ワークロードバランス設定の変更

ワークロードバランス仮想アプライアンスに接続したら、再配置や最適化の推奨項目を計算するための設定を変更できます。以下の設定を変更できます。

注: ワークロードバランス仮想アプライアンスへの接続または再接続直後に設定を変更する場合は、60秒以上(ログ/var/log/wlb/LogFile.logに検出の完了が示されます)待機する必要があります。

ワークロードバランス設定が適用されるしくみ

ワークロードバランスの設定は、リソースプールに属するすべてのホストおよび仮想マシンに適用されます。

ネットワークやディスクのパフォーマンスがその環境のハードウェアに適したものである場合は、まずデフォルトの設定でワークロードバランスを使用します。

Citrixは、ワークロードバランス機能をしばらく運用した後で、パフォーマンスのしきい値を評価して、必要に応じて変更することをお勧めします。たとえば、以下の場合に設定の変更を検討します。

  • 最適化の推奨項目が必要以上に生成される。この場合、適切な推奨項目が生成されるようになるまでしきい値を調整します。
  • ネットワーク帯域幅が十分でないにもかかわらず推奨項目が生成されない。この場合、適切な推奨項目が生成されるようになるまでネットワークのしきい値を下げます。

しきい値を変更する前に、リソースプール内の各物理サーバーについてホストヘルス履歴レポートを作成すると便利です。

設定を変更するには、XenCenterの [ワークロードバランス設定] ダイアログボックスや、xeコマンドラインインターフェイスを使用します。

XenServerとワークロードバランスサーバーとの通信で使用される資格情報を変更する方法については、「ワークロードバランスの資格情報の変更」を参照してください。

ワークロードバランス設定の情勢について詳しくは、『 ワークロードバランスドキュメント 』を参照してください。

[ワークロードバランス設定]ダイアログボックスを開くには

  1. XenCenterの [リソース] ペインで、 your-resource-pool を選択します。
  2. プロパティ ペインの [WLB] タブをクリックします。
  3. [WLB] タブの [設定] をクリックします。

ワークロードバランス設定の変更