詳細設定

[詳細] ダイアログボックスでは、自動モードで動作するワークロードバランスで推奨項目をどのように適用するかを主に設定します。

重要:

ワークロードバランスをしばらく使用しても意図したとおりに推奨項目が生成されない場合は、「ワークロードバランスのドキュメント」に従って、パフォーマンスしきい値の設定を再評価してください。運用環境に合ったしきい値を設定することで、より適切な最適化推奨項目が作成されるようになります。

概要:推奨項目の自動適用の積極度

ワークロードバランスを自動モードで実行する場合、最適化と集約化の推奨項目の頻度と、それらが自動的に適用されるまでの時間は、複数の要因に基づきます。その要因は次のとおりです:

  • 移行後の仮想マシンに次の最適化推奨項目が適用されるまでの時間
  • 推奨項目を自動的に適用するまでの作成回数(VM移行間隔)
  • 推奨項目を自動適用するときの最低重要度レベル(最適化の重要度)
  • 推奨項目を自動適用するときの推奨項目の一貫性レベル(移動する仮想マシンや移動先サーバーとして同じものが推奨されるかどうか)

VM移行間隔

特定の仮想マシンが最後に移動されてから、その特定の仮想マシンを含む別の最適化推奨項目が生成されるまで、ワークロードバランスが待機する時間を分単位で指定できます。

仮想マシンの移行間隔は、人為的な操作(一時的な高負荷時など)が原因で推奨項目が生成されるのを防ぐために設定します。

ワークロードバランスの自動処理機能を有効にした場合は、仮想マシンの移行間隔を特に慎重に決定する必要があります。継続的および反復的に負荷が増加する環境で頻度を増やす(小さい値を設定する)と、多くの推奨項目が生成され、仮想マシンの再配置が頻繁に発生します。

注:

この設定は、前回と同じサーバーを仮想マシンの起動または再開先サーバー、および保守モードの推奨項目に含めるためのワークロードバランスの待機時間には影響しません。

推奨項目の回数

ワークロードバランスでは、そのリソースプールで推奨項目の生成が必要かどうかが2分ごとにチェックされます。ワークロードバランスの自動処理機能では、推奨項目をいくつ生成したら自動的に適用するかを指定できます。これを行うには、[推奨項目の回数]を設定します。[推奨項目の回数]と[最適化の積極度] の設定により、推奨項目をどのように自動適用するかを微調整できます。

上記の「概要」で説明したように、ワークロードバランスでは、推奨項目の類似性に基づいて以下のチェックを行います。

  • 推奨項目が必要かどうか
  • 仮想マシンの移行先ホストのパフォーマンスが長時間安定しているかどうか(移行先ホストが安定していないと仮想マシンの再移行が必要になるため)

[推奨項目の回数]では、推奨項目を自動適用するまでの作成回数を指定します。同じ推奨項目の生成がこの回数に達すると、その推奨項目が自動的に適用されます。

この設定は、以下のように使用されます:

  1. 推奨項目の回数は、[最適化の積極度]で指定した一貫性要件を満たす推奨項目が生成されるたびに増加します。一貫性要件を満たさない推奨項目が生成されると、(ワークロードバランスのドキュメントで説明されている要因によっては)推奨項目の回数が0にリセットされます。
  2. 一貫性要件を満たす推奨項目の生成数(連続推奨数)が[推奨項目の回数]の値に達すると、その推奨項目が自動的に適用されます。

この設定を変更する場合は、その環境に最適な値を決定する必要があります。以下のシナリオを検討してください:

  • サーバーの負荷およびアクティビティが極端に急増する環境では、[推奨項目の回数]の値を大きくします。推奨項目の生成が必要かどうかは、2分ごとにチェックされます。推奨項目を適用するまでの作成回数として「3」を設定すると、6分後に推奨項目が自動適用されます。
  • サーバーの負荷およびアクティビティが段階的に増加する環境では、[推奨項目の回数]の値を小さくします。

推奨項目を適用すると仮想マシンの再配置処理が発生し、システムリソースに負担がかかってパフォーマンスが影響を受けます。[推奨項目の回数]の値を大きくすると、推奨項目が自動適用されるまでに、同様の推奨項目が多く生成されることになります。つまり、より慎重で一貫した推奨項目だけが適用され、仮想マシンが不適切に移行される可能性が低くなります。デフォルトでは、このような値が設定されています。

この値の変更は運用環境への影響が大きいため、変更する場合は必ず細心の注意を払ってください。変更する際は、ワークロードバランスの動作について詳細にテストするか、シトリックステクニカルサポートの指示に従うことをお勧めします。

最適化の重要度

すべての最適化推奨項目には、推奨項目の重要性を示す重要度(重大、高、中、低)が含まれています。この重要度は、以下の要素を組み合わせて決定されます:

  • しきい値とメトリックの調整
  • ワークロードで使用可能なリソース
  • リソース使用履歴データ

ワークロードバランスの推奨項目が自動的に適用されるように設定した場合、指定した最低重要度レベルを満たす推奨項目だけが適用されます。

最適化の積極度

自動モードで動作するワークロードバランスでは、一時的または異常な負荷の増加により仮想マシンの移行が行われないように、推奨項目の一貫性を判断するためのいくつかの基準が使用されます。自動モードでは、最初に生成された推奨項目は自動適用されません。ホストや仮想マシンでその動作が継続的に発生することが検出されるまで、自動適用は行われません。つまり、同じホストや仮想マシンが原因で推奨項目が生成される場合、その推奨項目は一貫していると判断されます。

ワークロードバランスでは、一貫性を判断するための条件と、同じ推奨項目をいくつ生成したか(連続推奨数)により、その環境の動作の一貫性が決定されます。一貫性をどれだけ厳密に評価するかを制御するには、[最適化の積極度] を設定します。

シトリックスではこの [最適化の積極度] 設定を主にデモ用として設計しましたが、このオプションにより運用環境の安定性を制御することができます。デフォルトでは、積極度が低く設定されています。積極度を高くすると、推奨項目の類似性を評価するときの厳密度が低くなり、運用環境の安定性が低下します。

ワークロードバランスは、最大で4つの条件を使用して推奨項目の一貫性を判断します。使用される条件の数は、[最適化の積極度] で設定されている積極度レベルにより異なります。積極度レベルが[低]または[中]の場合、推奨項目は積極的には自動適用されません。つまり、積極度レベルが低いと最適化条件が厳密に評価され、それらに合致しないと自動適用は行われません。

たとえば、積極度レベルとして[低]を設定すると、このレベルの条件に合致する推奨項目の数が[推奨項目の回数]の値に達するまで、その推奨項目は自動適用されません。

たとえば、[推奨項目の回数]に「3」を設定した場合、低レベル用のすべての条件に合致する推奨項目が連続して3回生成されたときに、その推奨項目が自動適用されます。これにより、長時間安定して動作しているホストに仮想マシンが移行されるようになり、移行されたばかりの仮想マシンが、そのサーバーのパフォーマンスが低下したために再移行されるという可能性が低くなります。デフォルトでは、積極度レベルとして[低]が設定されています。

積極度レベル[低]の条件については、「ワークロードバランスのドキュメント」を参照してください。

シトリックスでは、[最適化の積極度] を高くしてサーバーの最適化頻度を上げることは推奨していません。サーバーの最適化がより高速または頻繁に行われるようにするには、パフォーマンスしきい値の調整を検討します。詳しくは、「しきい値の変更」を参照してください。

各積極度レベルで推奨項目の一貫性を判断するときに使用される条件については、ワークロードバランスのドキュメントを参照してください。

推奨項目の自動適用が意図したとおりに行われない場合は、積極度の設定を高くします。ただし、その前にワークロードバランスのドキュメントの内容を確認することを強くお勧めします。

仮想マシン推奨項目の間隔を設定するには

  1. [インフラストラクチャ] ビューでプールを選択して [WLB] タブを選択し、[設定] を選択します。
  2. 左側のペインで [詳細] を選択します。
  3. [VM移行間隔] セクションで、以下の設定を行います:

    • [分] で、移行後の仮想マシンを最適化推奨項目に含めるまでの時間を、分単位で指定します。

    • [推奨項目の回数] で、最適化推奨項目が自動的に適用されるまでの作成回数を指定します。

    • [最適化の重要度] で、最適化推奨項目の最低重要度レベルを指定します。

    • [最適化の積極度] で、最適化推奨項目をどれだけ積極的に自動適用するかを指定します。

プール監査記録でのデータ量

ワークロードバランスのプール監査記録レポートでは、収集されるデータの量を指定できます。また、特定のユーザー、オブジェクト、および時間を指定して監査記録ログの内容を検索したりフィルタとして適用したりできます。

[プール監査記録レポートのデータ量]は、デフォルトで [最小] に設定されています。この設定により、ユーザーおよびオブジェクトの種類についての限定された量のデータが収集されます。この設定は、レポートで必要な情報の詳細度に応じていつでも変更できます。たとえば、監査ログのユーザー向けのレポートの場合は、詳細を [中] に設定します。詳細なレポートが必要な場合は [最大] に設定します。

重要:

[プール監査記録レポートのデータ量]で[最大]を設定すると、ワークロードバランスサーバーでより多くのディスク領域およびメモリが消費されます。このため、[最大]を設定する場合は、ワークロードバランスサーバーでのディスク消費およびCPU負荷を注意深く監視することをお勧めします。ワークロードバランスサーバーのリソースが不足していると思われる場合は、次のいずれかのアクションを実行します:

  • データ量設定を[中]または[最小]に変更する。
  • ワークロードバランスサーバーのメモリの拡張を検討する。
  • ハードディスクのサイズの拡張を検討する。

詳しくは、「ワークロードバランスレポートの種類について」および「イベントの監査ログ」を参照してください。