Product Documentation

署名証明書デバイスポリシー

Aug 02, 2016

XenMobileでデバイスポリシーを追加して、APPXファイルへの署名に使用される署名証明書を構成することができます。 署名証明書は、ユーザーにAPPXファイルを配布して、ユーザーがWindowsタブレットにアプリケーションをインストールできるようにする場合に必要です。

1.XenMobileコンソールで、[Configure]の[Device Policies]をクリックします。 [Device Policies]ページが開きます。

2. [Add]をクリックします。 [Add a New Policy]ダイアログボックスが開きます。

3. [More]をクリックした後、[Apps]の下の[Signing Certificate]をクリックします。 [Signing Certificate Policy]ページが開きます。

localized image

4. [Policy Information]ペインで、以下の情報を入力します。

  • Policy Name:ポリシーの説明的な名前を入力します。
  • Description:必要に応じて、ポリシーの説明を入力します。

5.[Next]をクリックします。 [Windows Tablet Platform]ページが開きます。

localized image

6. 次の設定を構成します。

  • Signing certificate[Browse]をクリックしてAPPXファイルへの署名に使用する証明書ファイルの場所に移動し、ファイルを選択します。
  • Password:署名証明書へのアクセスに必要なパスワードを入力します。 
7. 展開規則の構成

8.[Next]をクリックします。 [Signing Certificate Policy]割り当てページが開きます。

localized image

9.[Choose delivery groups]の横に、ポリシーを割り当てるデリバリーグループを入力して検索するか、一覧でグループを選択します。 選択したグループが右側の[Delivery groups to receive app assignment]一覧に表示されます。

10.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。 デフォルトのオプションは[ON]です。 [OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。 デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only when previous deployment has failed]をクリックします。 デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [Deploy for always-on connection]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。 デフォルトのオプションは[OFF]です。
注:
  • このオプションは、[Settings]>[Server Properties]において、バックグラウンドで展開するキーのスケジュールを構成した場合に適用されます。 常時接続オプションは、iOSデバイスでは使用できません。
  • 構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。 すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]は適用されません。

11. [Save]をクリックします。