するには
    • XenCenterのリソースペインで、その仮想ディスクが接続されている仮想マシンを選択します。
    • [ストレージ] タブをクリックして、仮想ディスクを格納しているストレージリポジトリを確認します。
  2. [仮想ディスク] の一覧で、移動する仮想ディスクを選択して [移動] をクリックします。または、仮想ディスクを右クリックして [仮想ディスクの移動] を選択します。
  3. [仮想ディスクの移動] ダイアログボックスで、移動先のストレージリポジトリを選択します。一覧には、各ストレージリポジトリの空き容量が表示されます。移動先のストレージリポジトリ上に十分なディスク容量があることを確認してください。
  4. [移動] をクリックして仮想ディスクを移動します。

仮想ディスクの移動