システム要件

ここでは、XenServerホストとXenCenterの両方のシステム要件について説明します。

XenServerを使用するには、物理コンピューターが少なくとも2台必要です。1台はXenServerホストとして動作し、1台はXenCenterを実行します。XenServerホストコンピューターは、XenServerの実行(つまり仮想マシンのホスト)のみを行い、ほかのアプリケーションを実行することはできません。

警告:

シトリックスにより提供されるアップデートパッケージの内容を除き、XenServerホストのコントロールドメイン(dom0)上にサードパーティ製ソフトウェアを直接インストールすることはサポートされていません。

XenCenterは、ハードウェア要件を満たす汎用のWindowsコンピュータ上で実行でき、 このコンピュータ上でほかのアプリケーションを実行することもできます。

XenServerホストのシステム要件

一般的に、XenServerはサーバークラスのハードウェア上にインストールされますが、多くのモデルのワークステーションやノートブックにもインストールできます。XenServerと互換性のあるハードウェアについて詳しくは、http://www.citrix.com/xenserver/hclを参照してください。ここでは、推奨されるXenServerハードウェア仕様について説明します。

仮想マシンを実行するXenServerホストには、サーバークラスの64ビットx86マシンを使用します。XenServerは、Xen対応カーネルを使用する最適化され強化されたLinuxパーティションを作成します。このカーネルは、仮想マシンが認識する仮想化デバイスと物理ハードウェアの間の相互作用を制御します。

XenServerでは次を使用できます:

  • 最大5TBのRAM
  • 最大16枚のNIC
  • ホストあたり最大288基の論理プロセッサ

注:

サポートされる論理プロセッサの最大数は、CPUによって異なります。詳しくは、XenServerハードウェア互換性一覧(HCL)を参照してください。

XenServerホストのシステム要件は、以下のとおりです:

CPU

64ビットx86 CPU、最低1.5GHz、2GHz以上の速度のマルチコアCPUを推奨。

Windows仮想マシンを実行するには、Intel VTまたはAMD-Vをサポートする、64ビットx86ベースのCPUが1つ以上必要です。

注:

Windows仮想マシンを実行するには、XenServerホストで仮想化のハードウェアサポートが有効である必要があります。この機能は、BIOSのオプションで有効にします。BIOSの設定で仮想化のサポートが無効になっている場合があります。詳しくは、BIOSのドキュメントを参照してください。

準仮想化Linux仮想マシンを実行するには、標準的な64ビットx86ベースのCPUが1つ以上必要です。

RAM

最小2GB、4GB以上を推奨。

ディスク領域

ローカル接続の(PATA、SATA、SCSI)ストレージ。46GB(最小)、70GB(推奨)。マルチパス構成のSANからの起動が設定されている場合はHBA接続(ソフトウェア接続でないもの)のSAN(互換性のあるストレージソリューションについてはhttp://hcl.vmd.citrix.comを参照してください)。

ネットワーク

100Mbit/秒またはより高速なNIC。P2V、エクスポート/インポートデータ転送、および仮想マシンのライブマイグレーションを高速に実行するには、1つまたは複数のギガビットNIC、または10ギガビットNICの使用が推奨されます。

冗長性を向上させるため、複数のNICを使用することをお勧めします。NICの設定方法は、使用するストレージの種類により異なります。詳しくは、ベンダーのドキュメントを参照してください。

注:

  • サーバーのBIOSの時間設定がUTCの現在時刻に設定されていることを確認してください。
  • デバッグ時に、ホストのシリアルコンソールへのアクセスが必要になることがあります。このため、XenServerのセットアップ時にシリアルコンソールにアクセスできるように設定しておくことをお勧めします。ブレードサーバーなど、物理シリアルポートを搭載していないホストや、適切な物理インフラストラクチャを使用できない環境では、Dell DRACやHP iLOなどの埋め込み管理デバイスを設定できるかどうかを確認してください。シリアルコンソールアクセスの設定について詳しくは、「CTX228930 - How to Configure Serial Console Access on XenServer 7.0 and later」を参照してください。

XenCenterのシステム要件

XenCenterには次のシステム要件があります:

  • オペレーティングシステム:Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1、Windows Vista SP2、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Server 2008 SP2
  • .NET Framework:バージョン4.6
  • CPU速度: 最低750MHz、1GHz以上を推奨
  • RAM:最小1GB、2GB以上を推奨
  • ディスク領域:最小100MB
  • ネットワーク:100Mb以上の速度のNIC
  • 画面の解像度:1024x768ピクセル以上

XenCenterは、XenServer 6.0以降のすべてのバージョンと互換性があります。

サポートされるゲストオペレーティングシステム

サポートされている仮想マシンオペレーティングシステムの一覧については、「ゲストオペレーティングシステムのサポート」を参照してください。