Product Documentation

アプリケーションアクセスデバイスポリシー

Apr 27, 2017
XenMobileのアプリケーションアクセスデバイスポリシーでは、デバイスへのインストールが必須のアプリケーション、デバイスにインストール可能なアプリケーション、デバイスへのインストールが禁止されるアプリケーションの一覧を定義できます。次に、そのアプリケーション一覧に準拠しているデバイスに対して行う自動化された操作を作成できます。アプリケーションアクセスポリシーは、iOS、Android、Windows Mobile/CEデバイスに対して作成できます。 

アクセスポリシーは一度に1種類のみ構成できます。必須アプリケーション、推奨アプリケーション、禁止アプリケーションのいずれかの一覧のポリシーを追加できますが、同じアプリケーションアクセスポリシー内に混在させることはできません。一覧の種類ごとにポリシーを作成する場合、XenMobileでどのポリシーがどのアプリケーション一覧に適用されるかがわかるようにするため、各ポリシーの名前付けに注意することをお勧めします。

1. XenMobileコンソールで、[Configure]の[Device Policies]をクリックします。

2.[Add]をクリックします。[Add a New Policy]ダイアログボックスが開きます。

3.[More]を展開し、[Apps]の下の[App Access]をクリックします。[App Access Policy]情報ページが開きます。

localized image

4.[Policy Information]ペインで、以下の情報を入力します。

  • Policy Name:ポリシーの説明的な名前を入力します。
  • Description:任意で、ポリシーの説明を入力します。

5.[Next]をクリックします。[Policy Platforms]ページが開きます。

[Platforms]の下で、追加するプラットフォームをオンにします。1つのプラットフォームのみを構成する場合は、それ以外のプラットフォームをオフにします。

1つのプラットフォームの設定の構成が完了したら、手順7を参照してプラットフォームの展開規則を設定します。

6. 選択したプラットフォームごとに、次の設定を構成します。

  • Access policy:[Required]、[Suggested]、[Forbidden]のいずれかをクリックします。デフォルトは[Required]です。
  • 1つまたは複数のアプリケーションを一覧に追加するには、[Add]をクリックして以下の操作を行います。
    • App name:アプリケーション名を入力します。
    • App Identifier:任意で、アプリケーション識別子を入力します。
    • [Save]または[Cancel]をクリックします。
    • 追加するアプリケーションごとに上記の手順を繰り返します。

:既存のアプリケーションを削除するには、項目が含まれる行の上にマウスポインターを置き、右側のごみ箱アイコンをクリックします。確認ダイアログボックスが開きます。項目を削除するには[Delete]をクリックし、項目をそのままにするには[Cancel]をクリックします。

既存のアプリケーションを編集するには、項目が含まれる行の上にマウスポインターを置き、右側のペンアイコンをクリックします。項目を変更し、[Save]をクリックして変更した項目を保存するか、[Cancel]をクリックして項目を変更せずそのままにします。

7. 展開規則を構成します。

8. [Next]をクリックします。次のプラットフォームのページまたは[App Access Policy]割り当てページが開きます。

9.[Choose delivery groups]の横に、ポリシーを割り当てるデリバリーグループを入力して検索するか、一覧でグループを選択します。選択したグループが右側の[Delivery groups to receive app assignment]の一覧に表示されます。

10.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。デフォルトのオプションは[ON]です。[OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only when previous deployment has failed]をクリックします。デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [Deploy for always-on connection]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。デフォルトのオプションは[OFF]です。

注:

  • このオプションは、[Settings]>[Server Properties]において、バックグラウンドで展開するキーのスケジュールを構成した場合に適用されます。常時接続オプションは、iOSデバイスでは使用できません。
  • 構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]は適用されません。

11.[Save]をクリックします。