ワークロードバランスが有効なときの保守モード

ワークロードバランスが有効なリソースプールでは、物理ホストを保守のためにオフラインにする(つまり保守モードに切り替える)と、XenServerはそのホスト上で実行されているすべての仮想マシンを自動的にほかの適切なサーバに移行します。XenServerは、仮想マシンの移行先ホストを、ワークロードバランスが最適化モードとパフォーマンスしきい値の設定、およびパフォーマンス測定値に基づいて計算した推奨項目により決定します。

移行先サーバーが使用できない状態である場合は、 [保守モードへの切り替え] ダイアログボックスに「ここをクリックしてVMを一時停止します」というメッセージが表示されます。この場合、十分なリソースを持つサーバーがないため、ワークロードバランスでは推奨再配置先が提示されません。管理者は、仮想マシンを一時停止するか、保守モードを終了してほかのホスト上のワークロードを軽減する(仮想マシンを一時停止するなど)などの処置を行います。十分なリソースを持つほかのホストが使用可能になると、再度 [保守モードへの切り替え] ダイアログボックスを開いたときに、推奨再配置先が提示されます。

注: ワークロードバランスが有効なリソースプールでサーバーを保守モードにすると、 [保守モードへの切り替え] ダイアログボックスの右上に「ワークロードバランスが有効」が表示されます。

ワークロードバランスが有効なリソースプールでホストを保守モードにするには

  1. リソースペインでサーバーを選択して、次のいずれかを行います。
    • 右クリックして [保守モードへの切り替え] を選択します。
    • [サーバー] メニューの [保守モードへの切り替え] を選択します。
  2. [保守モードへの切り替え] をクリックします。 これにより、そのサーバー上で実行中のすべての仮想マシンが、最適化モードとパフォーマンスしきい値の設定、およびパフォーマンス測定値に基づいて決定される最適なサーバーに自動的に移行されます。

サーバーの保守モードを終了するには

  1. リソース ペインでサーバーを選択して、次のいずれかを行います。
    • 右クリックして [保守モードからの切り替え] を選択します。
    • [サーバー] メニューの [保守モードからの切り替え] を選択します。
  2. [保守モードからの切り替え] をクリックします。

    これにより、そのサーバーでホストされていたすべての仮想マシンがXenServerで自動的に復元されます。

ワークロードバランスが有効なときの保守モード