Product Documentation

プロキシデバイスポリシー

Aug 02, 2016

XenMobileでデバイスポリシーを追加して、Windows Mobile/CEおよびiOS 6.0以降を実行しているデバイスのグローバルHTTPプロキシ設定を指定できます。 グローバルHTTPプロキシポリシーはデバイスごとに1つのみ展開できます。

注:このポリシーを展開する前に、グローバルHTTPプロキシを設定するすべてのiOSデバイスを必ず Supervised モードに設定してください。 詳しくは、「Apple Configuratorを使用してiOSデバイスをSupervisedモードにするには」を参照してください。

1.XenMobileコンソールで、[Configure]の[Device Policies]をクリックします。 [Device Policies]ページが開きます。

2. [Add]をクリックします。 [Add a New Policy]ダイアログボックスが開きます。

3. [More]をクリックした後、[Network access]の下の[Proxy]をクリックします。 [Proxy Policy]ページが開きます。

localized image

4. [Policy Information]ペインで、以下の情報を入力します。

  • Policy Name:ポリシーの説明的な名前を入力します。
  • Description:任意で、ポリシーの説明を入力します。

5.[Next]をクリックします。 [Policy Platforms]ページが開きます。

6. [Platforms]の下で、追加するプラットフォームをオンにします。 1つのプラットフォームのみを構成する場合は、それ以外のプラットフォームをオフにします。

1つのプラットフォームの設定の構成が完了したら、手順7.を参照してプラットフォームの展開規則を設定します。 

iOSの設定の構成

localized image

次の設定を構成します。

  • Proxy configuration:ユーザーのデバイスでのプロキシの構成方法に応じて、一覧から[Manual]または[Automatic]を選択します。
    • [Manual]を選択した場合は、次の設定を構成します。
      • Hostname or IP address for the proxy server:プロキシサーバーのホスト名またはIPアドレスを入力します。 このフィールドは必須です。
      • Port for the proxy server:プロキシサーバーのポート番号を入力します。 このフィールドは必須です。
      • Username:任意で、プロキシサーバーへの認証に使用するユーザー名を入力します。
      • Password:任意で、プロキシサーバーへの認証に使用するパスワードを入力します。
    • [Automatic]を選択した場合は、次の設定を構成します。
      • Proxy PAC URL:プロキシ構成を定義するPACファイルのURLを入力します。
      • Allow direct connection if PAC is unreachable:PACファイルに到達できない場合、ユーザーが直接宛先に接続できるようにするかどうかを選択します。 デフォルトは[ON]です。 このオプションはiOS 7.0以降でのみ使用できます。
  • Allow bypassing proxy to access captive networks:プロキシを使用せずにキャプティブネットワークにアクセスできるようにするかどうかを選択します。 デフォルトは[OFF]です。
  • ポリシー設定
    • [Remove policy]の横にある[Select date]または[Duration until removal (in days)]をクリックします。
    • [Select date]をクリックした場合、カレンダーをクリックして削除を実行する特定の日付を選択します。
    • [Allow user to remove policy]の一覧で、[Always][Password required][Never]のいずれかを選択します。
    • [Password required]を選択した場合、[Removal password]の横に必要なパスワードを入力します。

Windows Mobile/CEの設定の構成

localized image

次の設定を構成します。

  • Network:一覧から、使用するネットワークの種類を選択します。 デフォルトは[Built-in office]です。 選択できるオプションは以下のとおりです。
    • User-defined office
    • User-defined Internet
    • Built-in office
    • Built-in Internet
  • Network:一覧から、使用するネットワーク接続プロトコルを選択します。 デフォルトは[HTTP]です。 選択できるオプションは以下のとおりです。
    • HTTP
    • WAP
    • Socks 4
    • Socks 5
  • Hostname or IP address for the proxy server:プロキシサーバーのホスト名またはIPアドレスを入力します。 このフィールドは必須です。
  • Port for the proxy server:プロキシサーバーのポート番号を入力します。 このフィールドは必須です。 デフォルトは80です。
  • User name:任意で、プロキシサーバーへの認証に使用するユーザー名を入力します。
  • Password:任意で、プロキシサーバーへの認証に使用するパスワードを入力します。
  • Domain name:任意で、ドメイン名を入力します。
  • Enable:プロキシを有効にするかどうかを選択します。 デフォルトは[ON]です。
7. 展開規則を構成します。

8.[Next]をクリックします。 [Proxy Policy]割り当てページが開きます。

localized image

9.[Choose delivery groups]の横に、ポリシーを割り当てるデリバリーグループを入力して検索するか、一覧でグループを選択します。 選択したグループが右側の[Delivery groups to receive app assignment]一覧に表示されます。

10.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。 デフォルトのオプションは[ON]です。 [OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。 デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only when previous deployment has failed]をクリックします。 デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [Deploy for always-on connection]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。 デフォルトのオプションは[OFF]です。

注: 

  • このオプションは、[Settings]>[Server Properties]において、バックグラウンドで展開するキーのスケジュールを構成した場合に適用されます。 常時接続オプションは、iOSデバイスでは使用できません。
  •  構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。 すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]は適用されません。

11. [Save]をクリックします。