しきい値の変更

ここでは、デフォルトの限界しきい値の変更方法と、高、中、および低しきい値がどのように変更されるかについて説明します。

これらの情報は、しきい値を変更するときのリファレンスとして提供されています。このトピックで説明されている概念を理解するには、ワークロードバランスのドキュメントをよく読んでください。

概要

ワークロードバランスは、日別の平均値を4つのしきい値(低、中、高、および限界)と比較して、リソース使用を評価します。XenCenterでしきい値を指定(またはデフォルトのしきい値を使用)すると、その値は限界しきい値として設定され、それを基にほかの3つのしきい値が相対的に決定されます。最適化の推奨項目の生成を制御するために、限界しきい値を変更できます。

ワークロードバランスでは、リソースプールの各物理サーバーのCPU、メモリ、ネットワーク読み取り、ネットワーク書き込み、ディスク読み取り、およびディスク書き込みの測定値が評価されます。

ワークロードの再配置を推奨項目として提示するか、および物理サーバーが仮想マシンのワークロードに適しているかは、以下を評価して決定されます。

  • 物理サーバー上のリソースの負荷が限界しきい値に達しているかどうか。
  • (限界しきい値に達していない場合は)各リソースの重要度。

注:

ワークロードバランスでは、パフォーマンス測定値に急激な増加があっても平滑化され、日別の平均値が評価されます。

リソース負荷の履歴平均値がそのしきい値を超えると、ワークロードバランスで推奨項目を生成するかどうかが決定されます。パフォーマンスの最大化では高しきい値、密度の最大化では低しきい値または限界しきい値を超えたときに、ワークロードバランスの推奨項目が生成されます。リソースに新しいしきい値を指定すると、ワークロードバランスによりその値は限界しきい値として設定され、それを基にリソースのほかのしきい値が相対的に決定されます(XenCenterで変更できるのは限界しきい値のみです)。

詳しくは、「ワークロードバランスのドキュメント」を参照してください。

しきい値のデフォルト設定

次の表は、各しきい値のデフォルト値を示しています。

設定 デフォルト
CPU使用率 90% 76.5% 45% 22.5%
空きメモリ 51MB 63.75MB 510GB 1020GB
ネットワーク読み取り 25MB/秒 21.25MB/秒 12.5MB/秒 6.25MB/秒
ネットワーク書き込み 25MB/秒 21.25MB/秒 12.5MB/秒 6.25MB/秒
ディスク読み取り 25MB/秒 21.25MB/秒 12.5MB/秒 6.25MB/秒
ディスク書き込み 26MB/秒 21.25MB/秒 12.5MB/秒 6.25MB/秒

限界しきい値を以下の数で乗じたものが高、中、および低しきい値として設定されます。

  • 高しきい値:0.85
  • 中しきい値:0.50
  • 低しきい値:0.25

空きメモリのしきい値は、限界しきい値を以下の数で乗じたものが使用されます。

  • 高しきい値:1.25
  • 中しきい値:10.0
  • 低しきい値:20.0

たとえば、限界しきい値を95%に変更した場合、そのほかのしきい値は以下のように変更されます:

  • 高しきい値:80.75%
  • 中しきい値:47.5%
  • 低しきい値:23.75%

特定のしきい値についてこの計算を行うには、限界しきい値として指定した数値にこれらの数を乗じます。

高、中、または低しきい値=限界しきい値×しきい値

たとえば、[ネットワーク読み取り]のしきい値を40MB/秒に変更した場合、以下の計算式で各しきい値を算出できます:

  • 低しきい値=40×0.25
  • 中しきい値=40×0.50
  • 高しきい値=40×0.85

プールマスターとして動作するサーバーが過負荷状態にならないように、プールマスターには自動的に低いしきい値が適用されます。

ほかのしきい値により生成される推奨項目

多くの推奨項目は限界しきい値に基づいて生成されますが、ほかのしきい値により推奨項目が生成される場合もあります。

高しきい値

  • パフォーマンスを最大化。高しきい値を超えたときに、仮想マシンをリソース負荷の低いホスト上に移行するための最適化推奨項目が生成されます。
  • 密度を最大化。追加の仮想マシンによりホストのいずれかのリソース負荷が高しきい値を超える場合、そのホスト上に仮想マシンを移行する推奨項目が生成されなくなります。

低しきい値

  • パフォーマンスを最大化。推奨項目は生成されません。
  • 密度を最大化。測定基準値が低しきい値を下回ると、ホストが十分に活用されていないことがワークロードバランスに通知されます。この通知により、より少ないホストで仮想マシンを集約するための最適化推奨項目が生成されます。そのホストのいずれかのリソースの測定基準値が高しきい値に達するまで、仮想マシンの移行先としてそのホストが推奨され続けます。

    ただし、仮想マシンの集約により新しいホストにおけるリソース負荷が限界しきい値を超えた場合は、パフォーマンスの最大化の場合と同様のアルゴリズムにより、仮想マシンの新しい集約先が検索されます。リソースプール内のすべてのサーバーのリソース負荷が高しきい値を下回るまで、このアルゴリズムによる推奨項目の生成が続行されます。

しきい値を変更するには

  1. [リソース] ペインでプールを選択して、[WLB]タブで [設定] を選択します。
  2. 左側のペインで [しきい値] を選択します。
  3. [しきい値] ページで、[しきい値]ボックスの値をそのまま使用するか、新しい値を入力します。ワークロードバランスでは、仮想マシンの推奨再配置先を計算するときに、これらの限界しきい値が使用されます。各サーバーのリソース使用がこれらのしきい値を超えないように、仮想マシンによるワークロードを分散できます。