Product Documentation

XenMobileでのグループ登録招待状の送信

2018年2月21日

John Bartel III

XenMobileでグループに登録招待状を送信できます。ネストされたグループにも招待状を送信できます。グループ招待状を設定するときは、1つまたは複数のデバイスプラットフォームを指定できます。企業所有のデバイスと従業員が所有するデバイスを区別できるように、デバイスにタグを付けることもできます。次に、ユーザーデバイスの認証の種類を設定します。

注:

カスタム通知テンプレートを使用する予定の場合は、登録モードを構成する前にテンプレートを設定しておく必要があります。通知テンプレートについて詳しくは、「通知テンプレートの作成と更新」を参照してください。

ユーザーアカウント、役割、および登録モードと招待状の基本的な構成の詳細については、「ユーザーアカウント、役割、および登録」を参照してください。

一般的な手順

  1. XenMobileコンソールで、[管理]>[登録招待] に移動します。

  2. 画面の左上にある [追加] をクリックし、[招待の追加] をクリックします。

  3. [宛先] メニューの [グループ] をクリックします。

    このステップでは、1つまたは複数のプラットフォームを選択できます。社内に異なるオペレーティングシステムプラットフォームが混在している場合は、すべてのプラットフォームを選択します。特定のプラットフォームを使用するユーザーがいないことがわかっている場合は、そのプラットフォームの選択をオフにします。

  4. 招待プロセス中にデバイスにタグを付けるように選択できます。[コーポレート] または [従業員] を選択します。

    タグ付けにより、企業所有のデバイスと従業員所有のデバイスを簡単に区別することができます。

  5. [ドメイン] 一覧で、グループが存在するドメインを選択します。

  6. [グループ] 一覧で、招待状を送信するActive Directoryグループを選択します。

  7. [登録モード] では、ユーザーに対する認証の種類を設定できます。

    • ユーザー名およびパスワード
    • 高セキュリティ
    • 招待URL
    • 招待 URLおよび PIN
    • 招待 URLおよびパスワード
    • 2要素
    • ユーザー名およびPIN
  8. エージェントダウンロード登録用URL登録PIN、および 登録確認用 テンプレートでは、過去に作成したカスタムの通知テンプレートを選択します。または、一覧に記載されているデフォルトを選択します。

    カスタム通知テンプレートを使用する予定の場合は、登録モードを構成する前にテンプレートを設定しておく必要があります。通知テンプレートについて詳しくは、「通知」を参照してください。

    これらの通知テンプレートでは、XenMobile内で構成したSMTPサーバー設定を使用します。続行する前にまずSMTP情報を設定してください。

    注:

    [有効期限] および [最大試行数] のオプションは、選択した [登録モード] オプションに基づいて変更されます。ユーザーはこれらのオプションを変更できません。

  9. [招待状を送信] で[オン]を選択し、[保存]および[送信] をクリックしてプロセスを完了します。

ネストされたグループのサポート

ネストされたグループを使用して招待状を送信できます。通常、ネストされたグループは、同じ権限を持つグループが互いにバインドされている大規模な環境で使用されます。

[設定]>[LDAP] に移動し、[ネストされたグループをサポートする] オプションを有効にします。

トラブルシューティングと既知の制限事項

問題: Active Directoryグループから削除したユーザーにも招待状が送信されます。

解決策: Active Directory環境の規模によっては、変更がすべてのサーバーに反映されるまでに最大6時間かかることがあります。ユーザーまたはネストされたグループが最近削除された場合、XenMobileでは引き続きこのユーザーがグループの一部と見なされる可能性があります。

このため、グループに別のグループへの招待状を送信する前に、最大6時間待つことをお勧めします。

XenMobileでのグループ登録招待状の送信