仮想マシンの問題のトラブルシューティング

Citrixでは、次の2種類のサポートを提供しています:シトリックスサポート[Citrix]のWebサイトで無料セルフヘルプサポートを利用するか、このサイトからサポートサービスを購入できます。Citrixのテクニカルサポートを受けるには、オンラインでサポートケースを登録したり、サポート担当者に電話したりできます。

シトリックスサポートサイトでは、Citrix Hypervisorの問題解決に有用な情報が提供されています。ここでは、製品のドキュメント、ナレッジベース、ディスカッションフォーラムなどのリソースにアクセスできます。

ここでは、仮想マシンの動作に問題が生じた場合の解決方法について説明します。また、問題についてXenServerソリューションプロバイダやシトリックスに問い合わせる場合に必要な、アプリケーションログの場所やそのほかの情報についても説明します。

インストールに関する問題とその解決方法については、『XenServerインストールガイド』を参照してください。また、XenServerホストに関する問題とその解決方法については、『XenServer管理者ガイド』を参照してください。

ここで説明するトラブルシューティングを実行する場合には、XenServerソリューションプロバイダまたはシトリックスサポートの指示に従うことをお勧めします。

ベンダーによるアップデート:オペレーティングシステムのベンダーが提供するアップデートを使用して、仮想マシンを最新の状態にしておくことをお勧めします。仮想マシンのクラッシュやそのほかの障害が、ベンダーにより修復されている場合があります。

仮想マシンのクラッシュ

仮想マシンのクラッシュの問題を解決するには、カーネルのクラッシュダンプ情報を参照します。クラッシュが再現可能な場合は、この手順に従って、この問題をより詳細に調査するため、ゲストOSのベンダーに連絡してください。

Linux仮想マシンのクラッシュダンプ設定

Linux仮想マシンの一般的な問題のトラブルシューティング Linux仮想マシンでのクラッシュダンプの動作は、actions-after-crashパラメーターで制御できます。設定可能な値は以下のとおりです。

説明
preserve 仮想マシンを一時停止状態にします(解析のため)。
restart コアダンプを記録せずに、仮想マシンを再起動します(デフォルト)。
destroy コアダンプを記録せずに、仮想マシンを停止状態のままにします。

Linux仮想マシンのクラッシュダンプの保存を有効にするには

  1. XenServerホスト上で、次のコマンドを実行して、対象の仮想マシンのUUIDを確認します:

    xe vm-list name-label=name params=uuid --minimal
    
  2. xe vm-param-setを使用してactions-after-crash値を変更します。たとえば、dom0で次のコマンドを実行します:

    xe vm-param-set uuid=vm_uuid actions-after-crash=preserve
    
  3. 仮想マシンをクラッシュします。

    PVゲストの場合は、仮想マシンで次のコマンドを実行します。

    echo c | sudo tee /proc/sysrq-trigger
    
  4. dom0でダンプコアを実行します。たとえば、次のコマンドを実行します。

    xl dump-core domid filename
    

Windows仮想マシンのクラッシュダンプ設定

Windows仮想マシンの一般的な問題のトラブルシューティング Windows仮想マシンでのコアダンプの動作は、actions-after-crashパラメータで制御できません。デフォルトでは、Windowsのクラッシュダンプは、Windows仮想マシン自体の%SystemRoot%\Minidumpに保存されます。

仮想マシンでのダンプレベルは、[マイコンピュータ]>[プロパティ]>[詳細設定]>[起動と回復] で設定できます。

Linux仮想マシンの起動問題のトラブルシューティング

Linux仮想マシンの起動の問題のトラブルシューティング XenServerホストのコントロールドメインには、シャットダウン状態のLinux仮想マシンのブートローダー設定を編集できるxe-edit-bootloaderという名前のユーティリティスクリプトがあります。このスクリプトを使用して、起動時の問題を解決できます。

このスクリプトを使用するには:

  1. 対象の仮想マシンがシャットダウンされているかどうかを確認するため、次のコマンドを実行します。

    xe vm-list
    

    power-stateの値はhaltedになります。

  2. 仮想マシンのUUIDを指定して編集対象のブートローダーを開くには、次のコマンドを実行します。

    xe-edit-bootloader -u linux_vm_uuid -p partition_number
    

    仮想マシンの名前を指定して編集対象のブートローダーを開くには、次のコマンドを実行します。

    xe-edit-bootloader -n linux_vm_name_label -p partition_number
    

    パーティション番号には、ファイルシステムが設定されているディスクのスライスを指定します。デフォルトのDebianテンプレートの場合、最初のパーティションになるため、パーティション番号は1です。

  3. 指定した仮想マシンのgrub.confファイルがエディタで表示されます。問題を解決するための変更を行い、ファイルを保存してエディタを終了し、仮想マシンを起動します。