展開の監視と管理

XenServerでは、CPU、メモリ、ディスク、ネットワーク、C-状態/P-状態情報、ストレージなどのパフォーマンス測定値(メトリクス)を詳細に監視できます。これらの測定値は、必要に応じてホスト単位または仮想マシン単位で監視できます。これらの測定値は、直接アクセスして使用したり、XenCenterやそのほかのサードパーティ製アプリケーションで視覚的に表示したりできます。

また、XenServerではシステムやパフォーマンスに関するアラートを生成できます。アラートは、特定のシステムイベントが発生した場合に通知を生成します。これらの通知は、ホスト、仮想マシン、またはストレージリポジトリで次の値が特定のしきい値を超過した場合に生成されます:CPU使用率、ネットワーク使用量、メモリ使用量、コントロールドメインのメモリ使用率、ストレージスループット、または仮想マシンのディスク使用量。アラートは、xe CLI、またはXenCenterを使用して構成できます。ホストまたは仮想マシンのパフォーマンス測定値に基づいて通知を作成するには、「パフォーマンスアラート」を参照してください。

XenServerのパフォーマンスの監視

XenServerホストや仮想マシンのパフォーマンスは、ラウンドロビンデータベース(RRD)に格納される測定値を使って監視できます。これらの測定値は、HTTPまたはRRD2CSVツールを使って照会できます。また、XenCenterでは、これらのデータに基づいてシステムパフォーマンスグラフが作成されます。詳しくは、「パフォーマンス測定値の解析と表示」を参照してください。

以下の表は、ホストおよび仮想マシンで使用可能なパフォーマンス測定値の一覧です。

注:

  • 一定期間における遅延は、その期間の遅延時間を平均化したものです。
  • 一部の測定値は、ストレージリポジトリやCPUにより使用できない場合があります。
  • GFS2ストレージリポジトリおよびこれらのストレージリポジトリ上のディスクでは、パフォーマンス測定値は利用できません。

ホストのパフォーマンス測定値

測定値名 説明 条件 XenCenter 名前
avgqu_sz_<sr-uuid-short> I/Oキューのサイズの平均 (要求)。 ホストのSR<sr-uuid-short>で1つ以上のVBDがプラグされていること。 sr-uuid-shortキューのサイズ
cpu<cpu>-C<cstate> CPUcpuがC-状態cstateである時間(ミリ秒)。 CPUにC-状態があること。 CPUcpuC-状態cstate
cpu<cpu>-P<pstate> CPUcpuがP-状態pstateである時間(ミリ秒)。 CPUにP-状態があること。 CPUcpuP-状態pstate
cpu<cpu> 物理CPUcpuの使用率。デフォルトで有効。 CPUcpuがあること。 CPU cpu
cpu_avg すべての物理CPUの平均使用率。デフォルトで有効。 なし 平均CPU
inflight_<sr-uuid-short> インフライト状態のI/O要求数。デフォルトで有効。 ホストのSRsrで1つ以上のVBDがプラグされていること。 srインフライト要求
io_throughput_read_<sr-uuidshort> SRからの読み取りデータ(MiB/秒)。 ホストのSRsrで1つ以上のVBDがプラグされていること。 sr読み取りスループット
io_throughput_write_<sr-uuidshort> SRへの書き込みデータ(MiB/秒)。 ホストのSRsrで1つ以上のVBDがプラグされていること。 sr書き込みスループット
io_throughput_total_<sr-uuidshort> SRのすべてのI/O(MiB/秒)。 ホストのSRsrで1つ以上のVBDがプラグされていること。 sr合計スループット
iops_read_<sr-uuid-short> 1秒あたりの読み取り要求。 ホストのSRsrで1つ以上のVBDがプラグされていること。 sr読み取りIOPS
iops_write_<sr-uuid-short> 1秒あたりの書き込み要求。 ホストのSRsrで1つ以上のVBDがプラグされていること。 sr書き込みIOPS
iops_total_<sr-uuid-short> 1秒あたりのI/O要求。 ホストのSRsrで1つ以上のVBDがプラグされていること。 sr合計IOPS
iowait_<sr-uuid-short> I/O待機時間のパーセンテージ。 ホストのSRsrで1つ以上のVBDがプラグされていること。 srIO待機
latency_<sr-uuid-short> 平均I/O遅延(ミリ秒)。 ホストのSRsrで1つ以上のVBDがプラグされていること。 sr 遅延時間
loadavg ドメイン0の負荷平均。デフォルトで有効。 なし コントロールドメインロード
memory_free_kib 合計空きメモリ量(KiB)。デフォルトで有効。 なし 空きメモリ
memory_reclaimed 圧縮により解放されたホストメモリ(B)。 なし 解放されたメモリ
memory_reclaimed_max 圧縮(B)により解放されるホストメモリ。 なし 解放されるメモリ (概算値)
memory_total_kib ホストの合計メモリ量(KiB)。デフォルトで有効。 なし メモリ合計
network/latency ローカルホストからすべてのオンラインホストに送信された最後の2回のハートビートの間隔(秒)。デフォルトでは、無効になっています。 HAが有効であること。 ネットワーク遅延
statefile/<t>/latency ローカルホストからステートファイルへの前回アクセス時の応答時間(秒)。デフォルトでは、無効になっています。 HAが有効であること。 高可用性ステートファイル遅延
pif_<pif>_rx 物理インターフェイスpifでの1秒あたりの受信バイト。デフォルトで有効。 PIFが存在すること XenCenter-pifname受信(注参照)
pif_<pif>_tx 物理インターフェイスpifでの1秒あたりの送信バイト。デフォルトで有効。 PIFが存在すること XenCenter-pifname送信(注参照)
pif_<pif>_rx_errors 物理インターフェイスpifでの1秒あたりの受信エラー数。デフォルトでは、無効になっています。 PIFが存在すること XenCenter-pifname受信エラー(注参照)
pif_<pif>_tx_errors 物理インターフェイスpifでの1秒あたりの転送エラー数。デフォルトで無効。 PIFが存在すること XenCenter-pifname送信エラー(注参照)
pif_aggr_rx すべての物理インターフェイスでの1秒あたりの受信バイト。デフォルトで有効。 なし NIC受信合計
pif_aggr_tx すべての物理インターフェイスでの1秒あたりの送信バイト。デフォルトで有効。 なし NIC送信合計
pvsaccelerator_evicted キャッシュから削除された1秒あたりのバイト数 PVSアクセラレータが有効 PVSアクセラレータの削除の割合
pvsaccelerator_read_hits キャッシュから供給された1秒あたりの読み取り数 PVSアクセラレータが有効 PVSアクセラレータでヒットした割合
pvsaccelerator_read_misses キャッシュから供給されない1秒あたりの読み取り数 PVSアクセラレータが有効 PVSアクセラレータでヒットしなかった割合
pvsaccelerator_traffic_client_sent キャッシュされたPVSクライアントから送信された1秒あたりのバイト数 PVSアクセラレータが有効 PVSアクセラレータはクライアントからのネットワークトラフィックを確認しました
pvsaccelerator_traffic_server_sent キャッシュされたPVSサーバーから送信された1秒あたりのバイト数 PVSアクセラレータが有効 PVSアクセラレータはサーバーからのネットワークトラフィックを確認しました
pvsaccelerator_read_total キャッシュによって観測された1秒あたりの読み取り数 PVSアクセラレータが有効 PVSアクセラレータで確認した読み取りの割合
pvsaccelerator_traffic_proxy_saved PVSサーバーの代わりにPVSAcceleratorによって送信された1秒あたりのバイト数 PVSアクセラレータが有効 PVSアクセラレータはネットワークトラフィックを保存しました
pvsaccelerator_space_utilization キャッシュストレージの合計サイズと比較した、このホスト上でPVSAcceleratorによって使用された領域の割合 PVSアクセラレータが有効 PVSアクセラレータの容量使用率
sr_<sr>_cache_size IntelliCacheストレージリポジトリのサイズ(B)。デフォルトで有効。 IntelliCacheが有効であること。 IntelliCacheキャッシュサイズ
sr_<sr>_cache_hits 1秒あたりの成功キャッシュ。デフォルトで有効。 IntelliCacheが有効であること。 IntelliCacheキャッシュ成功
sr_<sr>_cache_misses 1秒あたりの失敗キャッシュ。デフォルトで有効。 IntelliCacheが有効であること。 IntelliCacheキャッシュ失敗
xapi_allocation_kib XAPIデーモンによる割り当てメモリ量(KiB)。デフォルトで有効。 なし エージェントメモリ割り当て
xapi_free_memory_kib XAPIデーモンで使用可能な空きメモリ量(KiB)。デフォルトで有効。 なし 空きエージェントメモリ
xapi_healthcheck/latency_health ローカルホストでの前回XAPIモニタリングコール時の応答時間(秒)。デフォルトで無効。 高可用性が有効 XenServerヘルスチェック遅延
xapi_live_memory_kib XAPIデーモンで使用中のライブメモリ量(KiB)。デフォルトで有効。 なし エージェントメモリライブ
xapi_memory_usage_kib XAPIデーモンで使用中の合計メモリ量(KiB)。デフォルトで有効。 なし エージェントメモリ使用

仮想マシンのパフォーマンス測定値

測定値名 説明 条件 XenCenter 名前
cpu<cpu> 仮想CPUcpuの使用率。デフォルトで有効。 仮想CPUcpuがあること。 CPU
memory 仮想マシンに割り当てられているメモリ量(B)。デフォルトで有効。 なし メモリ合計
memory_target 仮想マシンバルーンドライバの目標メモリ量(B)。デフォルトで有効。 なし メモリ目標値
memory_internal_free ゲストエージェントにより報告された使用メモリ量(KiB)。デフォルトで有効。 なし 空きメモリ
runstate_fullrun すべての仮想CPUが実行されていた時間。 なし 仮想CPU完全実行
runstate_full_contention すべての仮想CPUが実行可能であった時間(CPUの待機中など)。 なし 仮想CPU完全競合
runstate_concurrency_hazard 一部の仮想CPUが実行されていて一部が実行可能であった時間。 なし 仮想CPU並列性のハザード
runstate_blocked すべての仮想CPUがブロックされていたりオフラインであったりした時間。 なし 仮想CPUアイドル
runstate_partial_run 一部の仮想CPUが実行されていて一部がブロックされていた時間。 なし 仮想CPU部分実行
runstate_partial_contention 一部の仮想CPUが実行可能で一部がブロックされていた時間。 なし 仮想CPU部分競合
vbd_<vbd>_write デバイスvbdへの1秒あたりの書き込みバイト。デフォルトで有効。 VBDvbdがあること。 ディスクvbd書き込み
vbd_<vbd>_read デバイスvbdからの1秒あたりの読み取りバイト。デフォルトで有効。 VBDvbdがあること。 ディスクvbd読み取り
vbd_<vbd>_write_latency デバイスvbdへの書き込み(ミリ秒)。 VBDvbdがあること。 ディスクvbd書き込み遅延
vbd_<vbd>_read_latency デバイスvbdからの読み取り(ミリ秒)。 VBDvbdがあること。 ディスクvbd読み取り遅延
vbd <vbd>_iops_read 1秒あたりの読み取り要求。 ホストの非ISO VDI用に1つ以上のVBDがプラグされていること。 ディスクvbd読み取りIOPS
vbd <vbd>_iops_write 1秒あたりの書き込み要求。 ホストの非ISO VDI用に1つ以上のVBDがプラグされていること。 ディスクvbd書き込みIOPS
vbd <vbd>_iops_total 1秒あたりのI/O要求。 ホストの非ISO VDI用に1つ以上のVBDがプラグされていること。 ディスクvbd合計IOPS
vbd <vbd>_iowait I/O待機時間のパーセンテージ。 ホストの非ISO VDI用に1つ以上のVBDがプラグされていること。 ディスクvbdIO待機
vbd <vbd>_inflight インフライト状態のI/O要求数。 ホストの非ISO VDI用に1つ以上のVBDがプラグされていること。 ディスクvbdインフライト要求
vbd <vbd>_avgqu_sz I/Oキューのサイズの平均。 ホストの非ISO VDI用に1つ以上のVBDがプラグされていること。 ディスクvbdキューのサイズ
vif_<vif>_rx 仮想インターフェイスvifでの1秒あたりの受信バイト。デフォルトで有効。 VIFvifがあること。 vif受信
vif_<vif>_tx 仮想インターフェイスvifでの1秒あたりの転送バイト。デフォルトで有効。 VIFvifがあること。 vif送信
vif_<vif>_rx_errors 仮想インターフェイスvifでの1秒あたりの受信エラー数。デフォルトで有効。 VIFvifがあること。 vif受信エラー
vif_<vif>_tx_errors 仮想インターフェイスvifでの1秒あたりの転送エラー数。デフォルトで有効。 VIFvifがあること。 vif送信エラー

注:

<XenCenter-pif-name>の値は、以下のいずれかを示します:

   
NIC <pif> <pif>がpif_eth#を含んでいる場合(##は0~9)
<pif> <pif>がpif_eth#.##またはpif_xenbr##またはpif_bond##を含んでいる場合
<内部>ネットワーク <pif> <pif>がpif_xapi##を含んでいる場合(<内部>の部分は変数ではありません)
TAP <tap> <pif>がpif_tap##を含んでいる場合
xapiループバック <pif>がpif_loを含んでいる場合

パフォーマンス測定値の解析と表示

XenCenterの[パフォーマンス]タブでは、リソースプールの全体的なパフォーマンス測定値をリアルタイムで監視でき、仮想マシンおよび物理マシンのパフォーマンスの傾向を視覚的に確認することができます。デフォルトでは、CPU、メモリ、ネットワーク、ディスク入出力に関するデータが[パフォーマンス]タブに表示されます。パフォーマンス測定値を追加したり、既存のグラフの外観を変更したり、追加のグラフを作成したりすることができます。詳しくは、後のセクションで「パフォーマンス測定値の設定」を参照してください。

  • 過去12か月までさかのぼってパフォーマンスデータを表示でき、測定値が急増している部分などをクローズアップして表示することもできます。

  • XenCenterでは、サーバー、仮想マシンまたはストレージリポジトリのCPU、メモリ、ネットワーク入出力、ストレージ入出力、またはディスク入出力の使用状況が特定のしきい値を超過した場合に、アラートが生成されるように設定できます。詳しくは、後述の「アラート」を参照してください。

注:

その仮想マシンに XenServer Tools(準仮想化ドライバ)をインストールして、仮想マシンのすべてのパフォーマンスデータを表示します。

パフォーマンスグラフを設定する

新しいグラフを追加するには:

  1. [パフォーマンス] タブで、[操作][新規グラフ] の順にクリックします。[新規グラフ]ダイアログボックスが開きます。

  2. [名前]ボックスにグラフの名前を入力します。

  3. [データソース]の一覧で、グラフに追加するデータソースのチェックボックスをオンにします。

  4. [Save] をクリックします。

既存のグラフを編集するには:

  1. [パフォーマンス]タブで、編集するグラフをクリックします。

  2. グラフを右クリックして[操作]を選択するか、[操作]ボタンをクリックします。[グラフの編集]を選択します。

  3. グラフの[詳細]ダイアログボックスで、必要な変更を行って[OK]をクリックします。

グラフの種類の設定

パフォーマンスグラフ上のデータは線または面で表示できます。グラフの種類を変更するには、次の手順に従います。

  1. [ツール]メニューの[オプション]を選択し、[グラフ]ページを開きます。

  2. パフォーマンスデータを折れ線グラフで表示するには、[折れ線グラフ] オプションをクリックします。

  3. パフォーマンスデータを面グラフで表示するには、[面グラフ] オプションをクリックします。

  4. [OK] をクリックして変更を保存します。

XenCenterのパフォーマンスグラフの設定および表示については、XenCenterヘルプで「システムパフォーマンスの監視」のセクションを参照してください。

パフォーマンス測定値の設定

注:

C-状態およびP-状態は、一部のプロセッサで提供される電源管理機能です。これらの状態の範囲は、ホストの物理的な能力と電源管理設定により異なります。

パフォーマンス測定値に関するコマンドでは、ホストおよび仮想マシンの両方で以下の情報が返されます。

  • データソースの説明

  • 測定値の単位

  • 使用可能な値の範囲

例:

name_label: cpu0-C1
name_description: Proportion of time CPU 0 spent in C-state 1
enabled: true
standard: true
min: 0.000
max: 1.000
units: Percent

特定の測定値を有効にする

デフォルトでは、多くの測定値が有効になっており、データが収集されます。無効な測定値を有効にするには、次のコマンドを実行します:

xe host-data-source-record data-source=metric name host=hostname

特定の測定値を無効にする

定期的なデータの収集が不要な測定値がある場合は、その測定値を無効にできます。測定値を無効にするには、次のコマンドを実行します。

xe host-data-source-forget data-source=metric name host=hostname

有効なホスト測定値を表示する

ホストに対して有効になっている測定値を表示するには、次のコマンドを実行します。

xe host-data-source-list host=hostname

有効な仮想マシン測定値を表示する

仮想マシンに対して有効になっている測定値を表示するには、次のコマンドを実行します。

xe vm-data-source-list vm=vm_name

RRDの使用

XenServerでは、パフォーマンス測定値がラウンドロビンデータベース(RRD)に格納されます。これらのRRDは、固定サイズのデータベースに作成される複数のラウンドロビンアーカイブ(RRA)で構成されます。

各アーカイブでは、各測定値が以下の間隔でサンプリングされます。

  • 10分間は5秒間隔
  • 過去2時間は1分間隔
  • 過去1週間は1時間間隔
  • 過去1年間は1日間隔

5秒間隔で実行されるサンプリングでは実際の測定値が記録され、それ以降のラウンドロビンアーカイブでは集約関数が使用されます。以下は、XenServerでサポートされている集約関数です。

  • AVERAGE(平均)
  • MIN(最小)
  • MAX(最大)

RRDは、個々の仮想マシン、dom0、およびXenServerホスト用に作成されます。仮想マシンのRRDは、実行ホスト(実行中の仮想マシンの場合)、またはプールマスタ(実行されていない仮想マシンの場合)上に格納されます。このため、パフォーマンスデータを取得するには、仮想マシンがどこにあるかを知っている必要があります。

XenServer RRDの使用方法について詳しくは、XenServerSoftware Development Kit Guideを参照してください。

HTTPを使用したRRDの解析

RRDは、/host_rrdまたは/vm_rrdで登録されたHTTPハンドラーを使用して指定されたXenServerホストからHTTP経由でダウンロードできます。これらの両アドレスでは、HTTP認証を使用するか、有効な管理APIセッション参照を照会引数として指定して認証を受ける必要があります。例:

ホストRRDをダウンロードする。

wget http://server/host_rrd?session_id=OpaqueRef:SESSION HANDLE>

仮想マシンRRDをダウンロードする。

wget http://server/vm_rrd?session_id=OpaqueRef:SESSION HANDLE>&uuid=VM UUID>

これらのコマンドでは、rrdtoolにインポートしてそのまま解析可能なXMLファイルがダウンロードされます。

XenServer RRDの使用方法について詳しくは、xenserver.orgを参照してください。

rrd2csvを使用したRRDの解析

パフォーマンス測定値は、XenCenterで表示するほかにも、rrd2csvツールを使用してRRDをコンマ区切り(CSV)形式のファイルとして書き出すことができます。このツールには、manページおよびヘルプページが用意されています。rrd2csvツールのmanページまたはヘルプページを表示するには、以下のコマンドを実行します。

man rrd2csv

または

rrd2csv --help

注:

複数のオプションを使用する場合は、個別に指定する必要があります。たとえば、仮想マシンまたはホストのUUIDと名前ラベルを取得するには、次のようにrrd2csvをコールします:

rrd2csv -u -n

取得したUUIDは一意であるためプライマリキーとして適していますが、名前ラベルは一意であるとは限りません。

このツールについて詳しくは、manページ(rrd2csv --help)のヘルプテキストを参照してください。

アラート

XenServerでは、ホストや仮想マシンのパフォーマンス測定値に応じてアラートが送信されるように設定できます。さらに、XenServerには、ホストが特定の状態になると生成される事前設定のアラートが用意されています。これらのアラートは、XenCenterまたはxe CLIで表示できます。

XenCenterを使用したアラートの表示

XenCenterには、さまざまなアラートが表示されます。アラートを表示するには、[通知][アラート] の順にクリックします。[アラート]ページには、パフォーマンスアラート、システムアラート、ソフトウェアアップデートアラートなどさまざまな種類のアラートが表示されます。

パフォーマンスアラート

パフォーマンスアラートは、ホスト、仮想マシン、またはストレージリポジトリで、次のうちいずれかの値が特定のしきい値を超過した場合に生成されるように設定できます: CPU使用率、ネットワーク使用量、メモリ使用量、コントロールドメインのメモリ使用率、ストレージスループット、または仮想マシンのディスク使用量。

アラートのデフォルトの生成間隔は60分ですが、この間隔は必要に応じて変更できます。アラートは、XenCenterの[通知]領域の[アラート]ページに表示されます。また、特定のパフォーマンスアラートをほかの重大なシステムアラートと同様にメールで送信するようにXenCenterを設定することもできます。

XenCenterの[アラート]ページには、xe CLIで設定したカスタムのアラートも表示されます。

各アラートには、重要度が割り当てられます。これらのレベルを変更したり、アラート生成時にメールが送信されるように設定したりできます。アラートのデフォルトの重要度は、3に設定されています。

優先度 名前 説明 デフォルトでのメール送信
1 限界 直ちに対処しないとデータが恒久的に失われたり破損したりする可能性があります。 はい
2 重要 直ちに対処しないと一部のサービスが停止する可能性があります。 はい
3 警告 直ちに対処しないとサービスが影響を受ける可能性があります。 はい
4 軽度 何らかの問題が改善されました。 いいえ
5 情報 一般的な情報(仮想マシンの起動、停止、再開など)です。 いいえ
? 不明 不明なエラー いいえ

パフォーマンスアラートを設定する

  1. リソースペインでホスト、仮想マシン、またはストレージリポジトリを選択して、[全般]タブの[プロパティ]をクリックします。

  2. [アラート]をクリックします。次のアラートを構成できます。

    • サーバーまたは仮想マシンのCPU使用率パフォーマンスアラートが生成されるようにするには、[CPU使用率アラートを有効にする] チェックボックスをオンにして、アラートを生成するCPUの使用率と許容時間のしきい値を設定します。

    • サーバーまたは仮想マシンのネットワーク使用量パフォーマンスアラートが生成されるようにするには、[ネットワーク使用量アラートを有効にする] チェックボックスをオンにして、アラートを生成するネットワーク入出力の使用量と許容時間のしきい値を設定します。

    • サーバーのメモリ使用量パフォーマンスアラートが生成されるようにするには、[メモリ使用量アラートを有効にする] チェックボックスをオンにして、アラートを生成する空きメモリと許容時間のしきい値を設定します。

    • コントロールドメインのメモリ使用率パフォーマンスアラートが生成されるようにするには、[コントロールドメインのメモリ使用率アラートを有効にする] チェックボックスをオンにして、アラートを生成するコントロールドメインのメモリ使用量と許容時間のしきい値を設定します。

    • 仮想マシンのディスク使用量パフォーマンスアラートが生成されるようにするには、[ディスク使用量アラートを有効にする] チェックボックスをオンにして、アラートを生成するディスク入出力の使用量と許容時間のしきい値を設定します。

    • ストレージスループットパフォーマンスアラートが生成されるようにするには、[ストレージスループットアラートを有効にする] チェックボックスをオンにして、アラートを生成するストレージスループットと許容時間のしきい値を設定します。

      注:

      物理ブロックデバイス(PBD:Physical Block Device)は、特定のXenServerホストとストレージリポジトリ間のインターフェイスです。PBD上の読み取りおよび書き込み時の総スループット量が指定のしきい値を超えると、そのPBDが接続されているホスト上でアラートが生成されます。ほかのXenServerホストアラートとは異なり、このアラートはストレージリポジトリに対して設定します。

  3. アラートの送信間隔を変更するには、[アラートの送信間隔] ボックスに分単位で値を入力します。しきい値に達してアラートが生成されると、送信間隔が経過するまでそのアラートは生成されません。

  4. [OK] をクリックして変更を保存します。

パフォーマンスアラートの表示、フィルタ、および重要度の設定方法については、XenCenterのヘルプを参照してください。

システムアラート

次の表は、アラートが生成されるときのシステムのイベントまたは状態の一覧です。アラートは、XenCenterの[アラート]ページに表示されます。

名前 重要度 説明
license_expires_soon 2 XenServerのライセンスの有効期限が近づいています。
ha-statefile_lost 2 高可用性のストレージリポジトリとの接続が失われました。直ちに対処する必要があります。
ha-heartbeat_approaching_timeout 5 高可用性のタイムアウトが近づいています。直ちに対処しないとホストが再起動される可能性があります。
ha_statefile_approaching_timeout 5 高可用性のタイムアウトが近づいています。直ちに対処しないとホストが再起動される可能性があります。
haxapi_healthcheck_approaching_timeout 5 高可用性のタイムアウトが近づいています。直ちに対処しないとホストが再起動される可能性があります。
ha_network_bonding_error 3 サービスが失われる可能性があります。高可用性のハートビートを送信するためのネットワーク接続が失われました。
ha_pool_overcommited 3 サービスが失われる可能性があります。高可用性で仮想マシンを保護できない可能性があります。
ha_poor_drop_in_plan_exists_for 3 高可用性による保護が低下して失敗する可能性が高くなりましたが、まだ損失はありません。
ha_protected_vm_restart_failed 2 サービスが失われました。高可用性で保護されている仮想マシンを再起動できませんでした。
ha_host_failed 3 高可用性が、ホストが失敗したことを検出しました。
ha_host_was_fenced 4 仮想マシンの破損を防ぐため、高可用性によりホストが再起動されました。
redo_log_healthy 4 XAPIのredoログがエラーから回復しました。
redo_log_broken 3 XAPI redoログでエラーが発生しました。
ip_configured_pif_can_unplug 3 高可用性使用時にIP設定済みのNICがXAPIによりアンプラグされ、高可用性に問題が生じる可能性があります。
host_sync_data_failed 3 XenServerパフォーマンス測定値の同期に失敗しました。
host_clock_skew_detected 3 ホストの時計設定がプール内のほかのホストと同期していません。
host_clock_went_backwards 1 ホストの時計設定が破損しています。
pool_master_transition 4 新しいホストがプールマスターとして選出されました。
pbd_plug_failed_on_server_start 3 ホストの起動時にストレージとの接続に失敗しました。
auth_external_init_failed 2 ホストでActive Directoryによる外部認証に失敗しました。
auth_external_pool_non-homogeneous 2 プールのホスト間でActive Directoryによる外部認証設定が異なっています。
multipath_period_alert 3 ストレージリポジトリへのいずれかのパスが切断または復元されました。
bond-status-changed 3 ボンディングを構成するいずれかのリンクが切断または再接続されました。

ソフトウェアアップデートアラート

  • XenCenterの既存のバージョン:XenCenterの新しいバージョンが入手可能ですが、既存のバージョンでも新しいバージョンの XenServerに接続できます
  • XenCenterの古いバージョン: XenCenterのバージョンが古いため新しいバージョンのXenServerに接続できません
  • XenServerの古いバージョン: XenServerのバージョンが古いためこのバージョンのXenCenterで接続できません
  • ライセンス期限切れ: XenServerのライセンスは有効期限切れです
  • 不明なIQN: XenServerでiSCSIストレージを使用していますがホストのIQNが空白です
  • **重複したIQN: **XenServerでiSCSIストレージを使用していますがホストのIQNが重複しています

xe CLIを使用してパフォーマンスアラートを設定する

注:

アラートを生成するかどうかを5分未満の間隔でチェックすることはできません。これは、チェックによる過剰な負荷および障害の誤検出を防ぐためです。アラートのチェック間隔として5分よりも小さい値を指定しても、アラートの生成は5分おきに行われます。

パフォーマンスの監視機能であるperfmonは5分おきに実行され、XenServerから1分間の平均パフォーマンスの情報を取得します。このデフォルト設定は、/etc/sysconfig/perfmonで変更できます。

perfmonツールは、そのホスト上で実行されるパフォーマンス変数のアップデートを5分おきに読み取ります。これらの変数は、ホストおよびそのホスト上の仮想マシンごとにグループ化されます。perfmonは、ホストおよび仮想マシンごとにother-config:perfmonパラメータの内容を読み取り、そのパラメータの値により監視すべき変数およびメッセージを生成すべき状況を決定します。

以下の例では、other-config:perfmonパラメータのXML文字列で仮想マシンのCPU使用率アラートを設定しています:

xe vm-param-set uuid=vm_uuid other-config:perfmon=\

'<config>
<variable>
<name value="cpu_usage"/>
<alarm_trigger_level value="0.5"/>
</variable>
</config>'

注:

複数の変数ノードを使用できます。

新しい構成の設定後、次のコマンドを使用して各ホストのperfmonを更新します:

xe host-call-plugin host=host_uuid plugin=perfmon fn=refresh

更新しないと、新しい構成が有効になるまで時間がかかります。これは、デフォルトで30分ごとにperfmonが新しい構成を確認するためです。このデフォルト設定は、/etc/sysconfig/perfmonで変更できます。

有効な仮想マシンエレメント

  • name:変数の名前(デフォルト値なし)。名前の値がcpu_usagenetwork_usage、またはdisk_usageのいずれかの場合、この値が使用されるためrrd_regexおよびalarm_trigger_senseパラメータはデフォルトとして必要ありません。

  • alarm_priority:生成するアラートの優先度(デフォルト値は3)。

  • alarm_trigger_level:アラートを生成する値レベル(デフォルト値なし)。

  • alarm_trigger_sensealarm_trigger_levelが最大値の場合はhighalarm_trigger_levelが最小値の場合はlow(デフォルト値はhigh)。

  • alarm_trigger_period:値がしきい値に達した場合にアラートを送信するまでの秒数(デフォルト値は60)。

  • alarm_auto_inhibit_period:アラート送信後にそのアラートを無効にしておく秒数(デフォルト値は3600)。

  • consolidation_fn:rrd_updatesからの変数の計算方法。cpu-usageのデフォルトはaveragefs_usageのデフォルトはget_percent_fs_usage、そのほかの変数ではsumです。

  • rrd_regex:パフォーマンス値の計算に使用される、xe vm-data-sources-list uuid=vm_uuidコマンドで返される変数名にマッチする正規表現。このパラメータは、以下の名前付き変数のデフォルト値を持ちます。

    • cpu_usage
    • network_usage
    • disk_usage

xe vm-data-source-listの正規表現にマッチするすべての値は、consolidation_fnで指定した方法で計算されます。

有効なホストエレメント

  • name:変数の名前(デフォルト値なし)。
  • alarm_priority:生成するアラートの優先度(デフォルト値は3)。
  • alarm_trigger_level:アラートを生成する値レベル(デフォルト値なし)。
  • alarm_trigger_sensealarm_trigger_levelが最大値の場合はhighalarm_trigger_levelが最小値の場合はlow(デフォルト値はhigh)。
  • alarm_trigger_period:値がしきい値に達した場合にアラートを送信するまでの秒数(デフォルト値は60)。
  • alarm_auto_inhibit_period:アラート送信後にそのアラートを無効にしておく秒数(デフォルト値は3600)。
  • consolidation_fnrrd_updatesからの変数の計算方法(デフォルト値はsumまたはaverage)。
  • rrd_regex:パフォーマンス値の計算に使用される、xe vm-data-source-list uuid=vm_uuidコマンドで返される変数名にマッチする正規表現。このパラメータは、以下の名前付き変数のデフォルト値を持ちます。
    • cpu_usage
    • network_usage
    • memory_free_kib
    • sr_io_throughput_total_xxxxxxxx(ここでxxxxxxxxはストレージリポジトリUUIDの最初の8文字)

注:

ストレージリポジトリスループット:ストレージスループットアラートは、ホストではなくストレージリポジトリを対象にして設定します。例:

xe sr-param-set uuid=sr_uuid other-config:perfmon=\
'<config>
<variable>
<name value="sr_io_throughput_total_per_host"/>
<alarm_trigger_level value="0.01"/>
</variable>
</config>'

一般的な設定例

以下は、一般的な設定の例です。

<config>
<variable>
<name value="NAME_CHOSEN_BY_USER"/>
<alarm_trigger_level value="THRESHOLD_LEVEL_FOR_ALARM"/>
<alarm_trigger_period value="RAISE_ALARM_AFTER_THIS_MANY_SECONDS_OF_BAD_VALUES"/>
<alarm_priority value="PRIORITY_LEVEL"/>
<alarm_trigger_sense value="HIGH_OR_LOW"/>
<alarm_auto_inhibit_period value="MINIMUM_TIME_BETWEEN_ALARMS_FROM_THIS_MONITOR"/>
<consolidation_fn value="FUNCTION_FOR_COMBINING_VALUES"/>
<rrd_regex value="REGULAR_EXPRESSION_TO_CHOOSE_DATASOURCE_METRIC"/>
</variable>

<variable>
...
</variable>

...
</config>

メールアラートの設定

XenServerホストでアラートが生成されたときに、メールによる通知が送信されるようにXenServerを設定できます。これを行うには、XenCenterまたはxeコマンドラインインターフェイス(CLI)を使用します。

XenCenterを使用したアラートメールの有効化

  1. リソースペインでプールを右クリックして、[プロパティ]を選択します。

  2. [プロパティ]ダイアログボックスで、[メールオプション] をクリックします。

  3. [アラートをメールで送信する]チェックボックスをオンにして、メールアドレスとSMTPサーバーの詳細を入力します。

    注:

    ここで指定するSMTPサーバーは、認証が不要なものである必要があります。

  4. パフォーマンスアラートメールを受信する場合、[Mail language] リストから表示言語を選択します。選択可能な言語は、日本語、英語、中国語です。

    XenCenterのパフォーマンスアラートメールを構成するためのデフォルトの言語は英語です。

xe CLIを使用したアラートメールの有効化

重要:

XenCenterまたはxe CLIを使用してアラートメールを有効にする場合、認証が不要なSMTPサーバーの詳細を指定します。認証が必要なSMTPサーバーを指定すると、メールが送信されません。

アラートメールを構成するには、次のコマンドを実行して、メールアドレスとSMTPサーバーを指定します:

xe pool-param-set uuid=pool_uuid other-config:mail-destination=joe.bloggs@domain.tld
xe pool-param-set uuid=pool_uuid other-config:ssmtp-mailhub=smtp.domain.tld[:port]

また、次のように、メールで送信するアラートの最低優先度(XenCenterでは「重要度」と呼ばれます)を指定できます:

xe pool-param-set uuid=pool_uuid other-config:mail-max-priority=level

デフォルトの優先度は4です。

注:

一部のSMTPサーバーでは、完全修飾ドメイン名(FQDN)が指定されたメールだけが転送されます。メールが転送されない場合は、これが原因になっている可能性があります。この場合、サーバーのホスト名をFQDNに設定し、メールサーバーでそれが使用されるように設定します。

パフォーマンスアラートメールの言語を構成するには:

xe pool-param-set uuid=pool_uuid other-config:mail-language=en-US | zh-CN | ja-JP

認証が必要なSMTPサーバーでアラートメールを送信する

XenServerのmail-alarmユーティリティでは、sSMTPを使用してアラートメールを送信できます。mail-alarmユーティリティは、アラートメールを送信する前に、設定ファイルmail-alarm.confをチェックします。この設定ファイルが存在する場合は、その内容に基づいてsSMTPが構成されます。設定ファイルが存在しない場合は、XAPIデータベースに格納されている情報(XenCenterまたはxe CLIで設定された情報)に基づいてアラートメールが送信されます。認証が必要なSMTPサーバーでアラートメールを送信するには、以下の内容のmail-alarm.confファイルを/etc/に作成する必要があります。

root=postmaster
authUser=<username>
authPass=<password>
mailhub=<server address>:<port>

注:

この設定ファイルは、XenServerホストで生成されるすべてのアラートで使用されます。

その他の設定オプション

SMTPサーバーによっては、追加の設定が必要な場合があります。設定可能なオプションおよび構文については、ssmtp.confのmanページを参照してください。主な内容は以下のとおりです:

NAME
ssmtp.conf – ssmtp configuration file

説明
ssmtp reads configuration data from /etc/ssmtp/ssmtp.conf The file con-
tains keyword-argument pairs, one per line. Lines starting with '#'
and empty lines are interpreted as comments.

The possible keywords and their meanings are as follows (both are case-
insensitive):

Root
The user that gets all mail for userids less than 1000. If blank,
address rewriting is disabled.

Mailhub
The host to send mail to, in the form host | IP_addr port [:
port]. The default port is 25.

RewriteDomain
The domain from which mail seems to come. For user authentication.

Hostname
The full qualified name of the host. If not specified, the host
is queried for its hostname.

FromLineOverride
Specifies whether the From header of an email, if any, may over-
ride the default domain. The default is "no".

UseTLS
Specifies whether ssmtp uses TLS to talk to the SMTP server.
The default is "no".

UseSTARTTLS
Specifies whether ssmtp does a EHLO/STARTTLS before starting SSL
negotiation. See RFC 2487.

TLSCert
The file name of an RSA certificate to use for TLS, if required.

AuthUser
The user name to use for SMTP AUTH. The default is blank, in
which case SMTP AUTH is not used.

AuthPass
The password to use for SMTP AUTH.

AuthMethod
The authorization method to use. If unset, plain text is used.
May also be set to "cram-md5".

カスタムフィールドとタグ

XenCenterでは、仮想マシンやストレージなどをわかりやすく分類するためのタグやカスタムフィールドを作成できます。詳しくは、XenCenterのヘルプを参照してください。

カスタム検索

XenCenterでは、カスタムの検索条件を作成して保存できます。これらの検索条件をエクスポート/インポートしたり、検索結果をリソースペインに表示したりできます。詳しくは、XenCenterのヘルプを参照してください。

物理バスアダプタのスループットの確認

ファイバチャネル、SAS、およびiSCSIのホストバスアダプタ(HBA)では、以下の手順でPBDのネットワークスループットを確認できます。

  1. ホスト上のPBDのリストを出力します。
  2. どのLUNがどのPBD上にルーティングされているかを確認します。
  3. 各PBDおよびストレージリポジトリで、そのストレージリポジトリ上のVDIを参照しているVBDのリストを出力します。
  4. ホスト上の仮想マシンに接続されているすべてのアクティブなVBDについて、総スループットを算出します。

iSCSIおよびNFSストレージでは、ネットワークの統計値を確認して、アレイでスループットのボトルネックが発生していないかどうか、PBDが飽和状態になっていないかを確認します。