ワークロードバランスの基本タスク

ワークロードバランスは、電源管理、最適化モードのスケジュール化、レポート生成など、XenServer環境のワークロードを最適化するための多くの機能を持つ、強力なXenServerコンポーネントです。管理者は、各リソース負荷の測定基準を微調整して、適切な最適化推奨項目が生成されるようにワークロードバランス機能を設定できます。

ワークロードバランスが有効なリソースプールでは、管理者は日常的に以下の2つの基本タスクを実行することになります。

  • 仮想マシンの起動に最適なサーバーを決定する。
  • ワークロードバランスにより提示された推奨項目を適用する

ワークロードバランスを使用するために必要なワークロードバランス仮想アプライアンスの入手および設定について詳しくは、『 ワークロードバランスクイックスタート 』を参照してください。

仮想マシンの起動に最適なサーバーを決定する

仮想マシンの初期配置、移行、および再開に適したサーバーの選択」も参照してください。

ワークロードバランスが有効なリソースプールでは、シャットダウンまたは一時停止状態の仮想マシンを起動するとき、または仮想マシンを移行するときに、最適なサーバーが推奨項目として示されます。またこれは、Citrix Virtual Desktops環境でも役立つ場合があります。

ワークロードバランスの推奨項目を適用する

最適化推奨項目の適用」も参照してください。

ワークロードバランスをしばらく使用すると、環境を最適化するための推奨項目が生成されるようになります。たとえば、サーバー上の仮想マシン密度を最適化するようにワークロードバランスを設定すると、実行されている仮想マシンをより少ない数のサーバー上に集約するための推奨項目が生成されます。自動モードを有効にしていない場合、生成された推奨項目を適用するかどうかを管理者が選択できます。

XenCenterのこれらの基本タスクについては、本書の該当トピックで詳しく説明されています。これらのタスクに加えて、環境のワークロードに関するレポート生成も頻繁に使用される機能です。この機能については、「ワークロードバランスレポートの生成と管理」を参照してください。

重要: ワークロードバランスをしばらく使用して意図したとおりに推奨項目が生成されない場合、Citrixは、パフォーマンスしきい値の設定を再評価することを強くお勧めします。方法については、『 ワークロードバランスドキュメント 』を参照してください。運用環境に合ったしきい値を設定することで、より適切な最適化推奨項目が、適切なタイミングで作成されるようになります。

ワークロードバランスの基本タスク