ネットワークのトラブルシューティング

ネットワーク設定に問題が生じた場合は、まずコントロールドメインの ifcfg-*ファイルを直接変更していないことを確認します。ifcfgファイルは、コントロールドメインのホストエージェントによって直接管理され、変更内容は上書きされます。

ネットワーク障害を診断する

一部のモデルのネットワークカードでは、ベンダからのファームウェアアップデートを適用しないと、特定の最適化機能を有効にした状態や過負荷状態で正しく動作しない場合があります。仮想マシンへのトラフィックが破損する場合は、まずベンダから最新のファームウェアアップデートが入手可能かどうか、BIOSをアップデートする必要があるかどうかを確認してください。

ネットワークの問題が解決されない場合は、CLIを使用して物理インターフェイスの受信/送信オフロード最適化機能を無効にします。

警告:

受信/送信オフロード最適化機能を無効にすると、パフォーマンスが低下したりCPU使用率が増加したりすることがあります。

まず、その物理インターフェイスのUUIDを確認します。このとき、次のように、deviceパラメータでデバイスを指定できます:

xe pif-list device=eth0

次に、そのPIFに対して次のパラメータを指定して、TXオフロード機能を無効にします。

xe pif-param-set uuid=pif_uuid other-config:ethtool-tx=off

最後に、変更を有効にするために、PIFを再プラグするかホストを再起動します。

緊急時のネットワークリセット

ネットワークの設定に不備があると、ネットワークが切断されます。ネットワーク接続がないと、XenCenterやリモートのSSHを使ってXenServerホストにアクセスできなくなります。このような問題が発生した場合は、緊急時のネットワークリセット機能を使用して、ホストのネットワークを簡単に復元およびリセットできます。

この機能は、CLIの xe-reset-networkingコマンドや、xsconsoleの[Network and Management Interface]セクションで実行できます。

ネットワークが切断される主な原因として、ネットワークインターフェイスの名前を変更したり、ボンディングやVLANを作成したり、管理インターフェイスを変更したりするときの設定ミスが挙げられます。たとえば、IPアドレスの入力ミスなどです。このユーティリティは、次のシナリオでも実行できます:

  • プールのローリングアップグレード、手作業でのアップグレード、Hotfixやドライバのインストール時に接続が切断された場合、または

  • プールマスタやメンバホストがプール内のほかのホストと通信できなくなった場合。

ただし、xe-reset-networkingの機能を使用するのは緊急時のみにしてください。この機能により、そのホストのすべてのPIF、ボンディング、VLAN、およびトンネル設定が削除されます。仮想マシンのネットワークやVIFは削除されません。この機能を実行すると、実行中の仮想マシンが強制的にシャットダウンされます。このため、可能な場合は仮想マシンを正しくシャットダウンしておいてください。ネットワークをリセットする前に、管理ネットワークのIP設定(DHCPまたは固定アドレス)を変更できます。

プールマスタでのネットワークリセットが必要な場合は、ほかのプールメンバよりも先にプールマスタのネットワークをリセットします。その後で、すべてのプールメンバのネットワークをリセットして、プールのネットワーク設定を統一します。ネットワーク設定の統一がとれていることは、XenMotionにとって重要な要素です。

注:

ネットワークリセットやxe host-management-reconfigureによりプールマスタのIPアドレス(管理インターフェイス)が変更された場合は、そのプール内のすべてのホストでもネットワークリセットを実行する必要があります。これにより、新しいIPアドレスでプールマスタに接続できるようになります。この場合、プールマスタのIPアドレスを正しく指定する必要があります。

高可用性が有効なプールでネットワークリセット機能を使用することはサポートされません。このシナリオでネットワーク設定をリセットするには、まず高可用性を手動で無効にしてから、ネットワークリセットコマンドを実行する必要があります。

ネットワークリセットの検証

ネットワークリセット後の設定モードを指定したら、ホストの再起動後に適用される設定内容がxsconsoleおよびCLIに表示されます。変更が必要な場合はここで変更します。これ以降の手順では変更できません。ホストを再起動したら、XenCenterまたはxsconsoleを使用して新しいネットワーク設定を確認できます。XenCenterでは、ホストの [ネットワーク] タブに新しいネットワーク設定が表示されます。xsconsoleでは、[Network and Management Interface]セクションに表示されます。

注:

緊急時のネットワークリセットは、ほかのプールメンバ上でも実行してください。これにより、プールマスタからボンディング、VLAN、およびトンネルの設定が複製されます。

CLIを使用したネットワークリセット

次の表は、xe-reset-networkingコマンドで指定できるパラメータの一覧です。

警告:

xe-reset-networkingコマンドのパラメータは、慎重に使用してください。不適切なパラメータを指定すると、ネットワークの接続や設定が失われることがあります。この場合、Citrixでは、パラメータをまったく指定せずに xe-reset-networkingコマンドを再実行することをお勧めします。

プール全体のネットワーク設定をリセットする場合は、まずプールマスタから行い、引き続きすべてのプールメンバのネットワークをリセットしてください。

パラメーター 必須/オプション 説明
-m、–master オプション プールマスタの管理インターフェイスのIPアドレスです。デフォルトは、プールマスタで最後に使用されていたIPアドレスです。
–device オプション 管理インターフェイスのデバイス名です。デフォルトは、インストール時に指定されたデバイス名です。
–mode=static オプション 管理インターフェイスの静的IPアドレスを設定します。以下の4つのパラメータを指定します。このパラメータを指定しない場合は、DHCPが使用されます。
–ip mode=staticの場合に必須 ホストの管理インターフェイスのIPアドレスです。mode=staticを指定したときのみ有効です。
–netmask mode=staticの場合に必須 管理インターフェイスのネットマスクです。mode=staticを指定したときのみ有効です。
–gateway オプション 管理インターフェイスのゲートウェイです。mode=staticを指定したときのみ有効です。
–dns オプション 管理インターフェイスのDNSサーバーです。mode=staticを指定したときのみ有効です。
–vlan オプション 管理インターフェイスのVLANタグ。デフォルトはインストール時に指定したVLANタグです。

プールマスタでのコマンド例

ここでは、プールマスタに対して実行するコマンドの例を挙げます:

DHCP環境でネットワーク設定をリセットするには:

xe-reset-networking

静的IPアドレス環境でネットワーク設定をリセットするには:

xe-reset-networking --mode= static --ip=ip-address \
  --netmask=netmask --gateway=gateway \
  --dns=dns

DHCP環境で、インストール時に指定したインターフェイスとは異なるインターフェイスが管理ネットワークになった場合にネットワーク設定をリセットするには:

xe-reset-networking --device=device-name

静的IPアドレス環境で、インストール時に指定したインターフェイスとは異なるインターフェイスが管理ネットワークになった場合にネットワーク設定をリセットするには:

xe-reset-networking --device=device-name --mode=static \
  --ip=ip-address --netmask=netmask \
  --gateway=gateway --dns=dns

VLAN上の管理インターフェイスでネットワーク設定をリセットするには:

xe-reset-networking --vlan=VLAN TAG

注:

reset-networkコマンドは、IP構成設定とともに使用することもできます。

プールメンバでのコマンド例

プールマスタの例で挙げたすべてのコマンドは、プールメンバにも適用されます。ただし、プールマスタのIPアドレスの指定が必要になる場合があります(IPアドレスが変更された場合など)。

DHCP環境でネットワーク設定をリセットするには

xe-reset-networking

DHCP環境で、プールマスタのIPアドレスが変更された場合にネットワーク設定をリセットするには:

xe-reset-networking --master=master-ip-address

静的IPアドレス環境で、プールマスタのIPアドレスが変更されていない場合にネットワーク設定をリセットするには

xe-reset-networking --mode=static --ip=ip-address --netmask-netmask \
  --gateway=gateway --dns=dns

DHCP環境で、管理インターフェイスとプールマスタのIPアドレスがインストール時の指定から変更された場合にネットワーク設定をリセットするには:

xe-reset-networking --device=device-name --mastermaster-ip-address

ネットワークのトラブルシューティング