Product Documentation

接続スケジュールデバイスポリシー

Aug 02, 2016

接続スケジュールポリシーを作成して、ユーザーのデバイスをXenMobileに接続する方法と時間を管理します。 このポリシーは、Android for Work対応デバイスに対しても構成できます。

ユーザーが手動でデバイスを接続するか、デバイスが永続的に接続されたままにするか、定義した期間内にデバイスが接続されるようにするかを指定できます。

1.XenMobileコンソールで、[Configure]の[Device Policies]をクリックします。 [Device Policies]ページが開きます。

2. [Add]をクリックします。 [Add a New Policy]ダイアログボックスが開きます。

3. [Scheduling]をクリックします。 [Connection Scheduling Policy]情報ページが開きます。

localized image

4. [Policy Information]ペインで、以下の情報を入力します。

  • Policy Name:ポリシーの説明的な名前を入力します。
  • Description:任意で、ポリシーの説明を入力します。

5.[Next]をクリックします。 [Policy Platforms]ページが開きます。

localized image

6. [Platforms]の下で、追加するプラットフォームをオンにします。 1つのプラットフォームのみを構成する場合は、それ以外のプラットフォームをオフにします。

1つのプラットフォームの設定の構成が完了したら、手順8.を参照してプラットフォームの展開規則を設定します。

7. 選択したプラットフォームごとに、次の設定を構成します。

  • Require devices to connect:このスケジュールに対して設定するオプションをクリックします。
    • Always:接続のオンライン状態を永続的に維持します。 ユーザーのデバイス上のXenMobileは、ネットワーク接続が失われた後、XenMobileサーバーへの再接続を試行し、一定の間隔でコントロールパケットを送信することによって接続を監視します。このオプションは、最適化されたセキュリティに対してのみお勧めします。  [Always]を選択する場合は、デバイスでトンネルポリシー[Define connection time-out]設定も使用して、接続によりバッテリーが切れないようにします。 接続のオンライン状態を維持することにより、ワイプやロックなどのセキュリティコマンドを必要に応じてデバイスにプッシュできます。 デバイスに展開された各ポリシーで、[Deployment Schedule][Deploy for always-on connections]オプションを選択する必要もあります。
    • Never:手動で接続します。 ユーザーはデバイスでXenMobileから接続を開始する必要があります。デバイスにセキュリティポリシーを展開できず、新しいアプリやポリシーを受信しなくなるため、実稼働環境ではこのオプションはおすすめしません。 
    • Every:指定された間隔で接続されます。 このオプションが有効な状態でロックやワイプなどのセキュリティポリシーを送信すると、この操作は次回デバイスが接続されたときに処理されます。 このオプションを選択すると、[Connect every N minutes]フィールドが表示されます。このフィールドに、デバイスが再接続されるまでの分数を入力する必要があります。 デフォルトは20です。
    • Define schedule:有効にすると、ユーザーのデバイス上のXenMobileは、ネットワーク接続が失われた後にXenMobileサーバーへの再接続を試行し、定義した期間中、一定の間隔でコントロールパケットを送信することによって接続を監視します。 接続期間の定義方法については、「接続期間の定義」を参照してください。
      • Maintain permanent connection during these hours:定義した期間中、ユーザーのデバイスが接続されている必要があります。
      • Require a connection within each of these ranges:定義した期間内に1回以上、ユーザーのデバイスが接続される必要があります。
      • Use local device time rather than UTC:定義した期間を、UTC(Coordinated Universal Time:協定世界時)ではなくローカルデバイスの時間に同期させます。

接続期間の定義

以下のオプションを有効にすると時間軸が表示されます。これを使用して必要な期間を定義できます。 特定の時間内に永続的な接続を必要とするオプション、または特定の期間内に1回の接続を必要とするオプションのいずれか、またはその両方を有効にできます。 時間軸の各四角は30分間であるため、毎平日の8:00 AM~9:00 AMに接続が必要な場合は、時間軸で毎平日の[8 AM]と[9 AM]の間の2つの四角をクリックします。

たとえば、次の図の2つの時間軸では、毎平日の8:00 AM~9:00 AMに永続的な接続、土曜日の12:00 AM~日曜日の1:00 AMに永続的な接続、毎平日の5:00 AM~8:00 AMまたは10:00 AM~11:00 PMに1回以上の接続が必要です。

localized image
8. 展開規則の構成

9.[Next]をクリックします。 [Connection Scheduling Policy]割り当てページが開きます。

localized image

10.[Choose delivery groups]の横に、ポリシーを割り当てるデリバリーグループを入力して検索するか、一覧でグループを選択します。 選択したグループが[Delivery groups to receive app assignment]一覧に表示されます。

11.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。 デフォルトのオプションは[ON]です。 [OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。 デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only when previous deployment has failed]をクリックします。 デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [Deploy for always-on connection]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。 デフォルトのオプションは[OFF]です。

注:

  • このオプションは、[Settings]>[Server Properties]において、バックグラウンドで展開するキーのスケジュールを構成した場合に適用されます。 常時接続オプションは、iOSデバイスでは使用できません。
  • 構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。 すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]は適用されません。

12. [Save]をクリックします。