ワークロードバランスに接続する

ワークロードバランス仮想アプライアンスをインポートしてワークロードバランスの構成ウィザードを実行した後、監視対象のプールをワークロードバランスに接続する必要があります。これを行うには、XenCenterの[WLBサーバーへの接続]ダイアログボックスまたはxeコマンドを使用します。

注: [WLB]タブは、XenServer Enterprise EditionまたはCitrix Virtual AppsおよびDesktopsのライセンスがあるホストをライセンス化したあとプロパティペインに表示されます。 ライセンスについて詳しくは、「XenServerのライセンスについて」を参照してください。

前提条件

XenCenterでワークロードバランス仮想アプライアンスに接続するには、以下の情報が必要です。

  • ワークロードバランス仮想アプライアンスのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名(FQDN)、およびポート。
  • ワークロードバランスで監視するリソースプール(プールマスター)の資格情報。
  • ワークロードバランス仮想アプライアンス上で作成したアカウントの情報。これはワークロードバランスユーザーアカウントとも呼ばれます。 XenServerはこのアカウントをワークロードバランスとの通信に使用します。(このアカウントは、ワークロードバランス仮想アプライアンスの設定時に作成します。)

[WLBサーバーへの接続]ダイアログボックスでワークロードバランス仮想アプライアンスのFQDNを指定する場合は、事前に仮想アプライアンスのホスト名をDNSに追加しておく必要があります。信頼された機関からの証明書を使用する場合、Citrixでは有効期限のないFQDNまたはIPアドレスを使用することをお勧めします。

ワークロードバランスに接続した直後では、デフォルトのしきい値および設定に基づいてワークロードが最適化されます。自動最適化モード、電源管理、および自動処理などの自動化機能は、デフォルトでは無効になっています。

重要: ワークロードバランスをしばらく使用して意図したとおりに推奨項目が生成されない場合、Citrixでは、パフォーマンスしきい値の設定を再評価することを強くお勧めします。「パフォーマンスしきい値設定の評価」を参照してください。運用環境に合ったしきい値を設定することで、より適切な推奨項目が作成されるようになります。

ワークロードバランス仮想アプライアンスに接続するには

  1. XenCenterの リソース ペインで、 XenCenter > your-resource-pool を選択します。
  2. プロパティ ペインの [WLB] タブをクリックします。プロパティペインの[WLB]タブは、適切なライセンスが適用されたXenServerで表示されます。
  3. [WLB] タブの [接続] をクリックします。 [WLBサーバーへの接続] ダイアログボックスが開きます。
  4. [サーバーのアドレス] セクションで、以下の情報を入力します。
    • [アドレス] ボックスに、ワークロードバランスサーバーのIPアドレスまたはFQDNを入力します。FQDNとは、「WLB-appliance-computername.yourdomain.net」などのアドレスを指します。
    • ポート ボックスにポート番号を入力します。このポートを使用して、XenServerがワークロードバランスと通信します

      デフォルトでは、XenServerはワークロードバランスサーバー(この場合はWeb Service Hostサービス)にポート8012で接続します。ワークロードバランス仮想アプライアンスの設定時にポートを変更した場合は、 [ポート] ボックスにそのポート番号を入力します。

      重要: ワークロードバランス仮想アプライアンスの設定時にポート番号を変更していない場合は、ここで変更しないでください。 [WLBサーバーへの接続] ダイアログボックスで指定するポート番号は、仮想アプライアンスの設定時に指定したもの(およびファイアウォールで指定されたもの)と一致する必要があります。

  5. [WLBサーバーの資格情報] で、ユーザー名(wlbuserなど)とパスワードを入力します。これらの情報は、XenServerがワークロードバランス仮想アプライアンスに接続するときに使用されます。 これらの資格情報は、ワークロードバランス仮想アプライアンスの設定時に作成したものである必要があります。デフォルトのユーザー名は、 wlbuser です。
  6. [XenServerの資格情報] セクションで、プールにアクセスするためのユーザー名とパスワードを入力します。これらの情報は、ワークロードバランス仮想アプライアンスがリソースプールの各サーバーに接続するときに使用されます。 ログイン中のXenServerと同じ資格情報を使用するには、 [現在のXenCenterの資格情報を使用する] チェックボックスをオンにします。役割ベースのアクセス制御(RBAC)で役割を割り当てたアカウントを使用する場合は、そのアカウントにワークロードバランス機能の管理許可が付与されていることを確認してください。詳しくは、「RBAC役割の定義とアクセス権」を参照してください。
  7. ワークロードバランス仮想アプライアンスに接続したら、必要に応じてパフォーマンスしきい値や特定のリソースの優先度を変更できます。詳しくは、「ワークロードバランス設定の変更」を参照してください。

ワークロードバランスに接続する