XenCenter

仮想GPUの構成

GPUは、そのGPU上でサポートされる仮想GPUの種類に基づいてグループ化されます。XenCenterでは、各GPUで許可される仮想GPUの種類を変更して、要件に応じてGPUをグループ化できます。詳しくは、「GPU」を参照してください。

特定のGPUで許可される仮想GPUの種類を変更するには:

  1. [リソース] ペインでリソースプールを選択して、[GPU]タブを選択します。
  2. リソースプールを選択済みの場合は、GPUの横にあるチェックボックスを使用して、変更するGPUを選択します。このタブに表示される各バーは、各物理GPUに対応しています。
  3. [選択したGPUの編集] をクリックします。[GPU]ウィンドウが開き、仮想GPUの種類の一覧が表示されます。仮想GPUの種類に応じてそれぞれ固有の情報が含まれています。この情報には、次が含まれます:各GPUで許可される仮想GPUの数、最大解像度、各仮想GPUで許可される最大ディスプレイ数、ビデオRAM。
  4. 必要に応じて設定を変更し、[OK] を選択します。GPU全体をパススルーする場合は、[GPU全体のパススルー] を選択します。
仮想GPUの構成