Product Documentation

制限デバイスポリシー

Aug 02, 2016

XenMobileでデバイスポリシーを追加して、ユーザーのデバイス、電話、タブレットなどの特定の機能を制限できます。 デバイス制限ポリシーは、iOS、MAC OS X、Samsung SAFE、Samusung KNOX、Windowsタブレット、Windows Phone、Amazon、Windows Mobile/CEの各プラットフォームに対して構成できます。 プラットフォームごとに必要な値が異なります。これらの値については、ここで説明しています。

このデバイスポリシーでは、デバイスの特定の機能(カメラなど)をユーザーが使用することを許可または制限します。 また、セキュリティ制限、メディアコンテンツの制限、ユーザーがインストールできる(できない)アプリケーションの種類の制限を設定できます。 ほとんどの制限設定は、デフォルトでは[ON]許可)に設定されています。 例外は、iOSセキュリティの強制機能とすべてのWindowsタブレット機能です。デフォルトで[OFF]制限)に設定されています。
ヒント:[ON]を選択したオプションは、ユーザーが操作を実行、または機能を使用できることを意味します。 次に例を示します。
  • CameraONの場合、ユーザーはデバイスでカメラを使用できます。 OFFの場合、ユーザーはデバイスでカメラを使用できません。
  • Screen shotsONの場合、ユーザーはデバイスでスクリーンショットを取得できます。 OFFの場合、ユーザーはデバイスでスクリーンショットを取得できません。

1. XenMobileコンソールで、 [構成] 、 [デバイス ポリシー] の順にクリックすると、 [デバイス ポリシー] ページが表示されます。

localized image

2.   [追加]をクリックすると、  [新しいポリシーの追加] ページが表示されます。

localized image

3.  [制限] をクリックすると、制限の[ポリシー 情報]ページが表示されます。

localized image

4.  [ポリシー情報] ペインで、以下の情報を入力します。

  • Policy Name:ポリシーの説明的な名前を入力します。
  • Description:任意で、ポリシーの説明を入力します。

4.[Next]をクリックします。 [Policy Platforms]ページが開きます。

5. [Platforms]の下で、追加する1つまたは複数のプラットフォームを選択すると、選択したプラットフォームごとにポリシー情報を変更できます。   以下のセクションで、制限する機能をクリックすると、設定が [OFF]に変わります。 特に注記がない場合は、デフォルト設定で機能は有効です。

各メニュー項目で次の操作を実行します。
iOSで次の設定を構成します
Mac OS Xで次の設定を構成します
Samsung SAFEで次の設定を構成します
Samsung KNOXで次の設定を構成します
Windows Phoneで次の設定を構成します
Windowsタブレットで次の設定を構成します
Amazonで次の設定を構成します
Windows Mobile/CEで次の設定を構成します

プラットフォームに対する制限の設定が完了した後の、プラットフォームの展開規則の設定方法については、このトピックの後半にある手順7を参照してください。 

[iOS]を選択した場合は、次の設定を構成します。

localized image
iOSの設定

Mac OS Xの設定の構成

localized image
Mac OS Xの設定

Samsung SAFEの設定の構成

localized image
Samsung SAFEの設定

Samsung KNOXの設定の構成

localized image
Samsung KNOXの設定

Windows Phoneの設定の構成

localized image
Windows Phoneの設定

Windowsタブレットの設定の構成

localized image
Windowsタブレットの設定

Amazonの設定の構成

localized image
Amazonの設定

Windows Mobile/CEの設定の構成

localized image
Windows Mobile/CEの設定
7. 展開規則の構成

8. [Next]をクリックします。[Restrictions Policy]割り当てページが表示されます。

localized image

9.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。 デフォルトのオプションは[ON]です。 [OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。 デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only when previous deployment has failed]をクリックします。 デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [Deploy for always-on connection]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。 デフォルトのオプションは[OFF]です。

注:

  • このオプションは、[Settings]の[Server Properties]において、バックグラウンドで展開するキーのスケジュールを構成した場合に適用されます。 常時接続オプションは、iOSデバイスでは使用できません。
  • 構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。 すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]は適用されません。

10.[Save]をクリックしてポリシーを保存します。