自動処理による電源の最適化と管理

ワークロードバランスによる最適化推奨項目が自動的に適用されるように設定できます(ワークロードバランスの自動処理機能)。また、サーバーの電源を自動的に投入したり切断したりすることもできます(電源管理機能)。

最適化推奨項目の自動適用

ワークロードバランスで生成された最適化推奨項目を、管理者の介在なしに自動的に適用できます。この 自動処理機能 を使用すると、生成される推奨項目に基づいて、自動的にパフォーマンスを最適化したりサーバーの電源を切断したりできます。ただし、仮想マシンの使用が減少したときにホストの電源を落として消費電力を抑えるには、自動処理のほか、電源管理と密度の最大化モードを設定する必要があります。

ワークロードバランスのデフォルトでは、推奨項目が自動的に適用されることはありません。生成された推奨項目が自動的に適用(実行)されるようにするには、自動処理機能を有効にする必要があります。この機能を有効にしない場合、管理者が、生成された推奨項目を実行するかどうかを選択します。

ワークロードバランスで生成された推奨項目が高可用性の設定と競合する場合、その推奨項目は自動的には適用されません。推奨項目の適用によりプールがオーバーコミット状態になる場合は、XenCenterにそれを適用するかどうかを確認するメッセージが表示されます。自動処理を有効にしても、高可用性で許可する障害数を超える数の電源管理推奨項目は無視され、自動的には適用されません。

自動モードのワークロードバランスで推奨項目がどのように適用されるかを変更することができます。詳しくは、「詳細設定」を参照してください。

電源管理の有効化

ワークロードバランスの 電源管理機能 は、リソースプールの全体的なワークロードに応じて物理ホストの電源を投入したり切断したりするための機能です。

ワークロードバランスの電源管理機能を使用するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • サーバーのハードウェアがリモートからの電源投入/切断をサポートしている。
  • ホストの電源投入機能が設定されている。
  • ホストが電源管理の対象として明示的に選択されている。

また、この機能でサーバーの電源を自動的に切断する場合は、以下の設定を行う必要があります。

  • ワークロードバランスの推奨項目が自動的に適用されるように設定されている。
  • ワークロードバランスの電源管理推奨項目が自動的に適用されるように設定されている。

電源管理と密度の最大化モードを有効にすると、使用されていないリソースがワークロードバランスにより検出され、そのホストの電源を切断するための推奨項目が生成されます。サーバーの電源を切断するために必要なリソースがプールにない場合は、プールのワークロードが小さくなるまでそのサーバーを動作させておくことが推奨項目として提示されます。余剰サーバーの電源を自動的に切断するように設定した場合は、電源を切るための推奨項目が自動的に適用されます。

電源管理の対象ホストを指定すると、そのホストの電源を投入したり切断したりするための推奨項目が生成されます。これらの電源管理推奨項目の自動処理を有効にする場合、リソースプール全体に適用されます。ただし、電源管理の対象ホストは個別に選択できます。

電源管理のしくみ

ワークロードバランスによりホストの電源が切断される前に、そのサーバー上の仮想マシンの移行先ホストが選択されます。移行先ホストは、以下の順序で決定されます。

  1. プールマスタが最初の移行先ホストになります。これは、プールマスタの電源が切断されることがないためです。
  2. 次に、より多くの仮想マシンを実行しているホストが選択されます。
  3. 以降、実行している仮想マシンの数が多いホストから順番に選択されます。

ワークロードバランスでプールマスターに仮想マシンを移行する場合、意図的に低いしきい値が使用されます。これにより、プールマスターが過負荷状態になるのを防ぎます。

次の図は、リソースプールでの仮想マシン密度を最大化するための以降順序を示しています。

WLBでは、最適化推奨項目を使用して、プール内のホストに仮装マシンを順番に移行します。

この図では、最適化モードとして[密度を最大化]が選択されている場合の、XenServerによる仮想マシンの移行順序を示しています。仮想マシンの集約先として、まずプールマスタが選択され、次に実行仮想マシン数の多いサーバー、最後に実行仮想マシン数の少ないサーバーが選択されます。

最適化モードとして密度の最大化が選択されているプールでパフォーマンスに関する問題が検出されると、電源投入済みのホスト間での仮想マシンの移行を推奨して問題を解決しようとします。この方法でパフォーマンスが改善されない場合、シャットダウン状態のホストの電源を投入します。このとき、最適化モードとしてパフォーマンスの最大化が選択された場合と同じ条件に基づいて、電源投入するホストが決定されます。

最適化モードとしてパフォーマンスの最大化が選択されているリソースプールでは、すべてのホストのリソース使用が高しきい値を下回るまで、電源投入の推奨項目が生成されます。

仮想マシンを移行しているときに、オンライン状態のホストを増やすことでプール全体のパフォーマンスが改善するとワークロードバランスが判断した場合、自動的にホストの電源を投入したり、電源投入の推奨項目を生成したりします。

重要: ワークロードバランスでは、推奨項目により電源が切断されたホストに対してのみ、電源投入の推奨項目を生成します。

電源管理および仮想マシン集約のための環境設計

XenServerを実装して電源管理と仮想マシン集約を自動化する場合は、以下の点を考慮して環境を設計します。

  • 異なる種類のワークロードを個別のプールに配置する: 異なる種類のワークロードを実行する場合は、それらの仮想マシンを個別のプールに配置することを検討します(たとえば、ユーザーアプリケーションとドメインコントローラの仮想マシンを分離したり、特定のハードウェアを使用するアプリケーションを専用のプールで実行したりするなど)。

    電源管理機能および仮想マシンの集約はプールレベルで管理されるため、「詳細設定」で説明されている点を考慮して、同じ比率で集約するワークロードが含まれるようにプールを設計する必要があります。

  • ワークロードバランスから除外するホストを指定する: 特定のホストをワークロードバランスの対象から除外して、常に電源が投入された状態にしておくことができます。詳しくは、「推奨項目からのサーバーの除外」を参照してください。

最適化推奨項目を自動適用するには

  1. XenCenterの リソース ペインで、 XenCenter > リソースプール を選択します。
  2. プロパティ ペインの [WLB] タブをクリックします。
  3. [WLB] タブの [設定] をクリックします。
  4. ダイアログボックス左側の [自動処理] をクリックします。
  5. 以下のオプションを設定します。
    • 最適化推奨項目を自動的に適用する: このチェックボックスをオンにすると、管理者の介在なしに最適化推奨項目を適用できます。ワークロードバランスにより自動的に最適化が行われ、仮想マシンが再配置されます。
    • 電源管理推奨項目を自動的に適用する: このチェックボックスによる動作は、リソースプールの最適化モードにより異なります。
      • パフォーマンスを最大化: [電源管理推奨項目を自動的に適用する] チェックボックスをオンにすると、ホストのパフォーマンスを改善するためにオフラインホストの電源が自動的に投入されます。
      • 密度を最大化: [電源管理推奨項目を自動的に適用する] チェックボックスをオンにすると、自動的に余剰サーバー(リソース使用が低しきい値を下回るサーバー)の電源が切断されます。
  6. 次のいずれかを行います。
    • [電源管理推奨項目に含めるサーバー] で、電源管理の対象サーバーを選択します。詳しくは、下記「電源管理対象のサーバーを選択するには」を参照してください。
    • 電源管理を構成せずに自動化の構成が完了したら、 [OK] をクリックします。

電源管理対象のサーバーを選択するには

  1. [自動処理]ページの[電源管理推奨項目に含めるサーバー]の一覧で、ワークロードバランス機能で電源を投入/切断するサーバーを選択します。

    注: [電源管理推奨項目を自動的に適用する] チェックボックスをオフにしたままこの一覧でサーバーを選択した場合、それらのサーバーに対する電源管理推奨項目は自動的には適用されません。

  2. [OK] をクリックします。リソースプール内にリモートからの電源管理をサポートするサーバーがない場合、「電源管理機能をサポートするホストがありません」というメッセージが表示され、ワークロードバランスの電源管理機能は動作しません。