XenMobile

XenMobile Server 10.13 Rolling Patch 3リリースのリリースノート

これらのリリースノートでは、XenMobile Server 10.13 Rolling Patch 3の拡張機能と解決された問題、および既知の問題について説明しています。

新機能

Secure Hub APNs証明書の更新。XenMobile Server 10.13のSecure Hub Appleプッシュ通知サービス(APNs)証明書は、2021年6月17日に有効期限が切れます。この更新プログラムにより、Secure Hub APNs証明書が更新され、有効期限が2022年5月7日になります。 [CXM-94070]

APNs通知用の代替ポート。XenMobile Serverは、ポート443の代わりにポート2197の使用をサポートするようになりました。ポート2197を使用して、api.push.apple.comに対してAPNs通知を送信しフィードバックを受信します。このポートは、最新のHTTP/2ベースのAPNsプロバイダーAPIを使用します。サーバープロパティapns.http2.alternate.port.enabledのデフォルト値はfalseです。代替ポートを使用するには、サーバープロパティを更新してからサーバーを再起動します。 [CXM-93911]

解決された問題

macOS 10.14以降を実行しているデバイスを登録した直後は、XenMobile Serverコンソールにデバイスのプロパティが表示されない場合もあります。デバイスを再起動すると、デバイスのプロパティが正常に表示されます。 [CXM-94150]

制限ポリシーで同じアプリの [システムアプリを有効化] 設定と [アプリケーションを無効化] 設定の両方を有効にすると、アプリが仕事用プロファイルに表示されます。 [CXM-94097]

XenMobile ServerコンソールにSNMPユーザーを追加すると、ユーザーは [SNMP監視ユーザー] 一覧に表示されないか、SNMPエージェントが非アクティブになります。 [CXM-93199]

XenMobile Serverでは、NetScaler Gateway接続性チェックで結果が表示されません。 [CXM-93134]

XenMobile Serverコンソールに、正しいルート証明書の有効期限が表示されません。 [CXM-93133]

XenMobile Server 10.13 Rolling Patch 3リリースのリリースノート