Product Documentation

展開規則の構成

Oct 25, 2016

ここでは、以下の内容について説明します。

  • 展開規則 - パッケージの展開結果に影響を与えるパラメーターです。 
  • 展開スケジュール - XenMobileからパッケージがデバイスにプッシュされるタイミングを指定するオプションです。

展開規則の構成

展開規則は、パッケージの展開結果に影響を与えるパラメーターです。 展開規則は、デバイスのプロパティ、アプリ、操作を指定できます。 XenMobileは、デバイスプロパティで指定した展開規則によって、ポリシー、アプリ、操作、デリバリーグループをフィルター処理して、パッケージの展開順を判断します。 詳しくは「展開順を変更するには」を参照してください。

特定のオペレーティングシステムバージョン、特定のハードウェアプラットフォーム、またはそのほかの組み合わせに基づいてパッケージを展開することができます。 デバイスプロパティ、アプリ、操作を追加および編集するために使用するウィザードには、基本的な規則エディターと高度な規則エディターがあります。 高度な規則エディターの概観は自由形式のエディターです。 次の図は、アプリケーションを追加または編集するときに使用できる[Deployment Rules]画面を示しています。



基本的な展開規則

基本的な展開規則は、あらかじめ定義されたテストと、その結果のアクションで構成されています。 可能であれば、テスト例に結果があらかじめ組み込まれます。 たとえば、ハードウェアプラットフォームに基づくパッケージ展開では、既知のプラットフォームがすべて結果のテストに組み込まれ、規則の作成時間が大幅に短縮されてエラーが発生する可能性も低くなります。

パッケージに規則を追加するには、[New rule]をクリックします。  

注:規則ビルダーには各テストに固有の詳細情報が含まれています。 

新しい規則を作成するには、規則テンプレートを選択し、条件の種類を選択して、規則をカスタマイズします。 規則のカスタマイズには説明の変更も含まれます。 設定の構成が完了したら、その規則をパッケージに追加します。

規則は、必要に応じていくつでも追加できます。 すべての規則に一致した場合にパッケージが展開されます。

高度な展開規則

[Advanced]タブをクリックすると、[Advanced Rule Editor]が表示されます。    

このモードでは、規則間の関係を指定できます。 使用できる演算子は、ANDOR、およびNOTです。    

展開スケジュールの構成

XenMobileでは、操作、アプリ、デバイスポリシーに対して指定する展開スケジュールを使用して、これらのアイテムの展開を制御できます。 展開が即座に実行されるか、特定の日時に実行されるか、展開条件に従って実行されるかを指定できます。 構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。

すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]の設定は適用されません。 iOSではAppleプッシュ通知サービス(APN)が使用されます。  

展開スケジュールオプションを変更しない場合、展開は接続のたびに即座に行われます。 展開スケジュールのオプションは次のとおりです。

Deploy:デフォルトは[ON]です。 展開を行わない場合は、この設定を[OFF]に変更します。

Deployment Schedule:デフォルトでは[Now]です。 展開の時間を指定するには、[Later]を選択してから日付を選択し、時刻を入力します。

Deployment condition:デフォルトでは[On every connection]です。 展開を制限するには、この設定を[Only when previous deployment has failed]に変更します。

Deploy for always-on connection:デフォルトでは[OFF]です。 このポリシーはAndroidデバイスにのみ適用されます。 XenMobileの[Background Deployment]サーバープロパティでは、Androidデバイスに展開する各ポリシーの[Deploy for always-on connections][ON]に設定する必要があります。 常時接続について詳しくは、『XenMobile展開ハンドブック』で、「XenMobileの動作の調整」の「その他のサーバーの最適化」と「Androidデバイスの展開スケジュールの最適化」、および「デバイスポリシーおよびアプリケーションポリシー」の「スケジュール設定ポリシー」を参照してください。